取材裏話

2018年05月17日

九州の夏遊びを、絶賛取材中です!

IMG_0221


昨日、取材に行く前の16:40時点で、なんとこの気温。
今年は本当に春がない年でしたね。一気に真夏です。

そんななか、ミカは昨日今日と1泊で取材旅行に出かけております。
先ほど送られてきた写真がこちら。

IMG_0226


わかるでしょうか?
こちら、ゾーブと呼ばれるニュージーランド発祥のアクティビティで、透明のボールの中に人が入って斜面を転がり落ちるという結構ワイルドな遊びです。
体験者によると「洗濯機の脱水にかけられているような」感覚だそうです。

これ、写真は事前にいただいていたので、「撮影に行かなくても素材揃ってるからいいよ」と言ったら、「何が何でもこれだけは行きます!どんなにスケジュールタイトでも絶対したいです!」と言い張って旅立っていきました。そして送られてきたのがこの写真。

「これ、中に入ってるの誰?」と聞くと、「私です」とのこと。
なんと、自分が転がり落ちる様子を芦北町役場の担当者の方に撮ってもらったのだそうです!どんだけーー!!?


役所のご担当者様、シャッターを押す役目をさせてしまいすみませんでした。
そういえば彼女、滝修行に行ったときも僧侶の方にシャッター押させていたような…被写体、彼女じゃなくても全然いんですけど、どうしても自分の写真が欲しいようです。
各方面の皆さま、毎度シャッター係をお願いしてしまい、申し訳ありません…。


PermalinkComments(0)

2018年05月11日

健脚商売。

IMG_0216


本日の取材先までの道中で撮影した一枚。
こんな美しい田園風景が延々と続き、ドライブとしてはとっても気持ちよかったのですが、「今、トイレに行きたくなったらどうしよう…」と不安になるほどコンビニ一軒ない町でした。

同じ取材先に、数年前ヤナッチも行っていたことが判明。
しかも公共交通機関で行ったというじゃないですか!
「え?どうやって!?一番近い駅でも5キロ以上はありそうだったよ」と言うと、「ええ、そうでしょうね。延々歩きましたから」とケロリ。
この人の脚力、ハンパないです。
どこまでも歩き、どこまでもチャリで行く。すごい。尊敬します。


一日2〜3万歩はザラだという、健脚っぷり。
それだけ歩いてたら脂肪が落ちて、筋肉ムキムキか、ガリガリになりそうなもんだけれども…(以下自粛)。
あ、そうか。裸の大将もよく歩いてたよね、そういえば


「歩くことはダイエットにはならない」らしいことは一人の編集部スタッフによって証明されましたが、「よく歩けば健康にはなる」ことも証明してもらいたいものです。
今年の健康診断、期待してるよ〜〜

PermalinkComments(0)

2018年03月13日

昨日は作家Aさんと作家Bさんの初顔合わせをしました。
絶対気が合いそうだし、お互いのお仕事にもプラスになりそうだと私が勝手に踏んだので。

結果、ものすごいいろんな話が進み、一気に大きなプロジェクトが加速しそうです。
私は飲みながらお二人の話にチャチャ入れてただけなんですけど。


Aさんのお兄さんとは、私が新入社員時代に北海道で非常にお世話になり、
そのお兄さんの大学の同級生と3年前くらいにタイのメディアツアーでご一緒し、
Aさんとお兄さんの共通の知り合いのエライさんにはお仕事で死ぬほどお世話になり、
そのエライさんの部下だった女性とは、今ではマブダチ…という、いやほんと、世界は広くて狭いです。

Bさんは私の高校時代の友人の上司でもあるのですが、ハワイに移住した共通の友人に上記マブダチが会いに行ってたり。二人に面識はないのですが、二人とも私の友人というだけの理由で。

なんというか、大人になると学生時代と違い、お友達の幅がものすごく広くなります。
どんどん数珠繋ぎに人脈が広がり、あの人とあの人がここで繋がってるの!?みたいなことがめちゃめちゃ多く発生するのが、嬉しいです。

昨日もそうでしたが、やはり本やネットよりもずっとずっと、「人」から教えてもらうことのほうが多いし面白い。
私にとって飲み会は、最高にして最大の「お仕事」です


PermalinkComments(0)

2018年03月12日

ペットボトル作法

DSC00181


本日は博多券番さんの取材に行っていたのですが、取材前に出していただいたお茶がこれで、「やっぱり美人は違うな〜トクホ飲んでるんだな〜日々の心がけがさすがだな〜」と思いながら、「ありがとうございまーす!」とバリバリっとキャップを開けていただこうかと思ったら、「あ!あの!…えっと、これを…」と差し出していただきました。


ストローを。


日本女子たるもの、ペットボトルに直接口を付けて飲むなんて、不作法の極みでございます…。
お恥ずかしい

新入社員の時代、前社長に「ウエダはペットボトルから直接飲むのか!帰国子女だからか!」と不作法を怒られたことを思い出しました。
あれから15年…全く成長していない…

券番さんから学んだ所作を少しは日々の生活に生かしたいと思います。
明日から声が若干小さくなると思いますので、編集部の皆さん、聞き耳を立てておいてください。

PermalinkComments(0)

2018年03月02日

何県でしょう?

IMG_9926



ここ数日、みんなが取材から帰るたびに増えていくお土産。

おてもやん、朝鮮飴、リバテープ…


九州の皆さんにとっては連想ゲームにすらならないほど、明白にあの県ですよね。

そうです、次の九州王国の特集は、九州のへそであるあのエリアです。
ということで、くまもんに癒されながら、鋭意制作中〜〜

PermalinkComments(0)

2018年02月07日

感化。

ここ最近、「お水を飲むと身体にいいよ」という関連の取材をしているため、それ関連の本を読みまくり、権威の先生のお話をお聞きし、実体験の取材をし…というのを繰り返すうちに、完全に「水信者」になりました。
水ってすごい!
水って万能薬!

ということで、現在会う人会う人に「水飲んだ方がいいですよ!」「一日2リットルですよ!」とお伝えしており、今日ミカにとうとう「あ〜いつものウエダさんの『取材ですぐ感化されるパターン』が始まりましたね…」って言われました。


小松さんの本作るとシラケ鳥やら電線音頭が脳内から離れなくなるし、商業施設のパンフ作るとその施設でばっかり延々食べるようになるし、西郷の特集作ると「西郷どんLOVE」になるし。

感化されるって、自分で信じるもの(好きなもの)を全力で仕事にできるということ。
有難いことだと思います!

PermalinkComments(0)

2018年01月25日

超大物インタビュー

先日、20代スタッフ・レイレイが超大物さんにインタビューしてきました。
日本の歌謡界トップ3に間違いなく入る、大物中の大物。
「取材、どうだった??」と興奮気味に先輩たちが尋ねると、「あ、すっごいいい人でしたよ〜〜〜」と至って余裕な発言。

世代的なアレですね。
50代以上だったりすると「目の前にしただけで手が震える」人もいるくらいの方だと思うのですが、彼女的にはおそらく菅田将暉さんとかのほうが手が震えるのでしょう。
「ドキドキ対象」は各世代で違いますもんね。
ちなみにサオリンはモックン、ミヨッシーはヤックンだそうです。
この二人は世代が合致しており、好みははっきり分かれてます。
森口博子さんは、〇〇さんだったそうです。
これは届いたばかりのホヤホヤ原稿に書かれていたので、月刊はかた3月号でお確かめください。


そして今回の大物さんは、九州王国4月号(3月15日発売)でご登場いただく予定です。
さて、誰でしょう〜〜〜お楽しみに


PermalinkComments(0)

2017年12月06日

日本生まれの究極オペラグラス!

IMG_9286


この「カブキグラス」というものを皆さんご存知でしょうか?
ピント調整不要、オートフォーカスで、びっくりするほどよく見えるオペラグラスなんです。

開発をされた方にお話をお聞きしたのですが、会社員としてロシアに駐在していたときに観劇に目覚め、その際「理想のオペラグラスがない」ことに気付き、なんと脱サラして自分で作っちゃったそうで。なんという行動力!!

実際に「ウエダさん、外に出てこれで遠くを見てください」と寒空に連れ出されたのですが、かけてみてびっくり。ありえないくらい、遠くのものが美しく、鮮明に見えるのです。まるで3Dメガネのように。
私は視力だけはめちゃめちゃいいので、観劇時にもオペラグラスを借りることはほとんどないのですが、これなら借りたい。そのくらい驚きの製品でした。
欲しいものが世の中にないのであれば、それはビジネスチャンスなんですね。
「ない」と嘆いたり、妥協することは、ビジネスチャンスを失うだけなんですね!


ちなみに開発したSさんは3ヵ月でロシア語を習得されたそうですが、私は大学で1年間授業を取っていたにも関わらず「はじめまして」「ありがとう」「さようなら」しか覚えていません…。
お会いした翌朝にSさんから「ドブラヤ・ウートラ!」とメールが来たのですが、想像力でおそらく「おはよう」なんだろうな、と推測した次第…よく単位取れたな、私。

旅行先としてのロシアを激しくおすすめされたので、かなり心が動いています。
2018年の夏休みは、ロシアもいいなー


PermalinkComments(0)

2017年12月04日

九州王国の国王は、もしやこの方では…

ただいま編集部は、寝ても覚めても西郷どん。
朝、出社早々「そういえば西郷札がね…」と話だし、ランチから戻ってきたら「西南戦争はさぁ…」と会話が始まり、退社時まで「農本主義だったのって実は…」と話し続ける、まるで「月刊さいごう」編集部です。

というのも、次号の九州王国が西郷さん大特集だから。
大河で演じられる鈴木亮平さんが私の母校の後輩ということで(面識なし。というか、年齢的にかぶってもなし!)、贔屓してのっかったわけではありません。
今回に限らず、龍馬のときも、篤姫のときも、官兵衛のときも、九州が舞台になるときは常に乗っかっているのです!!

今回取材してみて改めてわかったことが3つ。

1 鹿児島の人は、老若男女、必ず「西郷」ではなく「西郷さん」と「さん」を付けて呼ぶ。

学者の人も専門家の人も、「西郷」と呼び捨てにされる人はただの一人もいらっしゃいませんでした。本当に、DNAレベルでの西郷さんに対する畏敬の念を感じます。

2 西郷さんが、魅力的すぎる。

これ、ただの感想なんですけど、知れば知るほど西郷さんって素敵すぎる。偉人の枠を超えて、人として感動するレベルで素晴らしいんです。完全に惚れます。


3 江戸楽スタッフの写真フォルダに、西郷さんが入りすぎている。


「上野の西郷像をもし撮ってたら、貸してもらえませんか〜?」と江戸楽チームに軽く聞いたところ、「私も!」「私も!」とみんな「マイ西郷フォト」を持ち合わせており、その所持率の高さにびっくり。しかもその日の午後には「今、上野なので今日の西郷どんを撮りました」と「リアルタイム西郷」まで送ってくれ、いきなり西郷フォトフォルダが大充実しました。
有難い。おかげで、「朝の西郷」「夏の西郷」「裏からの西郷」等々、いろんな西郷どんを手に入れることができました。協力に感謝!


ということで、大河の予習としても最適な西郷どん特集を鋭意制作中。
12月15日発売、ご期待ください〜〜〜

IMG_9281
おやつはもちろん、西郷せんべい





PermalinkComments(0)

2017年12月01日

ミサイル&平昌&取材中!

福岡の皆さま、今朝のミサイル訓練Jアラートはビビりましたね。
弊社は10時から朝礼なのですが、朝礼とともに会社中に鳴り響き、「あーそうだった、今日だったね、忘れてたね」と平静を取り戻した朝礼中の5分後に、油断していたタイミングでもう一度鳴り響き。

先日ミサイルがほんとに発射された日から、ミカが平昌の取材に旅立っているので、いつもより敏感なのかもしれません。「ギャー!」と声を上げそうなくらい、ビビりました。

実際に38度線近くで取材するミカはきっともっとビビっているはず。
「大丈夫かな、不安がってないかな…」と心配するこちらの親心を悟ったかのように、取材中の写真が送られてきました。


IMG_9283


うん、大丈夫。全然不安がってない模様。
むしろ仕事しているのかが不安になるレベル。


ということで、直前オリンピック情報を総力取材しています(…のはずです)。
九州王国2月号をお楽しみに〜〜


PermalinkComments(0)