九州王国

2020年06月24日

長〜く続く、人気連載もおすすめです!

次号の校正をしていたら、「大人のためのこの一冊」(坂田顕さんの連載)で次に紹介するのが「レ・ミゼラブル」でした。

私、ミュージカルとしてのレミゼはファンで、自分の車にもサントラ入れているくらいなのですが(ご機嫌なドライブ中に見えて、車内には「囚人の歌」とかが流れています…)、考えてみると原作は小学生の時に読んだ「ああ無常」で止まっていました。こちらは抄訳ですね。
今回坂田さんがご紹介くださっている、完訳版は全4冊もあるそうです。(全365章!!一日1章で1年かかる…)

いろいろ萎えそうですが、それでも坂田さんの原稿を読むと、「頑張って読んでみるか!」と思えます。本当に坂田さんが紹介すると、いつもめちゃめちゃ読みたくなっちゃうんですよね。書評の魔術師。
ちなみに、「大人のためのこの一冊」の対面ページは今村晃さん(お二人とも、アキラさん!)の「気軽にクラシック」という連載ですが、こちらの連載も読んでいるとクラシックコンサートに行きたくなります。
アマゾンのレビューとかだけで本や音楽を買おうと思ったことはないのに。
やはり本にしろ、曲にしろ、プロのプレゼン能力は群を抜いているということですね。

ということで、九州王国は毎号特集ばかりご紹介していますが、連載陣にこそ、自信があります。
有名とか無名とかそういうことじゃなく、本当に面白い連載がそろってますよ〜。

IMG_5401




余談:ヤナッチの弟は、小学生のときに「ああ無常」のことを、城の話だと思ってたそうです。「アーム城」…。



PermalinkComments(0)

2020年06月12日

九州王国7月号(2020年)発売です!

IMG_5378



大特集は「神さまたちのいるところ〜日本書紀編纂1300年の宮崎へ〜

今気づいたんですけど、このタイトル、たぶん「かいじゅうたちのいるところ」へのオマージュですね。担当・ミカが好きな絵本なので。(おそらく。本人に確認はとっていません)

ミカは日本書紀も大好きでして(古事記も)、嬉々として特集を作っておりました。
人間臭い神様たちが好きみたいです。
今号でも、夫婦喧嘩したり、兄弟喧嘩したり、スネたり、怒ったり、神様たち大騒動してます。
夫婦喧嘩したあげくに人間に寿命が作られてるんだから、たまったもんじゃありません。
我々を喧嘩の道具に使わないでください…。
あとは、姉妹のうち美人ってだけで妹を結婚相手に選んだ神は永遠の命をはく奪されちゃったり。
なんだか、神様を身近に感じられる特集になっています


第二特集は「手紙、想いを綴る言葉たち
時の為政者が書いた史料は、得てして勝者の都合がいいように書かれているもの。
対して、一人称の手紙にこそ、忖度のない事実が書かれているのでは…という視点から、さまざまな時代の、「九州から書かれた手紙」と「九州に届けられた手紙」の2種類に絞ってまとめました。
天草四郎、シーボルト、一ノ瀬泰三…意外な人の意外な一面が、手紙によって判明しています。
個人的には、一ノ瀬泰三の大親友が、わが編集部が非常にお世話になっているあの方だとは思いもしませんでした。取材中に判明して、ステイホーム中の編集部全員が、スカイプで大騒ぎしました。(各自宅で)。


読み応えのある2本立てです!
梅雨の合間にご高覧くださいませ。


PermalinkComments(0)

2020年05月14日

月刊九州王国6月号(2020)、発売です!

IMG_5309


大特集は「偉人が愛した九州の名湯」。
九州の元祖・温泉ソムリエといえば、ご存知西郷どん。
無類の温泉好きで、特に南九州の温泉地網羅っぷりはすごいです。
今回は西郷どんにご登場いただき(ノーギャラ)、主に鹿児島方面の秘湯名湯のご紹介をしていただきました。トモミン画伯による、「せごどん、入浴シーン」もあります。マニア必見。
その他、偉人や文化人などが愛した九州の温泉を一挙にご紹介しています。
読むだけでも面白いし、県境越えてもよくなったらぜひ浸かりに行っていただきたいです!


第二特集は「茶の国・九州を生んだのは、誰?
静岡方面の皆さまには申し訳ないのですが、相変わらず九州大好き人間たちで作っている雑誌なので、今回も「日本を代表するお茶の名産地、九州ーーー!」というブレないスタンスで作っております。
だって、栄西が最初に茶を持ち帰ったのも九州だし〜、売茶翁っていう煎茶の中興の祖も佐賀出身だし〜、何より嬉野・八女・知覧…と銘茶産地オンパレードだし!
ということで、「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山…」という全方向全エリアをまるっと無視して、「ノーノー、九州こそナンバーワン!」というお茶特集を作り上げました。
ただし根拠もなく声を上げているわけではなく、ものすごく歴史に裏打ちされた根拠がありますので、ぜひ全国銘茶エリアの皆さまもご一読ください(怒らないでね


創業以来、初めて全リモートワークで作った一冊です。
取材もスカイプ&ズーム&電話で、ほぼ行いました。
いつもより苦労した面もありますが、クオリティは落としていない自信があります。
ぜひ一人でも多くの皆さまにご高覧いただけると幸いです!




PermalinkComments(0)

2020年04月14日

九州王国5月号(2020)発売です!

表紙


表紙画像は3か月前くらいにいつも、カメラマンの先生とどれにするか相談して決めているのですが、当初5月号用に決めていた画像がクール&かっこいいものだったので、急遽変更しました。
温かくて明るい表紙に。
こんな時だからこそ、家に九州王国があるだけで華やかな気分になっていただけたらと
そんな願いを込めた、ピンク&ブルースカイの表紙がまぶしい5月号が上がってきました。



第一特集は「日本のアンデルセン 久留島武彦」。

大分自動車道を鳥栖JCTから大分方面に走ると玖珠インター手前の左側に、大きな鬼のオブジェがあるのをご存知ですか?
たぶん多くの九州の皆さまにはおなじみだと思うのですが、あの鬼があそこに立っている理由が、今回の特集の主役、久留島武彦先生にあるのです。

日本のアンデルセンと呼ばれた、児童教育の先駆者・久留島武彦が生まれ育ったのが玖珠町。
それを受けて玖珠町は「童話の里」として町おこしをしています。
今回は久留島武彦の生涯を追い、玖珠町で現在どのように久留島の遺志が子どもたちに受け継がれているのか、記念館の案内や、道の駅で楽しめる童話グッズのあれこれなど、盛りだくさんでご紹介しています。
久留島童話も一話まるっと掲載していますので、外に出られない日はお子さんと一緒に読んでいただいても楽しめる一冊になっているかと。
のびのび外出できるようになったらぜひ、玖珠町へ行ってみてください。


第二特集は「鹿屋・海の学び舎へようこそ

鹿児島県鹿屋市にある、海のそばにある廃校を利用してつくられた素晴らしい施設をご紹介しています。校長室がスイートルームだったり、給食室でおしゃれカフェ飯が食べられたりと、学校部分をうまくそのまま使って、ガラリと変貌させています。
宿泊利用できるので、ファミリーや社員旅行にも最適!
「校庭で花火しながらビール飲みたいよねー」と編集部では話していました。あの頃できなかった背徳の遊び(=校庭でビール)を思う存分してみたい



ということで、気分を晴れやかにしてくれる特集2本立てです!
今はじっくり家で本を読んで情報を蓄えて、時期が来たらぜひ飛び出しましょう。




PermalinkComments(0)

2020年04月06日

【重要】月刊はかた・九州王国両編集部からのお知らせです。

現在発売中の月刊はかた4月号、および来週発売になる月刊九州王国5月号について、国からのイベント等の自粛要請を受け、一部掲載内容が変わっている可能性があります。

月刊はかた28−29Pのイベント情報、30−31Pのギャラリー情報、九州王国56Pの舞台お出掛けだより、60−61Pの九州各県イベント情報等は、大幅に掲載内容から変更がなされている可能性があるので、必ずお出かけ前にお電話にてご確認ください。

その他ページについても、大きな変更がある場合がありますので、一度ご確認いただけると幸いです。


月刊はかた・九州王国編集部

PermalinkComments(0)

2020年04月01日

優しすぎる世界…

先月、ヤナッチが次の特集のために他県のある施設の館長を、電話取材しました。

韓国出身の方だったのですが、日本在住歴も長く、その町で重要な施設の館長を務められている女性。当然ですが完璧な日本語で、話も盛り上がり、とてもいい取材をさせていただきました。

そして原稿の校正やりとりが終わった今日。
館長からお礼の著書が送られてきました。「先日はとても楽しかったです、この本も良ければ読んでみてください」と。

その著書に同封されていたのがこちら。





IMG_5151


わかりますか?韓国のマスクを、なんと数枚同封してくださったのです。


なんというお気遣い。
このご時世に、こんな心温まるご配慮をいただき、編集部全体がホワっと優しい空気に包まれました。優しい世界…


優しすぎる(そして美人すぎる)館長は九州王国6月号第一特集でご紹介します。
お人柄がにじみ出る、とてもいいお話を聞くことができたのでぜひご高覧ください。



【余話】
館長は電話だけ聞いて、ヤナッチのイケボから想像してマスクを送ってくださったんだと思いますが、サイズMでした。「Mじゃ両耳、届かねぇー!」と本人嘆いておりました!笑
マスクは編集部の女子たちが大切に使わせていただきます。
ヤナッチにはLサイズを渡しておきます


PermalinkComments(0)

2020年03月26日

連載をまとめた一冊ができました!

IMG_5125


九州王国の連載が一冊になりました。
知ればもっと面白い 三重津海軍所跡

2015年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の構成要素の一つ、三重津海軍所を深堀した一冊です。「そもそも三重津海軍所って何?」から「なんで佐賀藩にこんな重要施設が生まれたの?」まで、いろんな謎がこの一冊で解き明かされます。

連載中も反応がよかった、アハ体験の茂木先生と、元appleデザインエンジニアのダグラス・ウェバーさんの対談もしっかり収録。秀才同士の対談は、読んでるとこちらまで頭がよくなったかのような錯覚に陥ります


佐賀県による発行なので、県内施設の各所で手に入れることができるはず。
ぜひ見かけたら、「九州王国のアレねー!」って手にしていただけると嬉しいです

PermalinkComments(0)

2020年03月13日

九州王国4月号(2020)発売です!

IMG_5099


大特集は「守りの島、結びの地 長崎・対馬」。

国境の島、対馬の特集です。
この島は有史以来、日本の国防を一手に引き受けてきました。
663年の白村江の戦いを機に築城された「金田城」から特集は始まります。
そして13世紀の元寇、秀吉の朝鮮出兵、明治期の日清・日露戦争。
数百年に一度、この島は歴史の大舞台に立ち、日本と大陸の戦いの前線に立ってきました。
その要衝としての役割を、時代ごとに振り返っています。もちろん、現在みられるそれらの遺構とともに。歴史好きの人、必読です。

関係ないけど、「白村江の戦い」って、なんて読みました?
「はくすきのえ」と読んでいたら50代以上みたいです(編集部調べ)。
私はぎりぎり「はくそんこう」世代でした。ちなみに今の若者は「新羅」を「しんら」と読むようで、こちらはバリバリ「しらぎ」世代なので驚きました。教科書も変わるんですねー。
(余談終わり)



第二特集は「やさしい森の伊佐」。
鹿児島県伊佐市が、薬草・野草を主役とした町おこしをしているので、そちらを取材しました。
「薬草が町を元気にする」って、なんだかそのまんまパワーもらえそうでいいですよね。
「どくだみと焼酎で虫よけスプレーを作る」なんていう、ものすごくロハスな提案もしています。

社会が少し落ち着いたら、コロナ疲れを癒しに、やさしい森への旅をお勧めします


PermalinkComments(0)

2020年03月03日

名宿の新スイーツ

嬉野温泉の名宿「和多屋別荘」さんが攻めまくっています。老舗でありながら、どんどんと新しい風を入れており、訪れるたびに新鮮な驚きで出迎えてくれます。
最近だと足湯がすごーくおしゃれに生まれ変わってたり。
ものすごく映えるマカロンが登場してたり。


先日、ミカが練り切りの取材に行ったときに、バエまくりマカロンを買ってきてくれました。




IMG_5041


見てください、この、老舗宿が作ったとは思えない思い切りのよい発色!!
意外な場所で意外な色に出合うと、人はテンションがあがります。
落ち着いた、おしゃれな宿のラウンジでいただく目の覚めるようなマカロン。
しかもこちら、ゴレンジャーみたいな色にもかかわらず、なんと味はすべて本格嬉野茶の味わいなんです。


紫は煎茶、赤は玄米茶…といったふうで、どれもお茶の風味がとてもよく、薫り高いマカロンでした。
ちなみに私がいただいた青は釜炒り茶味。
いただいたあとはこうなりました  ↓ (閲覧注意)








IMG_5043



お目汚し、失礼いたしました。

PermalinkComments(0)

2020年02月14日

九州王国3月号(2020)発売です!

IMG_4801


大特集は「〜いちき串木野、薩摩川内をゆく〜 薩摩ステューデントが見た夢」。

タイトル長いので「さつステュ」と略していただいて結構です。
内容も濃くてですね〜〜。明治維新直前に欧州に渡って、いろんな見識を深めた薩摩の若者のお話です。
彼らが帰ってきて、近代日本のさまざまな礎を作り上げるのです。
学校制服や修学旅行といった教育の基礎を築き上げた若者、電信を導入して日本の情報化社会をスタートさせた若者、日本初の博物館を作った若者、ビールの父、ワイン王…エトセトラエトセトラ。それはそれはもう、とんでもない功績をあげた19名の若者が、全て薩摩から旅立っているのです。すごいことでしょ。
周辺観光スポットも一緒にご紹介しているので、若武者たちに想いを馳せながら、美味しいまぐろや豆富もご堪能ください。


第二特集は「初めての沖縄、バス旅!

沖縄に着くと、まず皆さんレンタカーカウンターに行きますよね?
今回はあえての、「ノーレンタカー」の旅の提案です。
電車がない沖縄で、公共交通機関だけで遊び倒してみよう!という特集。
実際に無免許のシエルが現地入りして、いろんな手段で北から南まで取材しまくっていますが、バスだけでこんなに楽しめるんだーと、私も驚きました。
いつもハンドルキーパーをお願いしてしまう友人にも申し訳ないので、次回の沖縄はバス旅で飲みまくるのも良いな〜〜



今月も盛りだくさんです!ぜひご高覧くださいませ。



PermalinkComments(0)