月刊はかた

2019年11月19日

今日もいい取材ができました!

本日は皆さまご存知、講談師の神田紅さんの取材に伺ってきました。
言わずと知れた日本講談協会の会長でいらっしゃる重鎮中の重鎮なので、緊張しつつお伺いしたのですが、最初っからとっても優しい和やかなオーラを纏った方で。
高座がピシャリとしてとってもかっこいいので、その延長的な雰囲気を予想していったのですが、舞台上とはまた違った魅力の、ものすごく物腰柔らかで細やかな所作まで美しい方でした。

講談自体は何度か先生ものも、他の方のものも拝見したことがあるのですが、とにかく活舌がよく、頭がいい人しかできないイメージを持っていました。持って生まれた才能がないとできないものかと思っていたんです。
しかしなんと現在、一般の人向けの教室もされているそうで。
コツさえつかめば、誰でもできるそうですよ。扇子・手拭・張扇さえあれば…ってないけど(笑)。
こういう調子↓が書かれている教本とともに、抑揚の付け方などを習うそうです。

IMG_4118


あまりに興味深くて、熱心にお話を聞いていたら「あらあなた、歴史も詳しいし、声も向いてるし、講談なさったらいいわよ」と思わぬスカウトを受け、ちょっとその気になりました
講談できたらかっこいいし、声をあげるとストレス発散にもなりそうなので、忘年会に向けて始めてみようかしら…ベベンベンベン!(←すでに間違っている気がする)




PermalinkComments(0)

2019年10月31日

月刊はかた11月号(2019)発売です!

IMG_4027


月刊はかた11月号の特集は「我ら、兄弟船!」
同じ店や企業で働く「兄弟」にスポットを当ててみました。

同族経営の「親子」を焦点にした企画ってわりと多いと思うのですが、兄弟って歳が近いこともあるし、親子とは違うプレッシャーややりにくさ、逆に信頼感があると思うんですよね。
それを探ってみようと、いろんなお店で共に働く兄弟の皆さんを取材してみたら、もんのすごーく皆さん仲がよくて、そして絆が深くて、編集しながらずっと心が温まってました。
兄弟間の往復書簡も3組の皆さんにお願いしたのですが、涙腺が緩みそうになるほど、どれもいいお手紙でした。

「あのお店、実は兄弟でやってたんだ!」「え、あそこの企業、6人兄弟なの!?」という新たな発見もあるはずなので、ぜひ皆さんにご高覧いただきたいです。
秋の夜長、兄弟愛にほっこりしてください

PermalinkComments(0)

2019年10月30日

かに供養2019

本日は、年に一度の大切な行事「かに供養」の日でした。
月刊はかた百選会の「札幌かに本家」さんが主催される、かに解禁日前に「大切な命に感謝して、今年も美味しいかにをたくさんいただきましょう」という気持ちを込めた歳時。
気付けばもう、かれこれ7〜8年参加しています。

DSC00492


今年はテレビカメラが結構入ってました。
小声で「今、蟹に向かってお経が唱えられ始めました!」「なんと皆さん、本気の喪服ですー!」等実況されている番組があって、隣で聞きながらヒヤヒヤしてました。大丈夫?これ、私も含め、毎年敬虔に手を合わせてるんですけど、その「バラエティ感」は許容範囲でしょうか…。

DSC00464


なんてことを思いながら、私は真面目に取材していたのですが、写真の片隅に映ったあるものに一瞬目を奪われました。
この写真、ものすごく違和感あるものが映っているのですが、お気づきでしょうか?
天井部分にご注目ください。

DSC00465
ミラーボールーーー!!!


なに、この昭和のディスコテイスト!?
お寺にミラーボール・・・・??なんで?

ご住職、お話が面白い方だったので、もしかしたら「般若心境Night/DJ:ご住職」みたいなイベントをされるのかもしれません。それしかミラーボールが使われる場面が思いつきません。

テレビ局の人のことをとやかく言えないくらい私の集中力も一瞬削がれたのですが(一瞬ね、一瞬!)、しっかりまじめなリポートは月刊はかた12月号で致します。

今年もしっかり手を合わせてきたので、命に感謝して、存分に蟹を堪能したいと思います!
シーズン到来間近!!(11月6日が解禁日です)

PermalinkComments(0)

2019年10月03日

雨でも濡れずに行ける、天神地下街直結の炉端焼き店。

昨日は、東京から大切なお客様(=超面白い飲み仲間おじさん、とも言う)をお迎えしたので、天神センタービルの八喜多賀(やきたか)にお連れしました。
月刊はかた10月号の表2(表紙めくってすぐのページ)に2号店の広告を出していただいています。
いか活きづくり発祥店「河太郎」さんのプロデュースですが、こちらのお店にはイカはありません。
代わりに絶品の炉端焼きメニューがそろっています。


IMG_3881



秋を感じる素晴らしいメニューの数々に、感動された面白おじさんお客様はなんと、福岡滞在中の間にもう一度予約を入れられてました。
「ウエダさん、いっつも美味しいお店教えてくれてありがとうー!」と。
ほんと、こういう反応してくださる人には「次はどちらにお連れしようかな」と選ぶ私もワクワクします。幸い、月刊はかたには素晴らしいお店しか載ってないので、安心してどこへでもお連れできるんですけど

IMG_3880


「ごまさば専用ごま焼酎」なんてものもあり、がっつり来福客の心をつかんでました。
ごまさば食べる間に飲みきれなくて、ごまさば二皿目を注文しましたけど

「八喜多賀」さんは、天神センタービルB1と、ブロッサム博多プレミア2Fという、博多と天神で2店舗展開中。天神店は地下街直結しているので、雨の日も濡れずに行けて便利です


PermalinkComments(0)

2019年10月01日

月刊はかた10月号(2019年)発売です。

IMG_3876


特集は「それ、何の道具?

名店百選会の皆様が日々使う、プロの仕事道具をいろいろと見せていただきました。
料理人、病院、クリーニング店、テーラー…それぞれのお仕事には、プロならではのお仕事道具があります。皆さんは「普通」に使われているものも、素人から見ると「なにあれ?」ってものがたくさん。裏側を見せていただきました。

ちなみに、私たちの「普通」に使う仕事道具の一つが、これ。


IMG_3877


文字の大きさを調べる級数表です。
写植なんてなくなった今でも、よーく使います。
たぶん日本全国の編集者は当たり前に持っているものですが、出版業界以外では一生見ないという人もいるかもしれないシート(笑)。
仕事道具って、こういうものですよね。

人の仕事現場とかを見るのが大好きなので、レア仕事道具だけで特集をしたいんですけど、いつも「普通」に使っている人は、それが「普通」すぎてレアだと気付かないんですよね。
今回も見落とした仕事道具がいっぱいありそうなので、ぜひいつか第二弾を企画したいです。





PermalinkComments(0)

2019年09月12日

日本酒を飲みながらの対談企画

昨日は銘醸・いそのさわと名水・桜島活泉水の対談企画にお邪魔してきました。
「お邪魔」っていうか、うちの企画なのでむしろ主催なんですけど、本来担当者のヤナッチだけでもいいところを、クライアントさんが「ウエダさんも来てー」って言ってくださったおかげで、速攻「行くー!」ってお返事したのでした。なので、読んで字のごとく、「邪魔」してきただけです。
「いそのさわが飲める」というだけで、二つ返事っ

IMG_3822


いやーほんと、こんな楽しい仕事があっていいものかと思えるほど、楽しいな、この仕事。
いそのさわさん、お久しぶりだったんですが相変わらずのジェントルマンで、めちゃくちゃ話も面白い。「お酌は本来、男性の仕事です」という持論をお持ちだったので、活泉水の女性担当者さんともども、「大賛成〜〜〜〜!!」と徳利預けっぱなしでした。
活泉水の担当者の女性(←既にほぼ飲み友達になりつつある…笑)も、「家では、まあバーボンかしら」とか男前なことをさらりと言われる方で、対談内容が充実しまくりそうで嬉しいです。

ということで、充実の面白対談は月刊はかた10月号でお届けします。
名言がいっぱいありすぎて、キャッチに悩みそう。(…ヤナッチが。私、何もせず。笑)


PermalinkComments(0)

2019年09月02日

「博多の女」11 月号予告。

先日、福岡一有名な、あの料理研究家の先生のご自宅に取材に伺いました。
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、多方面でご活躍されているので、皆さんも当然ご存知のあの方。
テレビなどでは思ったことをわりとはっきりと話されるので、ちょっと毒舌キャラ的な印象かもしれませんが、本当に気さくで、スマートで、おもてなしの精神にあふれた素敵な女性でした。(毒舌は毒舌なりに愛があって、面白かった!)

IMG_3781


取材後に「ありあわせしかないんだけど…」と言いながら、なんとランチをごちそうになり。
「取材に来られた若い方をお腹すかせたまま帰したことはないの」と言われていました。
・・・かっこよすぎる。若くないけど、いただきます!

一つ一つが滋味深く、身体が喜ぶ美味しさ。器も美しい。
お弟子さんの最高に美味しい漬物に、出来立てジャム添えのデザートに、超美味の珈琲(ご主人が淹れてくださいました!)に…と、もう至れり尽くせりで、こういうのを真の「お・も・て・な・し」と言うんだね、と新婚クリステルに教えてあげたいくらいでした。

登場は月刊はかた11月号予定。開いた瞬間に「ああ、この人のことを言ってたんだ!」と皆様がお分かりになる通りの、あの方です。
掘り下げたインタビューを書きますので(予告)、お楽しみに!




PermalinkComments(0)

2019年08月30日

月刊はかた9月号(2019)発売です。

IMG_3778


昨日もお伝えしたとおり、今月の特集は「暮らしを守る、防災のはなし」。

残念なことに、非常にタイムリーに北部九州を豪雨が襲ってしまいましたが、今特集では水害と地震の2つに絞って、傾向と対策を編集部なりに考えてみました。
備えておくと安心の防災グッズや美味しい備蓄用非常食など、最新の防災アイデアが満載です。

喉元過ぎれば…とならないように、恐怖を抱いている今のうちに、再度周りを見渡して災害に備えておきましょう。備えあれば憂いなし、です。


PermalinkComments(0)

2019年08月29日

豪雨一過。

昨日の大雨は、北部九州に甚大な被害をもたらしました。

最近台風よりも、大雨のほうがひどい被害になる気がします。
昨年の大雨を思わせる、大豪雨でしたね。
被災された地域の皆様、被害に遭われた皆様すべてに、心からお見舞い申し上げます。


全く意図しなかったのですが、明日発売になる月刊はかた9月号は、防災特集です。
内容は地震と水害に絞ったのですが、最近は地震よりも水害のほうが身近になってきました。
ぜひできる限りの備えをして、日ごろから「命を守る行動」を意識したいと思います。

PermalinkComments(0)

2019年08月22日

九州インターナショナルアートキャンプ、開幕!

月刊はかたの表紙絵を描いてくださっている、八坂圭さんが主宰する「九州インターナショナルアートキャンプ」が昨日開幕致しました。

111


昨日はアクロスで行われた開会式へ。
6か国から集まった15人の世界的アーティストたちが、福岡で寝食を共にし、町の人々と一緒にアートを作り上げていくという画期的なイベントです。


333


本日は早速、簀子小学校跡地で行われている公開制作の取材に伺ってきました。
各国を代表する素晴らしいアーティストたちが、体育館で自由に作品を描いているのです。
すごい空間!
「アート」「アーティスト」というと敷居が高く感じますが、本当にここはボーダレスな雰囲気で、こちらも気軽に話しかけれるし、アーティストさんたちも積極的に作品の説明をしてくれるし、なんとも自由で面白い空間でした。

222


ちょうど子どもたちのワークショップの時間にもお邪魔できました。
アーティストさんが「what's your name?」とちびっこに聞いてたので、「あ、通訳してあげようかな」と思った瞬間に、3歳くらいの小さな女の子が普通に自分の名前を名乗ってました。すごい!しゃしゃりでようとしてごめんなさい!!

444


そしてこのオーラ出まくりの方に、思いっきり英語で話しかけたら「あ、僕日本人です」って言われてスーパー赤面。恥ずかしすぎる…。
しかも「参加アーティストじゃなくて、勝手に絵を描いてるだけです」とか言われまして…だって、すっごいアーティストオーラだったんだもの!描いてる作品も素敵だったんだもの!もうちょっとでインタビューするところでした…。


今週末はワークショップやライブパフォーマンスなどイベントも満載なようです。
ぜひお時間ある方は、行ってみてくださいね。世界的アーティストと間近で交流できる、素敵なイベントですよ。
詳細はこちらから→

PermalinkComments(0)