月刊はかた

2020年06月30日

月刊はかた7月号(2020年)出ました!

IMG_5412


今月の特集は「数字で学ぶ、博多三大祭り」。

例年の月刊はかたの7月号であれば、特集であれ連載であれ、どこかのページに必ず「山笠」の2文字が入っているはず。
しかし今年は、5月のどんたくも、7月の山笠も中止となり、祭り大好きな博多っ子にはとても寂しい年になりました。


そこで、本来なら「山笠特集」をしていたであろう7月号で、「誌面博多三大祭り」を開催することにしました。
「博多どんたく」「博多祇園山笠」「筥崎宮放生会」の3つのお祭りから、特徴的な数字を抜き出して読み解いていきましょう、という特集です。

たとえば、どんたくであれば数字は「200万人、250人、33羽、1200個」。これらの数字は何を表しているでしょうか?最初の「200万人」ってのはクイズで言えば超初級ですね。サービス問題です。

山笠の数字は「112メートル、6000円、7種類」。このあたり、山笠のぼせなら楽勝で答えられる数字かもしれません。

放生会は「500軒、3トン、33センチ、1200セット」。何より「3トン」に驚きました。一体なにが、3トンなのでしょうか。


ということで、答え合わせは月刊はかた7月号でどうぞ。


ちなみに編集後記も、数字にまつわるそれぞれの話。サオリンが小学校までの通学路について書いていたのですが、「タイの山奥の少数民族か!」と思えるような通学行程で、ビビりました。佐世保は坂が多いとは聞いてたけど、こんな過酷な道を6年間も通ったとは、尊敬します…。


PermalinkComments(0)

2020年06月05日

テイクアウトも月刊はかたで。

最近は取材に行くスタッフたちに、いろんなものを買ってきてもらっています。
月刊はかた名店百選会はほんとに名店揃いなので、あれもこれも欲しくなっちゃって

IMG_5358


昨日はまず、住吉酒販さんで銘酒を2本注文。酒飲みにはわかる、いいチョイス↑(笑)。


IMG_5361


そして河太郎さんに取材に行くとわかれば、すかさず「イカづくし弁当」を注文〜〜。
これ、河太郎の名物「イカいなり」が4貫入って、いかしゅうまいも、ローストビーフも、印籠焼きも、だし巻き明太も、ゲソ天も入って、なんと1620円!!
あの高級店の味がこの価格で存分に味わえるとは、めちゃめちゃお得です。

IMG_5368


盛り直したら、パーティーになりました
お酒が進みすぎて困る〜〜でも家だから、すぐゴローンできるもんね。
お持ち帰りバンザイ。

IMG_5370


そして今日は桜坂観山荘のだしパックを買ってきてもらいました。
これ、ほんとに上品な味わいで美味しいんですよ〜〜。
いろんなだしパックをこれまで使ってきましたが、暫定一位です。上品だけどしっかりと旨みが活きていて、本当に使いやすいだしです。


と、「月刊はかたお取り寄せ本」を作りたいくらい、どちらのお店も逸品揃い。
頼みすぎて、昨日はヤナッチから「ちわっ、三河屋です!」とお酒を渡されました。
するとポムが「みかん屋さんなんですか?」って聞いてました。(←秘儀、ボケ殺し!)

スタッフのスケジュールを眺めては、何を買ってきてもらおうかとワクワクしています
次に狙うは…ツンドラのピロシキかなーーー。



PermalinkComments(0)

2020年05月29日

月刊はかた6月号(2020年)発売です!

IMG_5328


なんか表紙が若干歪んで写ってますが、これは本日出勤担当のミヨッシーが撮ってくれた写真なので、歪みは彼女の撮影技術によるものです。悪しからずご了承ください

今月の特集は「先人を知る 福博ウォーキング」。
博多の町は平清盛の時代から、元寇やら太閤町割りやらを経て幕末志士たちの活躍に至るまで、いろーんな先人たちの歴史が刻まれてきた土地です。
それゆえ、教科書に出ているあの人やあの事件の遺構が各地に残っている、「歴史散歩」にぴったりの町でもあります。
今月はわが編集部が得意とする「歴史」と「お散歩」を組み合わせた、「祝!外出自粛制限解除&でも密は引き続き避けるよ」特集です。
人が普段あまり集まらない場所も、視点を変えたら面白いお散歩道になるよ〜という提案でもあるので、参考にしていただけたら幸いです。




PermalinkComments(0)

2020年04月30日

月刊はかた5月号(2020)、発売です!

IMG_5260


特集は「自宅で名店の味を」。

緊急事態宣言以降、さまざまな飲食店さんがお持ち帰りサービスを始められました。
月刊はかた名店百選会の皆さまも、普段はテイクアウトをされていないお店も続々と期間限定で始められています。

「いつも行列のあのお店も、テイクアウトならすぐに買える」
「あの敷居が高い料亭の味を、こんな気軽な価格で楽しめるなんて」
「あの店の前菜と、あの店のメインを組み合わせて、自分好みのコースにできる!」

等々、目線を変えたらとってもポジティブに楽しんでもらえる期間だと思います。
大変なときだからこそ、しっかり自粛をしたうえで、楽しめるところで楽しみましょう。


ちなみにこの「お取り寄せ企画」、ネット媒体でもちょっと前から盛り上がっているので「今さら?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は企画したのは緊急事態宣言が出るよりもずーーっと前、3月中旬です。
東京の感染状況を見て、福岡もきっとただでは済まないな…と予測して、1か月以上前に各店へのアンケートをスタートさせました。
それでも、月刊誌だと反映されるのが今になってしまうのです…

スピード感あふれるネット媒体に対して、我々月刊誌の強みは保存性と回覧性の高さ。
持ち帰り店と宅配店が一目でわかるMAPも付けました。
ご自身の行動範囲やご自宅近くでどんな名店のお持ち帰りができるのかが、わかりやすいかと思います。

どうぞ、存分にご活用していただいて、自粛期間を美味しく乗り切りましょうね。
ただし、掲載内容は変わる可能性がありますので、必ずお電話で確認のうえ、お出かけください。



PermalinkComments(0)

2020年04月09日

名店お持ち帰り案内第二弾!まりも編

「夜は鴨料理、昼は皿うどんの人気店」といえば、もう福岡の食通たちにはすぐピンとくるはず。
そう、上呉服町の「まりも本店」です。

ここの鴨、本当に卒倒するほど美味しいです。
ぜひぜひ緊急事態が収まったら夜の鴨を楽しんでいただきたいですが、今楽しめるのはもう一つの大人気メニュー「皿うどん」の持ち帰り。

連日行列ができるほどの人気皿うどんが、持ち帰りだと電話で予約だけしておけばすぐ手に入りますよ。(4月9日現在、持ち帰り営業のみ)

IMG_5198


私は0.8人前を。1人前が1人前と思えないくらい太っ腹な量あるのです。女性は0.8で十分です。嘘じゃないです。お腹が空いてても、ぜひ私を信じてください。

味変用の酢・ラー油・柚子胡椒・ポン酢までセットになって1人前750円(0.8人前720円)。
もしかしたらこれら調味料は、お一人に付き〇個…とかかもしれません。うちは編集部で複数注文したから4種全部いただけたのかも。要確認です。


IMG_5199


あさりと貝柱がこれでもか!というほど入っていて、海鮮だしが染み入る旨さでした。
幸せ〜〜〜


福岡編集部はリモートワークにスイッチする直前ですが、ギリギリまでお持ち帰りでランチタイムを楽しみたいと思います。頑張れ、飲食店の皆さん!頑張れ、私たち!頑張れ、世界中のみんな!!

※自転車による受け取りのため、編集部からお店に行って帰るまで、誰とも接触せずに購入しています。

PermalinkComments(0)

2020年04月06日

【重要】月刊はかた・九州王国両編集部からのお知らせです。

現在発売中の月刊はかた4月号、および来週発売になる月刊九州王国5月号について、国からのイベント等の自粛要請を受け、一部掲載内容が変わっている可能性があります。

月刊はかた28−29Pのイベント情報、30−31Pのギャラリー情報、九州王国56Pの舞台お出掛けだより、60−61Pの九州各県イベント情報等は、大幅に掲載内容から変更がなされている可能性があるので、必ずお出かけ前にお電話にてご確認ください。

その他ページについても、大きな変更がある場合がありますので、一度ご確認いただけると幸いです。


月刊はかた・九州王国編集部

PermalinkComments(0)

2020年04月03日

福岡の名店、続々とお持ち帰りを始めています!

週末の外出自粛等を受け、福岡の飲食店さんも営業形態を変え始めています。
月刊はかたでもお世話になっている、さまざまな名店さんもお持ち帰り商品に力を入れるように。

IMG_5173


今日のランチでいただいたのは、櫛田神社そばの名店「信州そば むらた」の親子丼。
これ、大好物なのです。むらたさんに行くと、いつも絶品の蕎麦を食べるか、この親子丼を食べるか、もんのすごーーく悩んで、結局小盛り蕎麦と親子丼(小)を頼みます

テイクアウトでこの親子丼が食べれるなんて幸せ


IMG_5174


私のつたない写真からも伝わる、つゆだく感。
テイクアウトでヤナーバーイーツがせっせと自転車で持って帰ってきてくれたのですが、そのタイムラグを感じさせないほど、ふわとろなままでした。ほんと、幸せ(二回目)。

名店のテイクアウトが続々登場している今、外食できないならせめて美味しいものを家(や会社)で食べたいよね、ということで月刊はかた5月号では「自宅で、名店の味を」特集を予定しています。

「え?あのお店ってテイクアウトできるの?」「あの料亭の味がこの価格で?」という、この時期ならではのお得情報も満載なので、おこもりGWも楽しく過ごしていただけたらと思います





PermalinkComments(0)

2020年03月31日

月刊はかた4月号(2020)、発刊です。

IMG_5146



月刊はかた4月号の特集は「博多と牡丹」。

こんなときだからこそ、明るい話題と華やかな誌面でほっと一息ついていただける特集にしようと企画しました。博多の町と牡丹にはふか〜〜い縁があるのです。

と言いながらも、「秀吉に妻を寝取られた大名が復讐した結果、博多に植えられた牡丹」なんていう、とんでもない昼ドラ系のドロドロ話も含まれています
「それ、どういう状況!?」と思われた方は月刊はかた4月号11Pをご覧くださいませ。



改めて、ここ最近花の持つ力の大きさをしみじみと感じています。
気分が落ち込んだり、社会が暗くなりがちなときに、生花が身近にあるだけでかなり癒されます。

小誌も皆さんにとって、そんな存在であれれば嬉しいな、と思います。



PermalinkComments(0)

2020年03月12日

今朝の朝刊、ちゅーもーーく!

IMG_5098


今朝の西日本新聞で、小松さんの著書が紹介されていました。
もともと月刊はかたの連載を一冊にまとめたということで、チラリズムで弊誌もご紹介いただきました。ありがとうございます。

この記事の取材を受けたときに、「小松さんの連載は最初から編集長が担当で?」「はい、もう12年になります」「あらまあ、歳がバレましたね」という会話があったのですが、すかさず「なんのなんの、連載204回を迎えた『博多の女』のページも初回から私です」と、自らさらにバラしてしまいました。
連載回数を12で割って、大卒の年齢に足して、さらに…みたいな無粋な計算は、よいこの皆さんしませんように…

PermalinkComments(0)

2020年03月10日

窓からお花見、おすすめホテル

先日、飲みすぎて電車に乗る気力が残っていなかったときに、千鳥足でたどり着いたのが、「ホテルグランドルチェ博多」。
天神から5分、西中洲から2分、春吉から5分という、福岡で飲み潰れた人にとって神様のような立地にあるホテルです。

私は残念ながら終電後くらいの時間にチェックインしたので、夜間の記憶はほぼ皆無なのですが(すみません…)、朝目覚めて、カーテンを開けた瞬間の景色がこちら。

IMG_5005



見てください!天神中央公園とアクロスが目の前!!
福岡の方ならすぐにわかると思いますが、あと2週間もしたらこの景色は一面桜に覆われます。
なんという絶景〜〜〜〜


心穏やかに桜を見られる日が早くきますように。
大人数で集まってのお花見ができないときは、ホテルの窓越しのお花見もいいかもしれません。

PermalinkComments(0)