編集部の日常

2017年04月26日

神に選ばれし…

本日、お昼にお弁当を食べていたミカが、
おにぎりを割ろうとした瞬間に、
硬いおにぎりの圧で割りばしが真ん中から折れ、
その衝撃でおにぎりの具にはいっていた塩昆布がミカの胸あたりに飛んで張り付く…という奇跡の出来事がありました。

どこまでドリフの神に愛される存在なのでしょうか。
おにぎりを食べるだけなのに、「バキッ」「ひやあーっ!」「ペトッ」「ぎゃあ〜〜!」という効果音と悲鳴が交互に聞こえてきます。



本日も平和で忙しい、編集部でした。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月10日

プレミアム切手?

IMG_8064



本日、編集部に届いた読者様からのお葉書。
見えます?
7円ハガキに、沖縄国際海洋博記念切手が貼られて「54円」になっているんです。

これ、マニアなら高額で買っちゃうやつじゃないでしょうか?
よくわからないけど、50年近く前の切手とはがきって、それだけでレアでプレミアついてそうなんですけどー!


本当にうちの読者さまたち、面白いです。
このハガキと切手については何も触れず、普通にこれでプレゼントに応募してこられるとか、もう達人すぎます(笑)。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月04日

憑りつかれた…?

お昼休みに出て行ったミカのデスクに、原稿を戻そうとしたときに目に入ってきたのが、つけっぱなしだったPC画面。

びっくりしました。

めっちゃ心配になりました。

一体、彼女の身に何があったのでしょうか?


1



デスクトップに異常な量のアイコンが出ていることとか、サファリの尋常じゃないタブ数とかは見なかったことにしてください。
お片付けがちょっとだけ苦手なだけなんです。
あ、霊を対処する方法の上から二番目、よく見たら「部屋の掃除をする」って書いてますよ、ミカちゃん…これは即実行したらいいんじゃないかね…。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月07日

編集部、春の乱

ここ数週間、新しいクライアントさんと新しい仕事をしていたのですが、お互いのペースがつかめず、おそらく編集部始まって以来くらいの大波乱の日々でした。
まだ終わってないものの、とりあえず峠は越した模様。

15時間ノーフードとか、水を飲むこともトイレに行くことも忘れてデスクでエコノミー症候群になりかけるとか、毛布持ち込みで編集部野宿とか、本当にひっさびさのてんやわんや。
この期間中、蘇州にプレスツアーに行っていたヤナッチだけ、この乱を経験せず優雅に中国4000年の歴史を堪能していました。
「今日は川魚とカニのディナーです(ニッコリ絵文字)」とかグループLINEに上げてきても、見事に誰も返信せずスルーしていたことから、何かを感じてくれたでしょうか?
「カニ、いいですね」とかいう余裕は全くありませんでした。
「はぁ!?かに!!?」と携帯を投げつけなかっただけ、心が広かったと思ってください。

いい仕事をするには、心の平穏と時間的余裕がいかに大切か、よーーくわかる2週間でした。
さあ、平常業務に戻ろう〜〜〜!



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月15日

謎の指示。

BlogPaint


ヤナッチから宅配業者さんへの謎のメッセージ。

「アルバム 貴重です」という個人の感想と、「取り扱い注目」という謎の指示。

…何に注目するんだろね




PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月03日

働く母は大変なのです。(←私の話じゃない)

ここのところ、いろいろと忙しくしている働く母、ミヨッシー。
ちょっと手抜き夕飯が続いたそうですが、ある日鍋を用意していたら、長男(高校生)が「また鍋?もう飽きたから、おばあちゃんとこに食べに行ってくる」とご近所のミヨッシー実家に行ったそう。

「なぁぁああにぃぃ〜〜〜〜!???


当然ながらその話を聞いていた我々は、「働くママになんということを言うのだ!」と怒ったのですが、母(ミヨッシー)の怒りはそんなもんじゃありませんでした。
ブチ切れた母、翌日ものすごい反撃を。

「三段弁当のすべての段に、鍋の残りを詰めてやりました」。


ぎゃああああ〜〜〜〜!!怖いっ、ママ!!

「ほんとはお弁当箱のゴムパッキンまで外して、カバンの中を鍋の汁まみれにしてやろうかと思ったんですけど、さすがにそれは旦那に止められました」

旦那さん、グッジョブ。もう少しで、教科書がふやける大惨事になるところでした…オーマイグッドネス!!!母さん、やることハンパない…


働くママを舐めると痛い目に合うのですよ、全国の男子高校生諸君。
日々頑張ってくれるご両親に感謝して、文句言わずに鍋食べなさい。


ちなみに以前、別のことで長男を叱ったというミヨッシー。
本人に反省を促し、「母はこんなに怒っているんだ」ということを示すために、自身が断酒したそうで。
すると、3日過ぎ、一週間すぎ、10日過ぎ…というところで、「母がこんなにも酒を飲んでいない。これは非常事態だ。やべぇ…」と真剣に反省し、ビビりだした長男。
最後には「お母さん、僕が悪かった。ごめんなさい。本当に反省しているので、どうか酒を飲んでください」と言ってきたそうで。母、すごい!大勝利!!

なんだかんだ、ものすごく子育てに成功している事例です。
あと3年、お酒が飲める年齢になったらきっと母と居酒屋デビューすることでしょう。

いやほんと、ミヨッシーくらいゆるく(いい意味で!)子育てしていると、母も子も楽にいい関係を築けそうですよね。
そうだ、もう一人、ゆるく子育てをして成功している方がいました。
↓こちらです。(最後はきちんとPR




PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月01日

見たこともない、超絶かわいい焼き菓子ギフト、発見。

本日より産休に入った、江戸楽スタッフのユリユリから福岡事務所あてに挨拶のギフトが届きました。
これがまあ。
パッケージを空けた瞬間、福岡編集部からは感嘆と狂喜が入り交じった、黄色い悲鳴が。

IMG_7818


かかか、かっわいい〜〜〜〜〜!!!



「なにこれ!?」
「なんですか、この超絶なかわいらしさっ!!!」
「きゃあ〜〜食べられない!」
「帰って一度、息子たちに見せてから、食べます!!」…エトセトラエトセトラ。
開けた瞬間にここまで盛り上がれるお菓子は少ないと思います。

何より、ミカのため息交じりのつぶやきが、一番的確でした。

「やっぱり、江戸は違いますね…」。


うぐぐぐ…そんな身も蓋もないこと言わないでおくれ…九州王国の民よ…。

パッケージもかわいかったし、センス満点で、ハートをぶち抜かれました。
こんなママに育てられた女の子は、さぞかしセンスの良いおしゃれガールに育つことでしょう。

ユリユリ、頑張って元気な女の子(←もうわかってるらしい)を生んで戻ってきてね〜〜〜

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月26日

九州王国3月号、鋭意取材中です!

現在、九州王国チームは「昭和のスタア」に関する特集取材真っ最中です。

「昭和」になると俄然本領発揮する、自称1980年代生まれが編集部に一人。
先日も「江利チエミさん」にいまいちピンときていない私が罵られました。

「は?ウエダさん、江利チエミをご存じないんですか?嘘でしょ、江利チエミですよ。ジャンケン娘ですよっ!!!

と、罵倒されました

人一倍芸能知識が欠落している私でも、さすがに「江利チエミ」というスタアの名前は知ってますけど、ジャンケン娘は全く存じ上げませんでした。
こっそりググると、1955年に公開された映画のタイトルでした。
…なんで生まれる30年近くも前の映画知ってるんでしょう?
…っていうか、もしかしてジャンケン娘って日本国民の常識??ウエダ、無知すぎ??

ポカーンとしているところに、当時の誰と誰が結婚してたとか、誘拐スキャンダルがあったとか、1960年代ワイドショーネタで追い打ちをかけられました。
知らないよ…そんなお勉強してないもの…

今日も、「私たちの年齢くらいまでは、お正月といえば映画館で寅さんでしたもんねー」と、驚愕の発言をしてました。
たぶんベンハーとか、しらけ鳥とか、リアルタイムで観てるはずです。「君の名は」と言えば、「真知子巻き」と答えるはずです。
おかげで編集長がこの体たらくでも、昭和スタア特集はバッチリと仕上がりつつあります。


先ほども校正をしながらトロンとした目で、「ファンファン、やっぱりかっこいいですよね…」とつぶやいていました。
ファンファン…。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月05日

2017年も、よろしくお願い致します!

IMG_7786


わが編集部は一般的会社より一日遅く、本日より始動致しました。
まずは恒例の、全員でのお参りからスタート。
最前列が20代コンビ、その後ろがベテランコンビ、そして3列目がサオリンにお賽銭をねだる最年長者と、お隣の緑の方は知らない人です(笑)。


長い冬期休暇をいただいたので、今朝起きたときには正直、「うわ〜もっと寝たい…」とお正月モードバリバリだったのですが、オフィスのデスクに着くと、途端に働きたいモードに切り替わりました。
会社の持つ空気って、すごいですね。

今年はすでにもういろんな「初めて」が待ち受けている年です。
がっつり働き、がっつり遊ぶ、ONOFFをきちんと切り替えられる編集部にしたいと思います。


2017年も、どうぞ皆さま、よろしくお願い致します。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月27日

今年も一年、ありがとうございました!

IMG_7578


ツリーも電飾もなくクリスマスをスルーした我が社ビル(正確には編集部が入居させていただいている、ビル)は、明けた12月26日には、既にこの↑お正月モードでした。
クリスマスには全く興味ないけど、お正月は大事にする模様。

ということで、弊社も本年の業務を本日27日(火)で終わらせていただきます。

2016年12月28日(水)〜2017年1月4日(水)まで、冬期休暇をとらせていただきます。
新年は1月5日(木)10時より、営業を致しますのでお問合せ等はそれ以降によろしくお願い致します。


今年の忘年会はどこに行こうか悩んだのですが、編集部の冷蔵庫を冷静に眺めてみると、ビールが15本、日本酒5本、ワイン1本、焼酎1本ありましたので、急きょ社内忘年会に致しました。
お酒がありすぎて外に出られないって、なんという幸せな悩み

峰松本家さんの蒲鉾、鉄なべさんの餃子、信秀さんの焼き鳥、そしてスタミナ亭さんのチヂミ…と、福岡を代表する名店から、最高に美味しそうなパーフェクト忘年会メニューを取り揃えました。
食べ物には絶対に妥協しない、執念の食い意地編集部です




今年も本当にたくさんの新しい出会いがあり、さまざまなお仕事をさせていただきました。読者のみなさま、クライアントのみなさま、取材等に応じてくださったすべての皆さまに、心より感謝申し上げます。2017年も編集部一同、さらなる精進をしていい作品作りに邁進しますので、どうぞ来年もよろしくお願いします。
良いお年を!!!

IMG_7583

さあこの冷蔵庫を、今から空にします!


PermalinkComments(0)TrackBack(0)