月刊はかた

2018年04月27日

月刊はかた5月号(2018)発売です。

IMG_0184


特集は「あの名店の器」。

お料理の美味しさ、技、おもてなしの心、接客…名店と呼ばれるお店には複合的なさまざまな「要素」があるわけですが、「器」もまた名店を作り上げる要素の一つ。
皆さんそれぞれにこだわりや想いを持って、器を選ばれています。

料亭の名器から、カフェのカップ、人気麺の丼にとんかつ用のお皿などなど、この料理のためにこの器を選んだというさまざまなエピソードを交えながらご紹介しています。
個人的には18Pの斬新な器の数々が、社長自ら原案イラストから型の成型までおこなったという話に度肝を抜かれました。ここの社長、箸袋のイラストまでご自分で書かれるほどの芸術肌なのです。どちらのお店かは、月刊はかたでご確認ください〜〜



PermalinkComments(0)

2018年04月23日

スター・小松の親分さんを堪能!

昨日は「帰ってきたマサ坊演芸会 2018」に行ってきました。
ご存じ、月刊はかたで大好評連載中の小松政夫さんの「笑 SHOW」です。

IMG_0174


小さい頃、お菓子を振る舞ってみんなの前で芸を披露していた、その原点に立ち返りたいということで、会場ロビーにはお酒とおつまみのふるまいが!
なんて粋なんでしょう。
残念ながら車だった私は飲めずに悔しかったので、このエリアをできるだけ見ないように通過しました(笑)

たっぷり3時間越えのステージは、本当に楽しくて、終始笑いっぱなしでした。
改めて小松さんの芸の幅の広さにびっくり。
ゲストの方々もいらっしゃいましたが、ほぼお一人で3時間、観客を笑わせ続けるってすごいことですよね。
私の隣の席に座っていらっしゃった上品そうなご婦人、途中から涙流しながら爆笑されてました

IMG_0175


華丸大吉さんのお祝いスタンドの隣には、茂木健一郎さんご夫妻のお名前が。
確かに小松さんの芸を見ながら、何度かアハ体験できた気がします。


舞台の上の小松さんはやはり「スターだなぁ」というキラキラ感満載だったのですが、終わってからご挨拶した時には「あ〜ウエダさん、今日はありがとね〜」と一気に親近感たっぷりに変わられるのが、まさにさすがの一言。
スターの余裕と貫禄を、まざまざと感じさせられた一日でした。

PermalinkComments(2)

2018年03月30日

月刊はかた4月号(2018)、発売です!

IMG_0126


今月の特集は「はかた文明開化」。

明治維新150年を「九州王国」でも「江戸楽」でも特集したので、姉妹誌「月刊はかた」も負けてられん!と維新ブームに乗っかりました

「江戸楽」では1898年の江戸の動乱を特集し、「九州王国」では維新前後に生まれた九州の企業を特集しました。それぞれに「らしい」特集。
では「月刊はかた」は?・・・となると、スーパードメスティックマガジンなので、そのらしさを活かして、「150年前、この町はどんなふうだったのか」というド・ローカルな特集にしてみました。
150年前の博多のインフラ事情、明治に誕生したもの、今見ることができる明治建築物巡り、西南戦争と博多…などなど。
小さい雑誌ですが、とっても読みごたえがある特集になっておりますので、ぜひ桜の下でゆっくり腰を据えてご高覧ください。


※ちなみに、西南戦争時に西郷討伐軍が本部を置いたのは、わが編集部のお隣のお寺です。
13Pにお寺の写真が写ってますが、その背後にそびえる白い建物が編集部の入るビルです。
おそらく史上最も移動距離が短かった撮影かと





PermalinkComments(0)

2018年03月16日

親分さん最新コラムは月刊はかたで読めます!

IMG_0077


2月の約1ヶ月にわたり、朝日新聞(全国版朝刊)で小松政夫さんの「聞き書き」連載がされていました。
その最終回で弊誌のこともちょこっと触れてくださり、嬉しい限りです。

ドラマに本に…と小松さんの生涯を振り返る企画が特にこの半年くらい集中して出ていますが、どれを拝見してもお人柄がにじみ出るものばかり。
本当に人に愛され、人を大事にしてこられた方なんだなーというのがよくわかります。

月刊はかた4月号で掲載予定の、小さいころのエピソードがとっても素敵で、初稿を読んだ瞬間「この話、めっちゃ素敵ですね!」と思わずお電話してしまいました。
心温まるお話です。ぜひ、4月号をお楽しみに!

PermalinkComments(0)

2018年02月28日

月刊はかた3月号(2018)&新刊続々です

IMG_9922


まずは月刊はかた3月号発刊のお知らせ。
今月の特集は「街を支えるプロフェッショナル」。
美味し〜いご飯を食べに行ったとき、インスタに上げるために写真を撮る皆さん。
おしゃれなパンケーキを撮ったり、かわいいカクテルを撮ったりしていることと思いますが、ちょっと待って。

そのパンケーキの横にある、おしぼり。
そのカクテルに使われている、氷。

こういったものたちも、実は素晴らしいプロの手によるものだということを、意識したことはありますか?
今号の特集ではそうした、「普段気付いてないかもしれない、でもいつもお世話になっている」プロの仕事を取材しました。
私たちもどちらかと言うと表に出ない裏方仕事ですが、裏方には裏方の矜持があるのです。
プライド溢れるプロのお仕事を、再確認してみてください。

そして年度末が近づくにつれて増える新刊のご案内。

IMG_9921


まずはメイツ出版さんの「九州 ゆったり楽しむ 山歩きガイド」(九州王国編集部 著)。
春に向けて、いいタイミングでの刊行です。

IMG_9923


そしてJTBパブリッシングさんの「福岡から行く 大人の日帰り旅」(九州王国編集部 編)。
こちらは去年出した同名本の改定版ですが、新規エリア、新規企画などが加わっているので、持っている人ももう一冊ぜひ。


昨日校了したばかりの新刊もまだあるので、しばらく新刊案内だらけになるかもしれません。
月刊誌を作ってる出版社って、いつが一番忙しいんだろう…とよく聞かれるのですが、うちに限ってはムックが集中する春です。
っていうか、春に発行が集中するので、厳密には編集はその前ですね。

ということで、年明け早々ですが、ひとまず2018年最初の山場が終わりそうです



PermalinkComments(0)

2018年02月20日

親分さん、サプライズ!

IMG_9911


本日、ついたった今、月刊はかたで大好評連載中の小松政夫さんが、まさに突然、サプライズで、編集部にお越しくださいました〜〜

いつも来られるときは突然なので嬉しいサプライズなのですが、たまたま席を外しててタイミングを逃したらどうしよう!というドキドキもあります。

たっぷり1時間、編集部でいつものように面白話を聞かせていただきました。
なんという贅沢な独占講演会でしょう。

4月22日には、お酒を飲みながら小松さんのコメディーショーを観る、という夢のような企画も予定されています。
詳細決まり次第、本誌でもこのブログでもご紹介しますので、ぜひ皆さん、4月22日の予定を空けてお待ちくださいませ。お酒飲みながら舞台を観るって、絶対楽しいですよね

PermalinkComments(0)

2018年01月31日

月刊はかた2月号(2018)発売です!

IMG_9858


特集は「銘酒、その名の由来」。

毎年恒例の蔵開きシーズンに合わせて日本酒特集をしていますが、今年は「お酒の名前」に迫ってみました。
お酒の名前って、千差万別で面白いですよね。
いかついのあり、地名あり、カタカナあり、女々しいのあり…。
6号酵母使ってるから「ナンバーシックス」だったり、「くどき上手」なんていう昭和のスナックを思わせるものだったり。あ、どちらも好きなお酒です




そして毎年恒例、超豪華日本酒読者プレゼントも、2−3月蔵開きカレンダーも、どちらもついてます!
今年も美味しい日本酒に感謝して、たくさん新酒をいただきましょう〜〜〜

PermalinkComments(0)

2017年12月27日

月刊はかた1月号&冬季休業のお知らせ

IMG_9437


月刊はかた1月号の特集は「福岡に残る西郷どんの足跡」。

九州王国1月号と同じく西郷どんの特集ですが、内容は全く違います。
焼き直し部分なし!!
九州王国では大河ドラマの時代考証をした先生に専門家としての西郷どんの姿を聞いたり、九州各地に残る西郷どん伝説をご紹介しましたが、月刊はかたでは「福岡」のみにズームアップした西郷どん特集になっています。
意外にも福岡にも縁深いのですよ。特に太宰府とか。
太宰府に取材に行くたびに、優しいお母さん(11Pに登場)が梅が枝餅を持たせてくださるので、編集部は今月4回くらい梅が枝餅をいただきました。ありがとうございました!!

そして、大事なお知らせ。

月刊はかた・九州王国編集部は
12月28日(木)〜1月4日(木)まで
冬期休暇をいただきます。
新年は1月5日(金)10時より営業致します。



今年も一年、ご愛読(雑誌もブログも!)いただき、ありがとうございました。
2018年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
皆様、よいお年をお迎えください。


編集部は最後の大仕事、「忘年会」が残っています〜今からスタートです!



PermalinkComments(0)

2017年12月08日

嬉しいプレゼント♥

IMG_9288



なんと、

関係者でも、クライアントさんでも、作家さんでも、業者さんでもなく、

読者様から

「お祝い電報」をいただいてしまいましたーーーー!


こんなこと初めて。
もうほんと、月刊はかたが愛されまくっていて、嬉しい限りです

ありがとうございます。ますます精進致します!



PermalinkComments(0)

2017年11月30日

ありがとう、30年!(月刊はかた12月号発売です)

IMG_9282


華やかなクリスマスカラーの12月号ですが、祝ってるのはイエスの生誕ではなく、月刊はかたの30歳です!!

とうとう、弊誌「月刊はかた」が30歳となりました。
20周年を祝ったのがついこの間なんですけど、なんでしょうね、この早さ。
編集後記で「目指せ、50年!」と書いたのですが、この分だとあっという間に迎えてしまいそうです。

とにかく今号は思いっきり手前味噌企画で、これまでの30年を振り返ってみたり、皆さんに祝いコメントを半ば強引にいただいたりしています。
浮かれっぱなしですが、許してください。嬉しいんだもん

創刊以来加盟店として支えてくださっている、吉塚うなぎ屋の徳安会長と音羽鮨の山本会長の対談は特にぐっときました。創刊時のことや、30年前の博多の町のことを本当によく覚えていてくださっていて、私たちスタッフよりもずっとずっと長く支えてくださっているんだなぁ…と思うと、感極まる想いでした。

今年はいろいろと節目の年だったため、改めてたくさんの人からの支えや愛に気付くことができた1年でした。
(2017年終わったっぽい締めですが、まだラスト一か月残ってます!

PermalinkComments(0)