新刊出版情報

2019年07月12日

九州王国8月号(2019)発売です!

IMG_3595


夏の美しさを凝縮したような、素晴らしい表紙の8月号が上がってきました!
宮古島の与那覇前浜ビーチですが、巨匠カメラマンがこれを撮ってくれたとき、隣にいたので私も携帯で同じ風景を撮りました。でも全然違う。水面の揺らぐ感じとか、空と海の境目のブルーとか、全っ然違うんです。カメラマンって本当にすごいわぁ〜。ぜひ皆さんも巨匠の作品を、お手元でご確認ください。(買ってね → こちらから)



今月の大特集は、やっと、やっとこれが実現しました!
作家・西村健とゆく 團琢磨と大牟田の宝」。

代表作「光陰の刃」で團を書いた西村さんに以前大牟田を案内していただいたとき、「西村さんが案内する大牟田って特集したら絶対面白いはず!」とヤナッチと話しておりました。
それが実現した特集です。
やっぱりめちゃめちゃディープで他に類を見ない特集になりました。
世界遺産の街でもありますが、それ以上に明治から昭和の日本の経済成長を体現してきた大牟田。「炭都」と呼ばれた理由がわかる、大牟田の魅力がギュッと詰まった特集です。


第二特集は「長崎・壱岐 海がくれた贈り物」。

これまたびっくりなんですけど、壱岐って日本有数の真珠の産地ってご存知でしたー?
私は不勉強にて全く知らず。「壱岐といえば雲丹」としか思っていなかった、食いしん坊万歳です。(←懐かしい)

そして壱岐のウニが、ものすごい意外なものを食べて育ちつつある、超珍しい養殖事情も取材しました。
え、ウニってあれ食べて育つの!?ベジタリアンなの!!?
…と、驚くこと間違いなしです。



大牟田と壱岐、どちらも夏の旅先にぴったりですよ〜〜




PermalinkComments(0)

2019年07月01日

月刊はかた7月号、発売です!

IMG_3497


特集は「美と健康の『夏の麺』」。

なんかうちっぽくないタイトルですが、珍しく「美と健康」なんて気遣ってみました。
先週金曜のブログで美にも健康にもほど遠いことが判明したばかりですが。

うちっぽいのは、特集の巻頭読み物。
普通に美味しい夏の麺メニューだけをご紹介するような情報誌じゃないですよ〜
なんと、博多は実は素麺どころだったという歴史的な記述に迫っています。素麺の起源にも由来がある街なのです。いかにも我々が好きそうな話…毎度おなじみの聖一国師が今回も登場しまーす!

あとはやっぱり、この街で食べられる夏の厳選麺のご紹介。
超名店の冷麺から、からすみ入りうどんやら、おしゃれつけ麺やら、スーパー冷製パスタまで。

夏はやっぱり麺が美味しいですよね!
ぜひ月刊はかた片手に、一つずつ制覇していただきたいです




PermalinkComments(0)

2019年06月14日

九州王国7月号(2019)発売です!

IMG_3481


ポン、と音が聞こえてきそうなほど見事な蓮の表紙の7月号が上がってきました。
表紙と、裏表紙(如水庵さんの広告)と、表2(表紙の裏・博多座さんの広告)が全て同じ色合いでリンクした、奇跡の号です。

大特集は「いざ、万葉の世界へ

令和の出典となった万葉集は、みなさんご存知の通り九州にゆかり深い歌集。
太宰府だけでなく、九州各地で詠まれた歌も数多く収められています。
千年経っても、人の世の常は変わらないんだなーと、歌を読んでいると思います。
大伴旅人の歌で「賢いふりしてお酒を飲まない奴なんて、サルみたいなもんだ!」とかものすごい暴言を吐いているものもあり、編集部酒飲み姉さんたちは「わかってるね〜旅人!」と共感しきりでした。お酒飲まない人のほうこそ、お酒飲んで電車に携帯忘れたり、頭ぶつけたりしている我々を見てそう思ってそうですけどね…(あ、携帯忘れたのも頭ぶつけたのも、どっちもサオリンだった!ごめん!!


第二特集は「近代建築の美は唐津にあり
炭鉱あり、鯨御殿あり、と明治期に栄えた唐津は、美しい近代建築が残る街でもあります。
あの辰野金吾の出身地でもありますし。(←東京駅作った人!)
唐津の近代建築の足跡をたどってみました。


今月号はなんだか賢くなれそうな特集2本立てです。
好評連載中の、前川清さんの「初フェス体験談」もめっちゃ面白いですよー。





PermalinkComments(0)

2019年05月31日

月刊はかた6月号(2019)発売です!

IMG_3436


特集は「川端今昔ものがたり」。

博多の町の中心地ともいえる「川端」エリアをふか〜〜〜く掘り下げた特集です。
江戸から昭和まで、商都・博多の中心地であったこのエリア。
今もリバレイン&博多座という新たなシンボルを得て、文化的に面白い街を形成していますが、その歴史をさかのぼるとなんと道真公にまでたどり着きます。
福岡はほんと、なんでもかんでも道真公が絡んでいて面白い。道真が姿を映せば「鏡天満宮」として祀られ、道真が友綱を輪に敷いて宴会すれば「綱敷天満宮」として祀られ、うかうかと鏡に映ったり宴会したりもできないわけです。

そこから昭和までを一気に駆け抜けました。
若い世代には「え?リバレインからオークラまでって、商店街だったの?」と初めて知る歴史&知識も多いはず。

アラナイン(アラウンド90代!とは思えないほど若い!!)のお二人による元気対談もありますので、懐かしむもよし、新たな知識を得るもよし、老若男女でお楽しみください

PermalinkComments(0)

2019年05月14日

九州王国6月号(2019)発売です!

IMG_3362


思わず「カンパネルラ〜」と叫んでしまいそうな表紙の6月号が上がってきました。
梅雨空が続く6月に、しばらくは九州王国で美しい星空を楽しんでおいてね、という想いを込めています。


今月の大特集は「九州往還、ザビエルの道」。
弊誌に登場回数の多いザビエルさんですが、意外にもザビエルさん主役の特集は初めてです。
満を持しての、九州中のザビエルを追った特集。薩摩や大分はもちろん、意外なところで福岡でのザビエルなど、珍しい話も盛りだくさん。(←ちょっと福岡の話はセンセーショナルです)
そして、日本人初の枢機卿となられた前田枢機卿も九州のご出身ということで、インタビューをさせていただきました。今月も、濃いです。「ザビエルさんとは教科書以来会ってません」という方にこそ、ぜひいろんなザビエル像を知っていただきたいです。


第二特集は「北里博士のふるさと」。
「のっかるの、早すぎね??」と思われることは承知!先刻承知でごわす!
いいんです。のっかるにふさわしい方ですから。
新たな千円札となる北里柴三郎先生の故郷、熊本県小国町を取材しました。このエリアは自然も素晴らしいですが、温泉宿もいいところが多くて、一泊で訪れることをお勧めします。
個人的には42Pで紹介した、ケーブルカーで露天風呂に向かうお宿に興味津々です。面白そう



ということで、知識欲も観光欲もこれ一冊で満たしてください

PermalinkComments(0)

2019年04月26日

月刊はかた5月号(2019)出来ました!

IMG_2567


今月の特集は「まちなか動物園にでかけよう。

福岡って住んでると気が付かないかもしれませんが、まちなかに動物の像が非常に多い町なんです。
大丸や西鉄グランドホテル付近などのアニマルたちについては認識している方も多いかもしれませんが、百道とか実はものすごいアニマルエリア。
GWにはお子さんたちと一緒に、こういったアニマル巡りをするのも楽しそうですね
ちなみにGW進行で殺伐としていた編集部を癒してくれたのは、16Pで舌をペロリと出しているあの動物です。かわいすぎて、仕事が手に付かなかったです(←GW進行って言ってるのに…)


そしていよいよ、月刊はかたにもこの文字が…。

IMG_2568


令和元年五月一日号です!!

発表から1か月、まだ使ってないわりには既になんとなくしっくり来ている新元号。
昭和63年に創刊した月刊はかたも、3つめの時代に突入です〜〜〜



編集部は明日より暦通り10連休となりますので、
お問合せ等は5月7日10時以降にお願い致します。



PermalinkComments(0)

2019年04月12日

九州王国5月号(2019)発売です!

IMG_2518


大特集は「いだてん、熊本・玉名を走る」。
九州王国恒例の、大河ドラマ乗っかり特集です
なんかここ最近、九州舞台が多い気がするんですけど。のっかりまくっている気がするんですけど、気のせい?

韋駄天こと、金栗四三さんの地元密着特集です。金栗さんの隣に住んでた人とか、母校の後輩とか、地元誌だからこそのローカルネタ満載です。それでいてオリンピアン・君原健二さんのインタビューもあったりして、なかなかの充実度。
大河をご覧になっている人もそうでない人も、楽しめる特集になっていると思います!

私は宮藤官九郎さんが好きなので、今回の大河ドラマを楽しんで観ている一人なのですが、視聴率は苦戦しているみたいですね。中村勘九郎さんも素敵なのになー。あ、今月号の「マイフェイバリット九州王国」では中村勘九郎さんにもご登場いただいています!
まるっと大河号ですね


第二特集は「大分、西洋音楽始まりの場所」。
西洋音楽が日本で最初に根付いた土地は、大分だってご存知でしたか?
やっぱりあの人が関係しているのです。大分といえば、あの人ですよ。


ということで、今月も盛りだくさんの一冊。
ぜひGWに九州を訪れる予定の方にも、じっくりとご高覧いただけると幸いです。


ちなみに、このブログは予約投稿で毎日1830にUPするようにしているのですが(あ、毎日はできてない。ごめんなさい)、本日のその時間は「月刊はかた&九州王国交流会」を開催中の予定です。
名店に小松政夫さんをはじめ、連載作家さんや百選会加盟店さんにお集まりいただき、楽しい春の宴を催している最中のはず。
その模様は週明けお伝え致しますね



PermalinkComments(0)

2019年03月29日

月刊はかた4月号(2019)発売です!

IMG_2414


ウキウキしちゃいそうな表紙の4月号が上がってきました!
今月の特集は「あの名物のルーツを訪ねて」。

博多織、博多うどん、梅が枝餅…といった福岡を代表する名物たちの始まりの物語から、観光客の皆さんにもおなじみの福岡を代表するあの名菓たちの誕生秘話、明太子の派生形名物、「博多前って何?」に至るまで、「福博の名物のはじまりどころ」を一気にずらりとご紹介しました。

春休みにこの街を訪れる観光客の皆様や、4月から新しく福岡に引っ越してきた方々に特に読んでいただきたい特集です。もちろん福岡生まれ&福岡育ちのあなたにも、目からウロコの話がきっとあるはず!

ぜひ桜の木の下で、のんびりとご高覧くださいませ

PermalinkComments(0)

2019年03月27日

新刊発売イベント@蔦屋書店

一昨日は23時まで空腹に耐え、昨日は往復400キロ&5時間ドライブを敢行。
二日間で1.5キロ痩せました。激務ダイエット、成功

…って全く喜ばしくないダイエット方法なのですが、お仕事自体は両日ともとても有意義で楽しかったです。

まず一昨日は、おしゃれ本屋の代名詞・六本松421の蔦屋書店にて、トークショーをさせていただきました。

IMG_2945


こぢんまりとした規模ながら、お話が抜群にうまい(私以外の)登壇者のお二人と、熱量のある参加者の皆様のおかげでとても温かいイベントになりました。
みんな揃って、「いろいろ大変なこともあるけど、仕事は猛烈に楽しい!」という方々ばかりだったので、話が前向きで面白かったです。
気づけば私の周り、いろんな業種の人がいるものの、みんな基本的に「仕事が楽しい」って人ばかりだなーと改めて思いました。
無意識にそういう人たちって集まってしまうのかしら…。


結果的に(いつも通り)私はたいして役に立ってなかったんですけど、面白い話を間近でたくさん聞けて有意義でした

IMG_2407


この本を売るのが目的だったにも関わらず、売り込みをほぼ忘れてしまってすみません…(本業…




便宜上アマゾンリンクを貼ってしまいましたが、ぜひ書店(願わくば蔦屋書店)でお求めくださーい。


PermalinkComments(0)

2019年03月14日

九州王国4月号(2019)発売です!

IMG_2233


春爛漫な表紙の4月号が上がってきました!

大特集は「熊本の四賢婦人」。

熊本の八嶋家という家に生まれた4人の姉妹。
同じ家で育った4人が4人とも、すごい功績を残しているのです。
あの日本の名門女子校の初代院長だったり、婦人解放運動を牽引したり、あの人の奥さんだったり、あの兄弟の母だったり。
最初に企画案を見たときには「これはタイトル、『若草物語 in KUMAMOTO』だね!」と思ったのですが、そうできなかったのは、実は4姉妹ではなく6姉妹のうちの4人だったから。しかもお兄ちゃんまでいたりして(兄妹多いっ!笑)。

正しくは「大家族の中の4姉妹」なのですが、それでもその4人がすべて伝記レベルってすごい姉妹ですよね。正直、お兄ちゃんと長女&次女の人生も気になるところですが、三女以降の輝かしい姉妹の功績を、ぜひ読んでみてください。
あの時代(九州がバリバリ男尊女卑だった時代)に、こんな姉妹がいたのか!と驚きまくりの特集です。


第二特集は「極辛の都・イサーンを旅する」。
このときの取材が、この特集になりました。

私の周りにも「辛いもの好き」が多いですが、そんな激辛好きの皆さんにおすすめしたい聖地がタイ東北部にあります。
取材中もひたすら辛くて、頭皮から汗が出るレベルでしたが、どれもこれも「辛い」だけじゃなくて「旨い」んです。ものすごく。
タイリピーターの皆さんにこそ、ぜひ次のタイ旅行の候補地にしていただきたいのが、イサーン。極辛の都を堪能してきてください。

ということで今月も、てんこ盛りでお届けします!
「薄いのに 内容濃いよね 九州王国」(字余り)



PermalinkComments(0)