月刊はかた

2018年12月27日

年内最終営業日&月刊はかた1月号(2019年)出ました!

IMG_1649


月刊はかた2019年新春号の特集は「はかた方言考」。
もうこれでもか!というほどドローカルな特集で、新年の幕開けを迎えてみました。

博多弁を大学の先生と考察してみたり、博多以外の場所から引っ越してこられた方に戸惑ったことなどをお聞きしたり、原田種夫の著書から抜粋したり(表紙絵が火野葦平という豪華コンビ!)、博多っ子編集部員による「進化する方言の今」対談があったりと、方言だけでこんなにバラエティに富める?と自画自賛したくなる保存版です。

私のような県外出身者が読んでも「ほほー」と面白く読めますよ。
年末に帰省してこられる皆様で、ワイワイ読んでいただければ幸いです。


そして、大事なお知らせ。



編集部は12月28日(金)〜1月6日(日)まで冬季休業とさせていただきます。
新年は1月7日(月)10時から営業致しますので、お問い合わせ等はそれ以降にお願い致します。






ということで、これから年末最後の大仕事「忘年会」。
今年は、ふぐの名店「きょう重」さんで開催です!!
年末進行で苦しかったこの2週間ほど、「あと6日でふぐ!」「これ乗り切ったら、ふぐ!」「この校了とれたら、ふぐ!!」と何かあるたびに、「ふぐ」で鼓舞し続けているスタッフを見て、「ウエダのお小言よりフグのご褒美のほうが、労働効率が上がる」ことがよくわかりました。

今年も一年、たーっぷりと働いたので、みんなで存分にふぐ〆をしてきたいと思います。

2018年も本誌&ブログともどもご愛読いただき、ありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいませ。


PermalinkComments(0)

2018年12月10日

大分でも月刊はかた♪

昨日は遠征中の大分駅にて、わが子に遭遇しました。

IMG_1623


わかります?大分アミュプラザ内の名店・ハニー珈琲さんのカウンターにお行儀よくお座りしています。



IMG_1623

ここです!!




こういう、遠方の地で不意打ちで会っちゃうと、喜びもひとしお。
福岡の街なかで出会うと、なんとなく馴染みすぎていて、いつもの光景に紛れることもあるものの、こうして大分とか雲仙とかで出会うと、二度見してしまうインパクトがあります。

大分の人に博多の古い地名の話とか、雲仙の人にありし日の福岡城の話とか、局地的ローカルな話ばかりしてごめんね、という気持ちもあったり。(なかったり)。
これに懲りずに、新年最初の1月号はもんのすごーーーく博多ドローカルな特集で攻めます。
他地域の皆さまにも楽しんでいただけると幸いです


PermalinkComments(0)

2018年12月07日

福岡でおすすめの超おしゃれ蕎麦屋さん

櫛田神社そばの「むらた」といえば、福岡を代表する蕎麦の名店。
こちらの2号店がけやき通りにできているのをご存知でしょうか?
本店は場所柄、お昼時ともなると行列必至ですが、2号店のほうは落ち着いた雰囲気でゆっくりと楽しむことができます。

IMG_1562


素敵な入口に、ひときわ目を引くかわいこちゃんが二匹。

IMG_1563


福岡で蕎麦でシーサーでサンタ、ってもう情報過多でよくわからないけど、かわいいーーー!!



店内もとにかくおしゃれで、天井のランプとか、箸袋とか、ゴボ天が入ってた器とか、コートかけるところとか、もうどこもかしこも素敵すぎて(=流行語風にいうとバエすぎて)、目移りしまくり。
素敵な店内はぜひ、皆様の目で見ていただきたいのであえてUPしません。

IMG_1564


さすがのお蕎麦も、やっぱりおいしかった〜〜〜〜
魅力的メニュー満載でめちゃめちゃ迷ったあげくに、定番の鴨南。
そのほか、季節限定の牡蠣そばとか、肉ごぼ天とか、1か月くらい通いたいラインナップでした。


編集部からはちょっと遠いので頻繁に行けないのが残念ですが、夜メニューも充実していたので、次は日本酒狙いで伺いたいです。福岡の方はもちろん、観光客の方にも超おすすめの一店です。

PermalinkComments(0)

2018年11月30日

月刊はかた2018年ラスト号出ました!

IMG_1505



月刊はかたの2018年最後の号は「私の平成ニュース」。
平成最後の年末にふさわしく、名店百選会の皆様に「心に残った国内外のニュース」と「きわめて個人的な平成ニュース」の二つをお聞きしました。
みなさん、本当にそれぞれで面白かったです。
平成とひとくくりにしても、30年もあるわけですからね。そりゃあ世界も変わったし、人間も変わるわけです。
現在27歳のシエルは、「人生の全てが平成です」と言ってました。そりゃそうだ。「平成ニュース」って言われても困るよねぇ…。


ということで、若者に聞いてもしょうがないので、どっぷり平成を駆け抜けた大先輩に「平成という時代」を斬ってもらいました。月刊はかたの読者の皆様には懐かしいあの方の、再登場です!

2
中村基樹さん〜〜〜



テレビもラジオもうちの連載も全て終えられて、悠々自適の素敵ライフを送っていらっしゃるところを、またも引っ張り出してしまいました。セカンドライフ満喫中の基樹さん、ますますダンディになられていて素敵なグレイヘアでした。


関係ないけど、基樹さんとの↑この集合写真を改めて見るとヤナッチの表情、なんかイラっときません?

3



「なに、この顔!?」と言ったら、「小顔効果を狙いました」と言われました。小顔・・・?

PermalinkComments(0)

2018年11月12日

雲仙でも月刊はかた&九州王国に出合えます♪

IMG_1273


週末は雲仙に紅葉狩りに行ってきました。仁田峠付近はすでに終わってましたが、雲仙温泉界隈は見ごろでしたよ。

IMG_1300


そして雲仙でもわが子を見つけちゃいました!
あら、こんな遠くまで旅に出たのね〜〜しかもおしゃれなところに置いてもらってるのね〜。

IMG_1299


置いてあったのは、ご存知雲仙の超名店「雲か山か」雲仙店。
ご挨拶しようと思ってたのに、ものすごいお客様の数で、買うだけで精いっぱいでした。人気店だなぁ。星野リゾートが「界」をオープン予定している場所がこのすぐそばなので、ますます人が増えそうです。皆さん、雲仙に来たら養々麺と月刊はかたをセットでお忘れなく。「雲仙でなぜ、はかた?」とか言わないの!


そして来月からは、いよいよ雲仙観光ホテルさんでも九州王国が読めるようになります!
雲仙を代表する素晴らしいホテル。
雲仙で月刊はかたと九州王国、どちらにも出会えるようになるなんて嬉しすぎーー


IMG_1343


ちなみにたまたまこの週末、島原ではジオマルシェが開催されてました。
今年の九州王国5月号で春のジオマルシェを紹介して以来、気になってたんですよね。
ベストタイミング〜〜〜
ここで手焼きちくわにチャレンジしたんですけど、ちくわを焼くのにに30分もかかることを知らずに、手軽に始めて若干後悔しました…

PermalinkComments(0)

2018年10月31日

月刊はかた11月号(2018)出ました!

IMG_1245


月刊はかた11月号の特集は「故きを温ねる、新しき住まい」。

毎年恒例の住まいの特集です。
今年は、リフォームや古民家再生など、「古き住まい」の良さに迫った特集になっています。
そして編集後記は「私のリフォームしたいところ」。
誠に余計なお世話なテーマです…。

PermalinkComments(0)

2018年10月23日

夢の世界

本日取材にうかがったお店がこちら↓

IMG_1223



IMG_1222



インテリアのお店だったのですが、私の中の「全女子力」がうずきました。
振り絞るように出て来た「全女子力」が、「ここで寝たい」と訴えてきました。


こんな寝室で毎日寝たら、自然と「ごきげんよう」って挨拶が口をついてくる気がします。
月刊はかた1月号でご紹介します。それまでに皆様、女子力をフル充電してお待ちくださいませ。


PermalinkComments(0)

2018年10月11日

宇宙のエネルギーを感じる個展。

1


現在、新天町の「ギャラリー風」で開催されている八坂圭さんの個展にお邪魔してきました。
言わずと知れた、月刊はかたの表紙を毎号美しい作品で飾ってくださっている先生です。先生だけど先生っぽくなく、「画伯」とかいう肩書もなんか違う八坂さん。まさに「アーティスト」という言葉がぴったりではあるんですけど、そんな枠でもなんともしっくりこない。
なんというか「日本人じゃなくて地球人」というように、「画家じゃなくてアーティスト」と言いたくなるような、大きな大局観を持った方です。

今回の個展も本当に素晴らしく、会場全体がエナジーに包まれていました。
いるだけで幸せになる空間。
居心地よすぎてボーっとしていたら、以前お世話になった某企業の元社長もお見えになり、久々の再会を果たしました。人を引き寄せるパワーもある個展です。

今月の月刊アクロス(アクロス福岡館内で配布されている冊子)でも八坂さんが紹介されているのですが、それを見た元社長が「この記事の写真は良かったよ。八坂さんの絵の本来の色やエネルギーがこんなに再現されているものはなかなかないよね」と言われたので、「はい!それ撮ったの、私です!」とすかさずアピールしました。褒められる場面でのみ発揮する、この瞬発力。
すると元社長がにっこりと、「あ、写真っていうより、印刷がいいんだよね」と。
挙げた手を瞬時に引っ込めました。褒められてないことを判断する瞬発力も高いのです。

八坂さんの素晴らしい個展は今週末(14日)まで。
このあと、東京・六本木でも開催されるそうなので、ぜひ皆様、素晴らしいエナジーを受け取りにお出かけになってみてはいかがでしょうか。


PermalinkComments(0)

2018年09月28日

月刊はかた10月号(2018)発売です!

IMG_1026



先日予告した通り、今月の月刊はかたの特集は「秋を告げる、黄金色の一葉」…つまりは、銀杏特集です。
どーも最近ヤナッチが推してくる特集タイトルが、超色気づいたものと、超ふざけたものの二択なので毎度悩まされるのですが、今回はお気づきの通り、「色気づいたタイトル」パターンです。
しゃれかぶっとんしゃー(←福岡人にのみ通じる暗号方言)。
ちなみに、最後の「一葉」は「ひとは」と読んでたのですが、ヤナッチ的には「いちよう…いちよう…いちょう…」と読ませたかったらしいです。こんなところにダジャレが含まれていたなんて、今日まで気づきませんでした。ダジャレ感度鈍くてすみません。


特集は、「観る銀杏」と「食べる銀杏」と「知識として読む銀杏」の3タイプがバランスよく含まれております。今秋は銀杏博士になること間違いなし。「読む銀杏」も、もちろん月刊はかたなので、ローカル知識満載です。全国誌では決して読めない「月刊はかたらしい銀杏知識」ですので、ご期待ください



PermalinkComments(0)

2018年08月31日

月刊はかた9月号(2018)発売です!

IMG_0940


表紙を見た瞬間に私が「栗!」と言い、シエルが「芋!」と言った9月号があがってきました。
この抽象的な作品で、芋栗南京という秋の味覚を想像させてしまう八坂画伯の画力、さすがです。


今月の特集は「城下町、福岡」。
福岡って天守閣がないのでどうしても城下町のイメージがないんですけど、実は立派な城下町なのです。今回の編集部見解では、東はアクロス、南は桜坂、北は西公園、西は藤崎までが「城内」だったと予測してみました。根拠とその理由は本誌でお確かめください。
資料や古地図から、こういう「予測」を立ててみるのって楽しいですよね。
もちろん、いろんな想像をしてみるのは自由なので、皆さんもそれぞれに「このあたりでお殿様が休憩したのかなー」とか考えて楽しんでみてください。

ちなみに全く楽しめない、超恐ろしいエピソードも17Pに(恐ろしすぎて掲載していいものか、最後まで悩みました…)。
女の恨みは怖いよ、という福岡城にまつわる怪談も、夏の終わりにどうぞ。


PermalinkComments(0)