月刊はかた

2018年08月31日

月刊はかた9月号(2018)発売です!

IMG_0940


表紙を見た瞬間に私が「栗!」と言い、シエルが「芋!」と言った9月号があがってきました。
この抽象的な作品で、芋栗南京という秋の味覚を想像させてしまう八坂画伯の画力、さすがです。


今月の特集は「城下町、福岡」。
福岡って天守閣がないのでどうしても城下町のイメージがないんですけど、実は立派な城下町なのです。今回の編集部見解では、東はアクロス、南は桜坂、北は西公園、西は藤崎までが「城内」だったと予測してみました。根拠とその理由は本誌でお確かめください。
資料や古地図から、こういう「予測」を立ててみるのって楽しいですよね。
もちろん、いろんな想像をしてみるのは自由なので、皆さんもそれぞれに「このあたりでお殿様が休憩したのかなー」とか考えて楽しんでみてください。

ちなみに全く楽しめない、超恐ろしいエピソードも17Pに(恐ろしすぎて掲載していいものか、最後まで悩みました…)。
女の恨みは怖いよ、という福岡城にまつわる怪談も、夏の終わりにどうぞ。


PermalinkComments(0)

2018年08月20日

森口博子さんライブツアー2018参戦!

昨日は年に一度のお楽しみ、森口博子さんのライブにお邪魔してきました!

IMG_0897


↑入口でいきなり、弊社のフロアお隣の会社さんからのお花があって、驚いてパチリ。
なんだかよくわからないけど、ご近所の縁を感じました。一方通行の想いですが。

IMG_0898


わが編集部からは、せっかくなのでお母様にご自宅に持って帰っていただきたい、という想いを込めて持ち帰れるひまわりアレンジメントを。
明るくて弾ける笑顔の森口さんにはひまわりが似合います。

今年も本当に楽しいステージでした。
まだ各地で公演が残っているでしょうからネタバレなしでいきますが、モノマネあり、アニソンあり、昭和歌謡あり、ジャズあり、ガンダムあり、もちろん往年のヒット曲あり。
す〜〜ばらしい歌唱力に加えて、とんでもないMC能力をお持ちなので、天下無双のライブです
客いじりが面白すぎて、途中一瞬、きみまろさんが乗り移ったかと思いました

メディア席にいたので、お隣もたぶんテレビ局とかの方だったと思うのですが、「森口博子を嫌いな人はこの世にいないよな」「圧倒的」と独り言のようにつぶやかれていました。同感。

IMG_0899


終演後、クラフトビールで余韻を楽しむの図。


終演後にわざわざ「ウエダさん〜〜!!来てくれてありがとう!原稿もうちょい遅れます!」と直々にお声をかけていただき、嬉しかったです(笑)。


PermalinkComments(0)

2018年08月17日

鴨の名店といえば、こちら!

見てください、このなんとも言えない、郷愁を誘うノスタルジックな雰囲気。

IMG_0335


溢れる昭和の香り。
大衆的でありながら、かすかに上質なサロンのような雰囲気も漂わせる上級者の風格。

IMG_0336


そして圧倒的に旨い、鴨ーーーーー!!

IMG_0340



ということで、こちら、月刊はかた編集室が全力でオススメする鴨の名店「まりも」さんです。
大人のお客様をお迎えしたので、大人なこちらのお店を選んだら、当然のごとく大絶賛をいただきました
雰囲気がいいだけじゃなく、鴨コースが痺れるほどおいしいのです。
これは全国のカモスキーの皆さん、博多に集う価値アリですよ。


IMG_0341


最後にお店の前で店主さんも撮らせていただきました。
優しい笑顔の、とても親しみやすい大将です。うちのシエルの原稿を絶賛してくださいました。涙が出るほど嬉しかったです。お礼にいつもの倍飲みました。飲み放題でしたけど。(…迷惑


ランチタイムは皿うどん一本勝負という、これまた上級すぎるスタイル。
弊社の昼休みは1時間しかないのに、シエルは往復30分自転車を漕いででも、月に数回通っている模様。昼も夜も太鼓判な、スーパー素敵な名店です。
博多の街ってほんと、奥が深いなぁ〜〜。


PermalinkComments(0)

2018年08月01日

月刊はかた8月号(2018)発売です!

IMG_0318


今月の特集は「わたしの好きな絵本」。

連載作家の皆さんから名店百選会の方々まで、この街のた〜〜くさんの人に「私の一冊」をご紹介いただきました。
特集アンケートは毎月行うのですが、今回はいつも以上に非常に反響が良く。
老若男女、たくさんの方々が熱を帯びてアンケートにご回答くださいました。
意外にも、みなさんそれぞれに「とっておきの絵本」ってあるものなんですね。

個人的に、今号の制作期間中には悲しいことや辛いことが多かったのですが、その「病んだ状態」で絵本を手にすると、とても癒されました。
どれも子ども向けかと思いきや、大人にこそ刺さるのです。深い。

ぜひ、大人の皆さまに改めて絵本と出逢っていただきたいです。
月刊はかたがそのきっかけになれば幸い。
私も今度から、誰かへの贈り物には絵本も添えようかと本気で思っています。
急に「山本周五郎好き」から「メルヘンちゃん」に変わったと心配されそうですが…。


PermalinkComments(0)

2018年06月29日

月刊はかた7月号(2018)発売です

IMG_0283


今月の特集は「福博を繋ぐ、思い出の路面電車」。

1975年に主要路線が廃止になり、姿を消した福岡の路面電車。
もう40年以上も前に廃線になっているにも関わらず、皆さんの記憶に残る思い出多き存在です。
今回驚いたのは、40年前の写真とは思えないほど掲載画像がクリアで美しいこと。
まるでさっき撮ったばかりの写真のように、ノイズも全くなく、色鮮やか。
これは、写真を貸してくださった方が高級フィルムを使い、保存状態に気を付けて残してくださっていたからこそ叶った誌面です。

アラフィフ以上の方々には懐かしく、若い方には新鮮な、「福岡に路面電車がある風景」をぜひ誌面でお楽しみください。

PermalinkComments(0)

2018年06月08日

月刊はかた&九州王国加盟店交流会 with 小松政夫さん

本日は、ホテルニューオータニ博多さんで、「月刊はかた&九州王国 加盟店交流会 with 小松政夫さん」を開催いたしました。

DSC00844


この街を代表する名店、名企業の皆さま、各誌連載作家さんにお集りいただき、とっても濃厚で楽しい会となりました。小松さんも「ものすごい濃いメンバーだったね〜博多の重鎮が揃ってたね〜」と喜んでくださっていました。


各円卓の名前を自由につけていいとのことだったので、小松さんの往年のギャグをテーブル名にしていました。

DSC01797



すると、なんと小松さんがそれぞれを周ってギャグを披露してくださるという大盤振る舞い。
即興でこういうことしてくださるって、本当に素敵。



DSC_0086

「ながーい目でみてください」のテーブル



DSC_0067

「しらけ鳥」のテーブルでは、歌付きで!!


皆さんからも「めちゃめちゃ楽しかった!」「来年も楽しみにしてるよー」とお帰りの際にたくさんお声をいただきました。
超微力な、弱小編集部ですが、こうして支えてくださる皆さんのおかげで、少しでも、ほんの少ーーーしでもこの町のお役に立てていれば幸いです。
皆さんの楽しそうなお顔を拝見して、「今年も開催できて良かったな」ととても嬉しく思いました。

月刊はかたの連載「なが〜い目で見てくれんね」は次号で連載123回目!
まだまだ小松さん、「ながーい目で」宜しくお願いしますーーーー!!


DSC00885


PermalinkComments(0)

2018年05月31日

月刊はかた6月号(2018)発売です!

IMG_0265


特集は「奇跡の一枚を撮りに行こう!」ということで、写真の特集です。

九州を代表するカメラマンチームの皆さんに、おなじみの場所の「奇跡の一枚」を撮っていただきました。大濠公園や百道が、こんな姿に映るなんて驚き。今号は永久保存版にしたいくらい、誌面が美しいです。

ついでにレベルはガクンと落ちますが、編集後記も「私のとっておきの一枚」。今月は「後記」と書きながらも文章ゼロで、写真一枚勝負です。ネタ系に走った人(←私、ミカ、シエル)と、本気写真で挑んだ人(←サオリン、レイレイ、ヤナッチ)に分かれました。後記って性格が表れるなーと、些細なテーマでもいつも思います…。


PermalinkComments(0)

2018年04月27日

月刊はかた5月号(2018)発売です。

IMG_0184


特集は「あの名店の器」。

お料理の美味しさ、技、おもてなしの心、接客…名店と呼ばれるお店には複合的なさまざまな「要素」があるわけですが、「器」もまた名店を作り上げる要素の一つ。
皆さんそれぞれにこだわりや想いを持って、器を選ばれています。

料亭の名器から、カフェのカップ、人気麺の丼にとんかつ用のお皿などなど、この料理のためにこの器を選んだというさまざまなエピソードを交えながらご紹介しています。
個人的には18Pの斬新な器の数々が、社長自ら原案イラストから型の成型までおこなったという話に度肝を抜かれました。ここの社長、箸袋のイラストまでご自分で書かれるほどの芸術肌なのです。どちらのお店かは、月刊はかたでご確認ください〜〜



PermalinkComments(0)

2018年04月23日

スター・小松の親分さんを堪能!

昨日は「帰ってきたマサ坊演芸会 2018」に行ってきました。
ご存じ、月刊はかたで大好評連載中の小松政夫さんの「笑 SHOW」です。

IMG_0174


小さい頃、お菓子を振る舞ってみんなの前で芸を披露していた、その原点に立ち返りたいということで、会場ロビーにはお酒とおつまみのふるまいが!
なんて粋なんでしょう。
残念ながら車だった私は飲めずに悔しかったので、このエリアをできるだけ見ないように通過しました(笑)

たっぷり3時間越えのステージは、本当に楽しくて、終始笑いっぱなしでした。
改めて小松さんの芸の幅の広さにびっくり。
ゲストの方々もいらっしゃいましたが、ほぼお一人で3時間、観客を笑わせ続けるってすごいことですよね。
私の隣の席に座っていらっしゃった上品そうなご婦人、途中から涙流しながら爆笑されてました

IMG_0175


華丸大吉さんのお祝いスタンドの隣には、茂木健一郎さんご夫妻のお名前が。
確かに小松さんの芸を見ながら、何度かアハ体験できた気がします。


舞台の上の小松さんはやはり「スターだなぁ」というキラキラ感満載だったのですが、終わってからご挨拶した時には「あ〜ウエダさん、今日はありがとね〜」と一気に親近感たっぷりに変わられるのが、まさにさすがの一言。
スターの余裕と貫禄を、まざまざと感じさせられた一日でした。

PermalinkComments(2)

2018年03月30日

月刊はかた4月号(2018)、発売です!

IMG_0126


今月の特集は「はかた文明開化」。

明治維新150年を「九州王国」でも「江戸楽」でも特集したので、姉妹誌「月刊はかた」も負けてられん!と維新ブームに乗っかりました

「江戸楽」では1898年の江戸の動乱を特集し、「九州王国」では維新前後に生まれた九州の企業を特集しました。それぞれに「らしい」特集。
では「月刊はかた」は?・・・となると、スーパードメスティックマガジンなので、そのらしさを活かして、「150年前、この町はどんなふうだったのか」というド・ローカルな特集にしてみました。
150年前の博多のインフラ事情、明治に誕生したもの、今見ることができる明治建築物巡り、西南戦争と博多…などなど。
小さい雑誌ですが、とっても読みごたえがある特集になっておりますので、ぜひ桜の下でゆっくり腰を据えてご高覧ください。


※ちなみに、西南戦争時に西郷討伐軍が本部を置いたのは、わが編集部のお隣のお寺です。
13Pにお寺の写真が写ってますが、その背後にそびえる白い建物が編集部の入るビルです。
おそらく史上最も移動距離が短かった撮影かと





PermalinkComments(0)