九州王国

2019年01月11日

九州王国2月号(2019)発売です!

IMG_1712


ものすごく幻想的な表紙の2月号があがってきました。
「これ、絵?」「海草?」「枝?」と芸術を理解しない編集部の面々は好き勝手なことを言ってましたが、なんと、砂です。白砂の波紋です。素敵〜〜〜

今月の大特集は「武雄、百器繚乱の地を訪ねて」。
ヤナッチリーダーの特集です。
当初、相変わらずモッサイ…なんかイマイチのタイトルを付けていたのですが、本文リードの中に「百器繚乱の〜〜」と書いてあり、「これいいじゃん!こっちタイトルにしなよ!!」とごり押しして変更致しました。
いい言葉を思いつくのに、それに気づかないという、謙虚な才能を持っております…。


有田焼、唐津焼、伊万里焼等々に囲まれた地で、非常に稀有な歴史を持つ武雄の焼き物特集です。
武雄って温泉のイメージが強いですが、面白い焼き物の地でもあるんですよ。


第二特集は「空から海から九十九島」。
県外からの友人が来た時に、私が高い確率で連れて行くのがこの九十九島。
絶景にほとんどの友が喜んでくれます。
今回は、プロカメラマンがお勧めする撮影スポットからクルーズの楽しみ方まで、さまざまな切り口でご紹介しています。
この時期は「九十九島かき食うカキ祭り」も外せないですね!(2月中の土日開催)


冬も精力的に、九州王国を片手に九州中を旅して楽しんでくださいね




PermalinkComments(0)

2018年12月14日

九州王国2019年最初の1月号が上がってきました!

ここ最近では久々にバズったのが12月3日のブログ

一体何の検索ワードでここに辿りつくのかわかりませんが、結構な数のPVをいただいております。
この時の血と汗と涙と爆笑の取材が詰まった号が、本日上がってきました。
九州王国2018年最後の発売で、2019年最初の発行号「1月号」です!

IMG_1627


あ、誤解のないよう言っておきますが、本誌に「爆笑」は含まれておりません。いつも通り至って真面目です。
この人たち、こんなに真面目そうな特集作っておきながら、裏では「阿吽ポーズ」とか研究してたのか…と半笑いで読んでいただきたのが大特集「幸を呼ぶ鬼の郷、大分・国東」。
うちの編集部、国東半島が大好きなんですけど(神秘的すぎるし、おおらかすぎる精神性が好き!)、今月の特集内でも、鬼が接待を受けたり、鬼がお餅を無理やり口に突っ込まれたりと、他の土地の鬼とは全く違う扱われ方をしています。
本当に興味深い土地。


第二特集は、この人たちこんなに真面目そうな特集作っておきながら、裏では晩白柚かぶって楽しんでたよね…と思いだしながら読んでいただきたい「八代、冬に実る不思議な実」。
晩白柚愛とトマト愛に満ちた、渾身の特集です。


新年早々、いい特集号が仕上がりました。
ぜひ年末年始にこたつの中で、ゆーっくりご高覧ください



PermalinkComments(0)

2018年11月27日

九州王国10年分を4分で振り返る!

先日、ソニーの企画でお世話になっているカメラマンチームの皆様が、勝手に九州王国100号分の表紙を4分弱の映像にまとめて、勝手にyoutubeにアップしてくださいました!勝手に!





「勝手に作っちゃったんですけど、UPして大丈夫ですか?」とご連絡いただいたのですが、超ウェルカムです!!!ダメなわけない!!勝手、大歓迎!
表紙を映像で眺めるだけで楽しめる雑誌なんて、他にあります??
表紙だけで九州のすばらしさが伝わる雑誌なんて、九州王国以外にあります〜〜ぅ??

全ては巨匠・三苫大先生の作品のおかげなんですけど、4分弱で九州をぐるっと旅した気分にさせてくれます。
願わくば、特集タイトル部分も切れずに編集してくださると尚嬉しいです


PermalinkComments(0)

2018年11月26日

苔むす森で、デトックスの旅

DSC03476 (1)


この連休は10年ぶり(?)3度目の屋久島へ、行ってきました。
九州王国で「やくしまに暮らして」を連載してくださっている、大野睦さんに案内してもらい、初めて(か久々かよく覚えてないけど)の、白谷雲水峡へ。
「縄文杉にする?森リクエスト、どこでもいいよ〜」と言っていただいたのですが、10年ぶりにトレッキングシューズを引っ張り出したレベルの私に合わせてもらい、初級者コースである白谷雲水峡に決定。
それでも往復6時間、筋肉痛と膝の心地よい痛み付きの、素晴らしい森トレッキングでした。

DSC03460 (1)



DSC03496


屋久島は本当に「苔むす森」で、世界中どこに行っても見られない独特の景色がある、素晴らしい島です。久しぶりに行って、改めて心の底から浄化されました。
3歩に1回、写真撮りたくなるような場所ばかり。

IMG_1488


スギとヤクスギの見分け方とか、やっぱりプロガイドと森を歩くと視点が違って面白い。
今回は全くお仕事ではなく、完全にプライベートで行ったのですが(居酒屋で大野さんのキープしてる三岳をいただきまくったくらい、完全プライベート・笑)、屋久島特集したいー!ってお仕事モードもむくむく湧いてきました。
本当に九州が誇る、日本が誇る、素晴らしい島です。
ジブリの皆さんがここに惚れ込んだのもよくわかる。

福岡からの直行便が往復ともにお昼前後にしかないので、実質3連休でも丸2日しかいられないのですが、それでも充実した濃密な2日間でした。
心と体が疲れている方、屋久島デトックスの旅、超おすすめです。

IMG_1494


それにしても「68階」って…「初級コース」と思って舐めてたら痛い目に遭いますよ…(←私)。

PermalinkComments(0)

2018年11月14日

今年最後の九州王国、出ました!

IMG_1368


2018年最後となる九州王国12月号が、本日あがってきました。
大特集は「海を渡った薩摩のサムライ」。
今年4度目の薩摩特集です。大河ドラマもいよいよ佳境に入ってきたこのタイミングで、ダメ押しとゴリ押しの最後の薩摩(笑)。これが終わったらもうしばらく薩摩から離れますので(燃え尽き症候群)、読者の皆様も最後の薩摩を余韻までたーんとお楽しみください。

とはいえ、今回の切り口はまた斬新なのです。
ドラマでもちょうど弟・従道と息子・菊次郎が海を渡りましたが、当の本人である西郷どんはなぜ海外に行かなかったのか。その謎に迫る特集です。
そして薩摩ステューデントと呼ばれる渡来組は、帰国後、日本にどんな影響を及ぼしたのか。
鉄道や図書館&博物館など、いろ〜〜んな影響をその後の日本に残しているのですが、個人的にはビールの国内製造を始めた村橋久成さんと、アメリカでワイン王となった長澤鼎さんの恩恵を一番受けている気がします…。


第二特集は「壱岐焼酎、世界が認めた島の一献」。
ボルドーやコニャックのように、原産地呼称が認められているのが九州が誇る麦焼酎「壱岐焼酎」。
実は私、今回まで知らなかったんですけど、壱岐焼酎は「大麦&米麹」で造られているもののみなんだそうです。他地域では「麦麹」を使うところもあるそうですが、壱岐焼酎は米麹のみ。清酒造りの歴史が活かされた結果だそうです。
そう思って飲むと、やっぱりおいしい気がします。(知らずに飲んでたときも美味しかった気もします…。)
全蔵元に、「うちの酒に合う一品」を壱岐島内から見つけてきてもらいました。
いますぐジェットフォイルに乗りたくなるくらい、美味しそうな島の味が目白押しですよ。



PermalinkComments(0)

2018年11月13日

九州王国展@SONY STORE 始まりました!

ソニーストア福岡天神にて、本日より「Behind the picture 九州王国写真展」が始まりました!

IMG_1362


今回も誌面掲載作品をはじめ、未発表のすっばらしい作品が目白押し。
プロの技と、ソニーの技術力によって生み出された「モニター越しの写真展」は圧巻です。
紙焼きもいいんですけど、4Kに映し出される作品がもう、この世のものとは思えないほど美しいのです。

IMG_1365


全て九州の風景なのですが、九州に住んでいる我々が信じられないくらい。
「これ、九州ですか?」「これ、どこですか?」の応酬でした。
まるでハリポタかファンタビの世界のような、ファンタジー感満載の大自然にうっとり。

IMG_1367


今日、会場にいらっしゃった先生たち。九州を代表する、二大「ファインダーの魔術師」です。
今日来られてない先生たちには会えなかったんですけど、その代わりうちの元スタッフがふらりと立ち寄ってくれたりして、感動の再会を果たしました。
「ボヘミアン・ラプソディ」を観た帰りだそうで、なかなかヘビー&アートな休日を過ごしているようで何より

開催は19日(月)まで。
17日(土)14時〜は先生方による爆笑トークショーも予定されていますよ〜〜



PermalinkComments(0)

2018年11月12日

雲仙でも月刊はかた&九州王国に出合えます♪

IMG_1273


週末は雲仙に紅葉狩りに行ってきました。仁田峠付近はすでに終わってましたが、雲仙温泉界隈は見ごろでしたよ。

IMG_1300


そして雲仙でもわが子を見つけちゃいました!
あら、こんな遠くまで旅に出たのね〜〜しかもおしゃれなところに置いてもらってるのね〜。

IMG_1299


置いてあったのは、ご存知雲仙の超名店「雲か山か」雲仙店。
ご挨拶しようと思ってたのに、ものすごいお客様の数で、買うだけで精いっぱいでした。人気店だなぁ。星野リゾートが「界」をオープン予定している場所がこのすぐそばなので、ますます人が増えそうです。皆さん、雲仙に来たら養々麺と月刊はかたをセットでお忘れなく。「雲仙でなぜ、はかた?」とか言わないの!


そして来月からは、いよいよ雲仙観光ホテルさんでも九州王国が読めるようになります!
雲仙を代表する素晴らしいホテル。
雲仙で月刊はかたと九州王国、どちらにも出会えるようになるなんて嬉しすぎーー


IMG_1343


ちなみにたまたまこの週末、島原ではジオマルシェが開催されてました。
今年の九州王国5月号で春のジオマルシェを紹介して以来、気になってたんですよね。
ベストタイミング〜〜〜
ここで手焼きちくわにチャレンジしたんですけど、ちくわを焼くのにに30分もかかることを知らずに、手軽に始めて若干後悔しました…

PermalinkComments(0)

2018年11月08日

偉人ですが…。

11月号から九州王国では大分の人気酒蔵「西の関」さんの広告企画が始まっています。
「西の関」とベストマッチする料理店を、九州各県からご紹介していくという内容。
次号12月号で紹介するお店の写真がなんとも美味しそうで、先日撮影協力へのお礼も兼ねて行ってきました。

IMG_1259


酔っぱらった私のiPhone写真ではこれっぽっちも良さが伝わらないと思うので、ぜひ九州王国12月号(11月15日発売)を楽しみにお待ちください。お店の良さが詰め込まれた一枚になっています。さすが、巨匠。


お店の方といろいろ話すなかで、超面白かったエピソードが。
坂本龍馬をコンセプトにした内装で、店内にも写真などが飾られているのですが、この龍馬の肖像画を見て、若い女性のお客様が一言。

IMG_1259


「あ、これって、大将のおじい様か誰かの写真ですか?」


と言われたそうでっ!!!!驚愕!!!

もはやゆとり教育では坂本龍馬は省かれてしまっているのか…っていうか、「おじい様」って想像の斜め上(笑)。確かに大将、ワイルドな感じで、ちょっと脱藩浪士っぽかったような…


九州の歴史を九州の皆様に興味を持っていただくためにも、「九州王国」はまだまだ一生懸命頑張らなくてはいけないなーと痛感致しました

PermalinkComments(0)

2018年11月05日

今年最後の九州王国を制作中。

IMG_1242


スタッフの机の上に置かれていた小瓶。
左から、糸さん、大久保さん、西郷さん、ツンさん。
なんとこの4瓶、縦に重ねられるそうです。かわいい〜〜。

ということで、机には焼酎、冷蔵庫には飲みかけのワインボトルが入っているというアル中編集部ですが、今年最後の特集を現在作っております。
本日下版日でした。
そしてこの画像を見てお気づきの通り、またあの特集です。しつこい??

いえいえ、今回はまたガラリと趣向を変えた「あの」特集なので、これまで堪能していただいた皆様にもきっと喜んでいただけるはず。
ってことで、きばれ〜〜チェスト!私たち!


PermalinkComments(0)

2018年10月30日

これはやっぱり「観ずには死なさん!」

九州王国に好評連載中の映画コラム「観ずには死なさん!!」。

書いてくださっているのは人気作家の西村健さん。
とっても面白くてチャーミングな西村さんのことは大好きなんですけど(彼の作品も好きなんですけど)、西村さんとはどうも映画の趣味が合わなくて(笑)、毎度連載で紹介してくれる作品には食指が動きませんでした(ひどいカミングアウト…

しかし、しかーし、次号12月号でご紹介くださった作品は久しぶり(失礼…)に「観てみたい!」と思ったのです。それがこちらの作品↓

IMG_1239


邦題「素晴らしき哉、人生!」。
なんと70年以上前、終戦後すぐに作られた映画です。(アメリカが豊か過ぎて、戦勝国の余裕を感じます)。

一見ファンタジーテイストですが、実はとてもリアルで普遍的なこの世界の美しさを描いています。
平凡な、特別じゃなく思える人の一生も、一生懸命に生きていたら誰かの役には絶対に立っているし、自分が蒔いた種はきちんとどこかで芽吹いているんだな、と丁寧に気づかせてくれる佳作でした。最後の15分、蒔いた種が花開きまくってスカッとするのでお見逃しなく!

クリスマス前に、ぜひ大切な人とご覧になることをおすすめします。
その前に九州王国12月号で、映画評を読んでからご覧ください(笑)。

西村さん、やっと気が合う一本が見つかって嬉しいです〜〜


PermalinkComments(0)