福博おすすめ情報

2018年09月18日

9月の博多の風物詩といえば…

IMG_0968


「中洲ジャズ」です!
今年で10周年ということで、すっかり定着した秋の風物詩。(今年は9月14日・金〜15日・土でした)。
なんといっても、町中のいたるところでプロのライブがフリーで聞けるという、信じられないくらい太っ腹な企画です。

存じ上げないアーティストの方もたくさんいるのですが、曲を知らなくてもノープロブレムで楽しめます。生演奏をすぐそばで聞きながら飲めるなんて、最高ですよね。
存分に飲んでいた我々は、ステージ前でゆらゆらしているだけで十分に楽しかったのですが、そのうちに新たな欲望が湧いてきました。

「耳の保養はできた。目の保養をしたい。初代ジュノンボーイを拝みたい」

ということで、うろ覚えのタイムスケジュールで武田真治さんを探し始めました。正確にいうと、初代じゃなくて二代目だそうですが、そんなの酔っ払いにはどうでもいい。
「シンジーシンジー」と中洲をご機嫌にさまよう我々に、「シンジタケダの出演は明日だそうです…」という無情な情報が冷静チーム(=非酔っ払いチーム)から伝えられ、我々の中洲ジャズは終了。解散致しました。


9月に博多を旅行する予定がある方は、ぜひこのイベントに合わせて来られてみてはいかがでしょうか?
普段は大人の街な中洲の、違った一面を見ることができますよ。
同じ時期に筥崎宮では放生会が行われているので、ぜひハシゴしてみてくださーい




PermalinkComments(0)

2018年08月17日

鴨の名店といえば、こちら!

見てください、このなんとも言えない、郷愁を誘うノスタルジックな雰囲気。

IMG_0335


溢れる昭和の香り。
大衆的でありながら、かすかに上質なサロンのような雰囲気も漂わせる上級者の風格。

IMG_0336


そして圧倒的に旨い、鴨ーーーーー!!

IMG_0340



ということで、こちら、月刊はかた編集室が全力でオススメする鴨の名店「まりも」さんです。
大人のお客様をお迎えしたので、大人なこちらのお店を選んだら、当然のごとく大絶賛をいただきました
雰囲気がいいだけじゃなく、鴨コースが痺れるほどおいしいのです。
これは全国のカモスキーの皆さん、博多に集う価値アリですよ。


IMG_0341


最後にお店の前で店主さんも撮らせていただきました。
優しい笑顔の、とても親しみやすい大将です。うちのシエルの原稿を絶賛してくださいました。涙が出るほど嬉しかったです。お礼にいつもの倍飲みました。飲み放題でしたけど。(…迷惑


ランチタイムは皿うどん一本勝負という、これまた上級すぎるスタイル。
弊社の昼休みは1時間しかないのに、シエルは往復30分自転車を漕いででも、月に数回通っている模様。昼も夜も太鼓判な、スーパー素敵な名店です。
博多の街ってほんと、奥が深いなぁ〜〜。


PermalinkComments(0)

2018年05月02日

GWは近場でリゾート気分はいかが?

去年もご紹介しましたが、今年もまたこの季節がやってきました。

我々編集部スタッフが福岡で一番気に入っている、スーパーおしゃれBBQ「アゴーラ山の上ホテル cool & luxury beer garden」が始まりましたー


毎年プレオープン時に編集部でお邪魔させていただいているのですが、今年は諸事情あって私は欠席。編集部選抜女子チームが楽しませていただいてきました。
「ウエダさん、ブログにあげてください」って写真を渡されたのですが、あの立地ならではの、素晴らしい景色の写真はゼロ。百道方面が本当に美しく見えるのですが、誰も撮ってないのね…?

「あ、食べるのに夢中で景色撮るの忘れました。まあ、毎年のことですからね」と悪びれる素振りもなく。加えて「でも女子っぽい写真は撮ってきたので任せてください」と太鼓判を押されて出て来た写真がこちら。


DSC_0007


何かね、君たちは「野菜=女子」だとでも思ってるのかね。
これが「女子っぽい」ってどういうことかね。


「あ、間違えました、こっちです。超かわいいでしょ!」とごり押しされた次の女子写真。

DSC_0031

 
確かにちっちゃいバーガーはかわいいけど、周りのとっちらかった揚げ物たちがかわいさを半減させています…確実に食べ途中の写真。食欲をもうちょい抑えて、せめて写真撮るまで我慢できなかったのかね…

「ウエダさん厳しいですよーもうこれ以上の女子写真はないです、出し切った!」というので、他の写真を見ていたらいつもの彼女たちの姿が映ってました。


DSC_0019

網の上&皿の上、フルで肉。



骨付きカルビ、ステーキ、ホルモン…肉以外全く焼いている気配がない。


DSC_0033

ファイヤ〜〜〜!!


渾身の写真も肉以外映っておらず…。
冒頭の野菜ビュッフェの写真は何かね?ダミーかね?野菜の痕跡が写真の片隅にも映ってないんだけれども。


ここのBBQは本当に、女子の皆さまに超おすすめなんですよ。
バーニャカウダとかアヒージョとか、女子受けするメニューが満載で、お肉だけじゃないので飽きずにゆっくり楽しめるんです。お酒もカクテルやスパークリングもあり、おしゃれ空間で素晴らしい景色を楽しみながら、横に火がある…ってくらいの、グランピング的施設です。

うちのスタッフの写真には、グランピングどころか山賊並みに肉とビールと肉しか映ってませんでしたので、ぜひ公式サイトでご確認ください。
GWに遠出せずに楽しめるリゾートです。
今回参加できなかったので、私も後日必ず行きたいと思います!





PermalinkComments(0)

2017年11月07日

初心者にも、上級者にもおすすめの料亭@福岡

IMG_9156



福岡の皆さまにはおなじみの料亭「桜坂観山荘」。
「料亭」で「おなじみ」ってどんだけセレブ〜〜(ORどんだけ接待族〜〜)と県外の方からは思われそうですが、ここに限っては「おなじみ」という表現を使っても福岡の方々には納得していただけるはず。
素晴らしい設えと、上品で繊細なお料理はまさに「料亭」そのものなのですが、どこか親しみやすさがあるのが観山荘の傑出したところですよね。
人でもそうですが、一流の人こそ、えらぶらずに謙虚で低姿勢ですよね。
そういう控えめな謙虚さを、いつも観山荘さんからは感じます。

今日はランチに誘っていただき、2階からとびきりの景色を楽しみながらお料理を楽しませていただきました。
きっと夜景も素晴らしいはず。

料亭デビューにはもちろん、福岡に観光に来られた方にもおすすめしたい名店です。


PermalinkComments(0)

2017年08月29日

西新にペルー料理の名店あり!

先週末は西新のペルー料理「オチョ」でトモミンの歓迎会をしてきました。

IMG_8729


ペルー料理っていまいちピンときてなかったのですが、これがまあ、驚くほどおいしくて!
しかも「未知との遭遇」的おいしさではなくて、我々日本人の舌にとってもよくなじむ、違和感のない美味しさなんです。
驚きました。
40年も生きてきたのに、まだまだ知らぬことは多いですね。
ペルー料理、好物に加えたいです

IMG_8731


スペイン語文化圏というよしみ(?)でパエリアも登場。
ペルーってマチュピチュのイメージが強いのか、高山っぽい印象があったんですけど、実は長い海岸線を持った海産物豊かな国。セビーチェもメキシコ料理だと思ってる人が多いですが、実はペルー料理なんですって。どうりでお魚が美味しいわけだー

IMG_8733


そしてわがまま言って出してもらったのが、「ルクマ」というフルーツを使ったデザート。
このフルーツ、月刊はかた9月号でもご紹介するのですが、「ルクマ」に興味津々な編集部はどうしても食べてみたかったのです。念願叶いました。そして超美味でした。
最近モデルの間でも話題の、超スーパーフードらしいですよ。
「美容より味覚」なうちの面々にも大好評だったので、美と旨さを兼ね備えた食材なのだと思われます。


IMG_8732


最後に、なんとうちの会社には二人も「海洋少年団」出身者がいるということが判明し、出身者同士がおもむろに手旗信号で話しだしました。
「イチバーン」的なポーズをしていますが、これが何かの文字を表すのだそうです。
なんだったのか教わったのですが、ビールとワインのおかげですっかり忘れました。
東京と福岡はたまにスカイプで会議をしているので、音声に不具合が見つかったときは手旗信号で話せますね。期待しときます。

オチョさんはランチもされているので、お手軽にペルー料理を楽しみたい方はお昼もいいかも。アルコール好きの方は、間違いなく夜がいいですよー


PermalinkComments(0)

2017年08月14日

敬老の日のおしゃれギフトに、いかがでしょうか?

ノーお盆でがっつり働いているわが編集部。
お盆真っただ中の嬉しいおやつは、名店「オペラ」さんの新作スイーツでした。


IMG_8682


なんとこれ、ヴァローナ社のマンジャリをたっぷり使った「羊羹」なんです。
9月に発売予定の、超新作。
風味豊かで濃厚なチョコレートの香りたっぷりの、とても高貴な羊羹でした。
さすがオペラさん。奇をてらったかのように思える攻めた商品なのに、どこか懐かしさの残る安定の美味しさでした。

IMG_8683


シエルがこのように一人ずつに切り分けてくれたのですが、ミヤモンが「女子力の高さを感じる盛り付けですね」と褒め王子の本領を発揮してました。
私、ヤナッチ、シエル、三人一斉に「…そうか?」ってツッコミましたけど。

一つずつ切って盛るだけで、「女子力高い」と褒められるこのスイーツ。(褒めてくれるのはおそらくミヤモンだけかも)。
来月の発売までどうぞ楽しみにお待ちくださいませ!月刊はかた9月号でもご紹介予定です

PermalinkComments(0)

2017年04月24日

福岡で一番好きなビアガーデン

アゴーラ福岡山の上ホテル&スパの「クール&ラグジュアリー ビアガーデン」が今年も始まりました!

今年でこのビアガーデンが始まってから何年目なのか忘れましたが、おそらく始まった年から毎年行っています。
「作り置きのものじゃなくて熱々が食べたい」「ぬるいビールは嫌だ」「エアコン効いたとこがいい」等々、アンチビアガーデン派だった私が、毎年行くってすごいことです。(な・に・さ・ま〜〜〜??
それくらい、ここのビアガーデンは全て素晴らしい。大好きです。


IMG_8118


まず、このロケーション!福岡市内の素晴らしい夜景を一望できます。夕暮れ時のマジックアワーも素敵。ソファ席もおしゃれです。

IMG_8121


そして肝心のビールは、ハイネケンエクストラコールドに、キリンフローズン生に、キリンスタウトに…とキンッキンに冷えた各種ビールが勢ぞろい!フローズン生を自分で作れるなんてここだけじゃないかしら。通常ビール9:フローズン1くらいですが、ここならビール5:フローズン5の「フローズンまみれビール」も作れます
もちろんビール以外のドリンクも充実!

IMG_8119


そしてなんと、1テーブルに焼き台が1つずつあり、美味しいお肉でBBQ食べ放題!

IMG_8122


海鮮も焼けるし、バーニャカウダもあるし、言うことなし!!

と、私の携帯カメラマンはここまでで、お肉を焼いている素晴らしい写真や、みんなでワイワイ楽しんでいる写真は、一眼を持ってきていたミカにおまかせしましょう〜〜と、あとは飲んで食べて楽しんで帰ったら、今朝ミカから「あ。楽しすぎて写真撮るの忘れてました」という報告を受けました。
…あんなに重いカメラを抱えていったのにね。全く無用だったね

ということで、引き続き画質の悪い私のiPhone写真でご了承ください。

IMG_8123


今年からはこのビアガーデン、余興としてマジシャンが各テーブルに登場するそうです。(不定期)この写真を見る限り、iPhone画質でちょうどよかったかもしれません(笑)

IMG_8124


若干、お疲れ気味のマジシャンのお兄さん…すみません、酔っぱらった私たちがたぶん疲れさせたんだと思います


ということで、夜景あり、おしゃれあり、肉あり、マジシャンあり、と完璧すぎるビアガーデン。
今年も10月まで開催だそうなので、この夏ぜひどうぞ!

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月18日

こんな素敵な冊子が、無料なんて!

IMG_8066


新しい作品が続々出来すぎていてご紹介が追い付きませんが、先週仕上がってきたのがこの「革命の佐賀」。
九州王国の特集を編集し直して作った、佐賀県の文化冊子です。

うちの雑誌の特集として見てもとってもいい出来なんですが(自画自賛・笑)、こうして改めて別冊にまとめ直してみると、さらにいい(自画自賛2・笑)。
内容はよくまとまってるし、上品だし、読み応えあるし、きれいだし、言うことなしです(自画自賛…しすぎ??笑)


佐賀県下では無料配布されているそうなので、ぜひ佐賀で見つけてください



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月17日

ビートル、リニューアル!

福岡ー釜山間を繋ぐ高速船ビートルが、おなじみの水戸岡先生の手によりリニューアルをされました。本日、その内覧会があったのでいつもお世話になっている(そして再来月くらいまでにおそらく往復5回くらいお世話になる予定)の私は、取材にうかがってきました。

DSCF0222


こちらの2Fシートの柄が、私的にはとってもお気に入り
かわいい〜〜〜北欧やアラビアを思わせる、おしゃれファブリックです。


DSCF0229


新設されたヘッドレストは可動式。のっぽさんもちびっこさんも、快適です。
(良かったね、さおりん!)

DSCF0224


細かいですが、シートベルトが「ビートル柄」だったのがツボでした。かわいすぎる
この柄のスーツケースベルトができたら、私買うかも。


DSCF0215


そして今回のリニューアル最大のニュースは、船内無料WIFIが完備されたことと、全席にUSBポートが付いたこと!
今までは電波が海上で一旦途切れ、対馬が近づくとまた入り…というドキドキ通信環境の中でメールをしていたので、これはめっちゃ嬉しいです。そして充電し放題なので、タブレット持ち込んだらドラマも映画も見放題ですね。


飛行機よりもビートルを選択する理由はたくさんあるのですが(液体お土産=マッコリを気にせず持って帰れるとか、ターミナル着いたら5分で市内に出られるとか…)、フリーWIFIというのはまた新たな魅力です。
加えて4月から、提携ホテルには1個500円〜1000円でターミナルから荷物を届けてくれるそうですよ。これもめっちゃ嬉しいサービス!!ターミナルからすぐ、手ぶらで観光に出かけられます


本日は一生懸命撮影したり、水戸岡先生の言葉をメモしたりしてたら、ものの15分で完全に船酔いしてしまい、誰よりも先に船から降ろしてもらったんですけど、人より50倍くらい船酔い体質の私でも、ビートルは大丈夫です。全く言葉に説得力がないと思いますが、動いてるビートルでは全く酔いません。止まってる間は10分持たないので、いつも最後まで粘ってギリギリに乗船してますが。


あと2週間もしたらお花見シーズン
今年のお花見はビートルに乗って、釜山や慶州にお出かけしてみませんか〜?

DSCF0054

数年前、釜山近くの「鎮海」で撮った桜の写真↑



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月17日

オクトーバーフェスト(2016)行ってきました♪

DSC_0005


先週末は編集部スタッフ有志でオクトーバーフェスト@冷泉公園に行ってきました〜★
いつもお世話になっている千鳥饅頭総本舗さんや、今回九州王国最新号(11月号)でご登場いただいているバイエルンコーディネーターの方など、たくさんお世話になっている方が関わっているイベントなので、盛大に飲んできました(笑)。
会場の盛り上がりもすごくて。

BlogPaint


日本人ってこんなに積極的だったっけ?と欧米人が驚くほど、大いに飲み、大いに歌い、大いに踊ってました。もちろん我々も手をつなぎ、仲良しダンス。編集部の絆が深まったね

一杯1500円程度、と少々ビールはお高めですが、普段飲めない本場の生が勢ぞろいしているので、ちょっとくらい高くてもいっか、とおおらかになります。
乾杯前にミカが盛大にこぼしていたのは、さすがに「太っ腹だな〜」と思いましたけど。

こちらの開催は、今週の日曜日まで。(公式HP→
めっちゃ楽しいし、めっちゃ盛り上がるので、老若男女におすすめですよ〜






DSC_0051

おまけ:なぜか顔出しパネルでそっぽを向き合う、仲の悪い二人…↑



PermalinkComments(0)TrackBack(0)