月刊はかた

2019年04月26日

月刊はかた5月号(2019)出来ました!

IMG_2567


今月の特集は「まちなか動物園にでかけよう。

福岡って住んでると気が付かないかもしれませんが、まちなかに動物の像が非常に多い町なんです。
大丸や西鉄グランドホテル付近などのアニマルたちについては認識している方も多いかもしれませんが、百道とか実はものすごいアニマルエリア。
GWにはお子さんたちと一緒に、こういったアニマル巡りをするのも楽しそうですね
ちなみにGW進行で殺伐としていた編集部を癒してくれたのは、16Pで舌をペロリと出しているあの動物です。かわいすぎて、仕事が手に付かなかったです(←GW進行って言ってるのに…)


そしていよいよ、月刊はかたにもこの文字が…。

IMG_2568


令和元年五月一日号です!!

発表から1か月、まだ使ってないわりには既になんとなくしっくり来ている新元号。
昭和63年に創刊した月刊はかたも、3つめの時代に突入です〜〜〜



編集部は明日より暦通り10連休となりますので、
お問合せ等は5月7日10時以降にお願い致します。



PermalinkComments(0)

2019年04月15日

月刊はかた&九州王国加盟店交流会2019@吉塚うなぎ

今年も小松政夫さんをお迎えして、「月刊はかた&九州王国 加盟店交流会」を開催させていただきました。
会場は福岡一予約のとれない人気店、吉塚うなぎさんにて。
超多忙な小松政夫さんと、超人気の吉塚うなぎさんの空き予定が奇跡的に合ったタイミングを見計らっての、スーパー贅沢な会でした。

DSC01459


博多の重鎮揃いの会なので、始まってすぐは「あの人もいる!」「ああ、あの人も!」みたいな若干緊張感ある雰囲気で。

しかし博多の人はみんな打ち解けるのが非常に(異常に?笑)早い!

DSC01528


あっという間に席を立って、縦横無尽に歩き回る皆様!
あっちもこっちもすっかり仲良くなって、肩を組んで写真を撮りまくる

DSC01683



恒例の「スーパー豪華抽選会」では、「この場で小松さんの生サインをもらえる権」まで登場し、ボルテージは最高潮でした。

DSC01766


最後はもちろん博多手一本で。
この4月から博多に新しく赴任して来られた方とかもいらっしゃったのですが、博多最初の会合がこれって、大丈夫でしょうか?
ものすごく濃くて、ものすごくいい会だったので、博多宴会のハードル上げちゃいそうです


ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
皆様が場を盛り上げてくださるので、毎回出し物要らずです(笑)



PermalinkComments(0)

2019年04月04日

春の取材は気持ちよく自転車で!

本日のヤナッチのサイクリングコース


天神(編集部)→けやき通り→市立美術館→庚申神社→ヤフオクドーム→ドライブイン鳥(から揚げ定食)→大濠公園→平尾→那の川→天神


いやあ、まぁ〜よく動くわ、この人!よく歩くし、よく走る!
アラフィフとは思えないフットワークの軽さです。すぐ車に乗っちゃう私は反省しなきゃなー。


「ほんっと、よく身体動かすよね、あの人」
「なんであれで痩せないんだろうね」
「痩せないどころか、筋肉質にすらならないのはなんでだろね」
「あの運動量を上回るほど食べてんじゃないの?から揚げとか」


という会話が、彼がいない間の編集部内で行われていたので、陰口にならないようにここで世界公開しておきます。しかもほんとにから揚げを食べてたという…恐るべき編集部透視能力!



PermalinkComments(0)

2019年03月29日

月刊はかた4月号(2019)発売です!

IMG_2414


ウキウキしちゃいそうな表紙の4月号が上がってきました!
今月の特集は「あの名物のルーツを訪ねて」。

博多織、博多うどん、梅が枝餅…といった福岡を代表する名物たちの始まりの物語から、観光客の皆さんにもおなじみの福岡を代表するあの名菓たちの誕生秘話、明太子の派生形名物、「博多前って何?」に至るまで、「福博の名物のはじまりどころ」を一気にずらりとご紹介しました。

春休みにこの街を訪れる観光客の皆様や、4月から新しく福岡に引っ越してきた方々に特に読んでいただきたい特集です。もちろん福岡生まれ&福岡育ちのあなたにも、目からウロコの話がきっとあるはず!

ぜひ桜の木の下で、のんびりとご高覧くださいませ

PermalinkComments(0)

2019年03月19日

博多の女の集い2019春、開催

第何回目かもう忘れましたが(おそらく16年続く会なので、年2回として30回目くらい??)、おなじみの「博多の女の集い」を本日、開催いたしました。

IMG_2369


女性だけが集まる会なので、毎度華やか!
今回はいろいろと(いつも以上に)てんやわんやでしたが、お久しぶりに皆さんにお会いできて楽しかったです。

IMG_2371


本日の人生の先輩からの金言は「ウエダさんの今日の髪型って、婚活で人気ナンバーワンスタイルらしいわよ」。

・・・
至って普通のまとめ髪だったんですけど、(たぶん)褒めていただきありがとうございます。
ただその情報、あと10年早く教えていただけませんでしょうか…?


皆さん変わらずお元気そうで、おきれいで、パワーをいただきました。
40代はまだまだ若輩者、頑張らねばー


PermalinkComments(2)

2019年02月28日

月刊はかた3月号(2019)出ました!

IMG_2219



特集は「作品に描かれたあの頃の福岡」。

映画や小説の中に登場した、昔の福岡の風景を探してみました。
まずは昭和10年代の「陸軍」に始まり、昭和60年代の「柳川掘割物語」に至るまで、昭和の福岡を映画からプレイバック。ちなみにこの「柳川掘割物語」はジブリの高畑・宮崎両監督が初めてタッグを組んだ実写映画です。
そしてお次は、檀一雄から辻仁成まで、文学の中で描かれた福岡の姿を追ってみました。
こちらで紹介している城山三郎「落日燃ゆ」に出てくるあの人が書いた扁額は、編集部から徒歩3分のところにあります。しょっちゅう拝んでます。

映像や文章の中で、おなじみの場所が出てくると嬉しくなりますよね。
ぜひ文芸作品の舞台となった場所を訪ね歩いてみてください。


そして「今日のびっくり」。
今朝編集部にこの3月号が納品された1時間後に、びっしり感想が書かれた読者プレゼントへの応募メールが届きました。
月刊はかたの新刊は、当然ながらうちに届くのが一番早く、その後各書店やお店に並び始めると思うのですが、この1時間の間に弊誌を手にとってくださり、隅から隅まで読み込んで、さらにプレゼントにご応募くださった模様。
なんというスピード・・・
その行動力と迅速に書き上げる能力…弊社スタッフに爪の垢を分けていただけないでしょうか?



PermalinkComments(0)

2019年02月18日

コウさんとケイさん

先週末は、月刊はかたの表紙を描いてくださっている八坂圭さんと、「映像の記憶」を連載してくださっている渡辺考さんの、初顔合わせ会(=飲み会)をしてきました。
ケイさんとコウさんという、なんだかデュオのような組み合わせ。馬が合わないわけがない(笑)

IMG_2155



教養人であり、知識人であるお二人のお話はとても盛り上がっていました。(合いの手係・ウエダ)

私たちの雑誌を通していろんな人がつながるのは、とても嬉しいし、雑誌を作る者としての存在意義や役割も感じます。
新たな出会いがこの街や社会に、新たな作用を生み出すのが一番うれしい。

ちなみに、月刊はかたの対談から生まれたのが、先月オープンしたハニー珈琲さんと大賀薬局さんのコラボ店「MOKUBAKAN.origin」。
こんなにも素敵なお店が、我々の雑誌の対談を発端にして生まれたかと思うと、涙が出るほどうれしいです。

微力編集部は微力なりに、この街に何らかの形で貢献し続けていけたら…と強く思う、今日この頃です。

PermalinkComments(0)

2019年01月31日

月刊はかた2月号(2019)は、うきは特集!

IMG_1825


春らしい表紙の2月号が上がってきました。
特集は「春の訪れは、うきはから」。
糸島に続く、福岡県のバズりスポット・うきはの特集です。

県南部・筑後の中でもうきはエリアは近年驚くほど人気エリアになってますよね。
都市部からの移住者が増えていることで、その相乗効果としておしゃれカフェや素敵なレストランも激増しているエリア。
一方で、銘醸・いそのさわや、原鶴温泉など、歴史ある人気スポットもご近所にあるので、若者のインスタ旅も、ご年配の方の上質旅も、どちらも叶えられるんですよ。


月刊はかたは、おしゃれタルト屋さんと絶品豚足屋さんを同じページに並べるという、相変わらずの「いいものはなんでもカモン!」スタイルで、選り好みせずにお伝えします。

初春のドライブはぜひ、うきはへ!
そして2月11日はぜひ、いそのさわの蔵開きへ!
私は今年、別件の取材が入っていて行けないのが超悔しいです〜〜〜

PermalinkComments(0)

2018年12月27日

年内最終営業日&月刊はかた1月号(2019年)出ました!

IMG_1649


月刊はかた2019年新春号の特集は「はかた方言考」。
もうこれでもか!というほどドローカルな特集で、新年の幕開けを迎えてみました。

博多弁を大学の先生と考察してみたり、博多以外の場所から引っ越してこられた方に戸惑ったことなどをお聞きしたり、原田種夫の著書から抜粋したり(表紙絵が火野葦平という豪華コンビ!)、博多っ子編集部員による「進化する方言の今」対談があったりと、方言だけでこんなにバラエティに富める?と自画自賛したくなる保存版です。

私のような県外出身者が読んでも「ほほー」と面白く読めますよ。
年末に帰省してこられる皆様で、ワイワイ読んでいただければ幸いです。


そして、大事なお知らせ。



編集部は12月28日(金)〜1月6日(日)まで冬季休業とさせていただきます。
新年は1月7日(月)10時から営業致しますので、お問い合わせ等はそれ以降にお願い致します。






ということで、これから年末最後の大仕事「忘年会」。
今年は、ふぐの名店「きょう重」さんで開催です!!
年末進行で苦しかったこの2週間ほど、「あと6日でふぐ!」「これ乗り切ったら、ふぐ!」「この校了とれたら、ふぐ!!」と何かあるたびに、「ふぐ」で鼓舞し続けているスタッフを見て、「ウエダのお小言よりフグのご褒美のほうが、労働効率が上がる」ことがよくわかりました。

今年も一年、たーっぷりと働いたので、みんなで存分にふぐ〆をしてきたいと思います。

2018年も本誌&ブログともどもご愛読いただき、ありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいませ。


PermalinkComments(0)

2018年12月10日

大分でも月刊はかた♪

昨日は遠征中の大分駅にて、わが子に遭遇しました。

IMG_1623


わかります?大分アミュプラザ内の名店・ハニー珈琲さんのカウンターにお行儀よくお座りしています。



IMG_1623

ここです!!




こういう、遠方の地で不意打ちで会っちゃうと、喜びもひとしお。
福岡の街なかで出会うと、なんとなく馴染みすぎていて、いつもの光景に紛れることもあるものの、こうして大分とか雲仙とかで出会うと、二度見してしまうインパクトがあります。

大分の人に博多の古い地名の話とか、雲仙の人にありし日の福岡城の話とか、局地的ローカルな話ばかりしてごめんね、という気持ちもあったり。(なかったり)。
これに懲りずに、新年最初の1月号はもんのすごーーーく博多ドローカルな特集で攻めます。
他地域の皆さまにも楽しんでいただけると幸いです


PermalinkComments(0)