編集部の日常

2017年06月27日

編集部におすすめのタイ土産。

IMG_8457


ヤナッチがもらったマンゴーを、みんなに分けてくれました。
今回のタイでも驚くほどおいしかったマンゴー。
我が九州が誇る、宮崎のマンゴーも美味しいはず!

IMG_8455


シエルが切り分けてくれました。
予想を超える完熟具合だったようで…以前、カステラを「まるで定規で切ったかのような」断面に切ってきたミヨッシーが、この切り分けられたマンゴーの姿を見て「後継者ができた…」と喜んでました。(「包丁使いが苦手女子」というカテゴリーの後継者)。
見た目はアレですけど、さいっこーに美味しかったです!


で、私もタイ土産をマンゴーにしたかったんですけど、検疫通るのはめんどいし、かといってさすがに政府招待で行って密輸するわけにいかないし…と断念しました。
代わりに今回の編集部土産はこちら↓

IMG_8444

ドリアンチョコレート&ヤードム


ヤードムとは、タイの人が100%所持しているというメンタームのようなスティック。
気化したものを鼻から吸ったり、液体のものをこめかみや首のうしろに塗ったりすることで、花粉症も頭痛も肩こりも風邪も治るそうです。
瞼に塗ると、眠気が覚めるそうで。
同行の皆さまに、「徹夜しろっていう無言の圧力でしょ!?編集長、土産選びが怖い!」と言われました(笑)。

今後、締め切り前にはヤードムの香り漂う編集部になりそうです。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月21日

リーマンっぽくない…。

「今から取材に行ってきまーす」と元気よく飛び出そうとしていたヤナッチの、ジャケットの内ポケットを見て驚き。
赤ペン、黒ペン、青ペンと3種のペンとともに、扇子が刺さってました。
「落語家かっ!」と思わず突っ込んでしまったのですが、本人、まんざらでもなく「行ってまいりやすでございやす」と落語家気取りで出かけて行きました。

編集部の扉を出かけて、慌てて引き返してきて一言。

「あっぶね、ポイントカード忘れてた!


・・・一体、何をしに出かけようとしていたのでしょうか。
ポイントカード?なんの??今から仕事じゃなくって??


四十路も後半にはいりかけたおっさん …お兄さんは、内ポケットに扇子を忍ばせ、各種ポイントカードを分類したカードホルダーを手に、九州王国が詰まったリュックを背負って、自転車で颯爽と出て行きました。


町でリュック背負って、扇子で仰いでいるおっさ…サラリーマンを見かけたら、99%ヤナッチです。
「月刊はかたの人ですよね?」って話しかけてみてください。
意外に人見知りなので逃げられると思います。



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月09日

受験生と編集者にしかできないもの、なーんだ?

InkedIMG_8304_LI


答えは、ペンダコです。

美しくない指をお見せして申し訳ないですが、最近長時間取材と長時間テープ起こしが重なり、久々に激痛を伴うペンダコが…。
箸が転がっても笑っちゃうお年頃はとうに過ぎたのですが、箸が触れるだけで「アウチッ!」ってくらい痛いペンダコと戦う毎日です。
あ、「ペンダコができるべき位置が違う」というご指摘は不要です。自覚していますので。


とはいえ、これも職業病かなと思うと愛おしいもの。
PC&タブレット全盛期の今、ペンを持つ仕事もいいもんですよ

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月01日

差し入れ

昨日は元スタッフのシオパパが編集部に遊びにきてくれたようで。
「ようで」というのは、既に退社後の時間だったため、編集部はサオリンを残してもぬけの殻でした。以前にも増して「ノー残業編集部」を推進しておりますので、とっとと帰っててすみません…


みんな血眼で残業中と思ったシオパパは、優しいことに差し入れまで持ってきてくれていました。


IMG_8294


肌荒れもしてないし、胃腸も絶好調の元気いっぱい編集部ですが、ありがたいです!!
今も変わらず心配してくれる、そのお気持ち(←私にとっては先輩なので、身内ですが敬語お許しを)がとっても嬉しいです。


退社していった人たちが、いつまでも私たちを気にかけてくれたり、「今月の特集、すごい良かったよ」とか感想を寄せてくれるのって、本当に本当に嬉しいことです。
いつまでもファミリーなんだな、と勝手に思ってます(笑)。

(業務連絡)
シオパパ、チョコラBBは20代女子には必要ありませんので、我々オーバーエイジ枠がありがたく飲ませていただきます!
乳酸菌飲料は、年間300日、腸の不調を訴えているヤナッチにしっかりと飲ませておきます!
ありがとうございましたー

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月30日

春は別れの季節。

同じビルの同じフロアを共有していたお隣の会社が、移転のために引っ越して行かれました。

エレベーターやお手洗いで会えば近況を語り合い、
出張帰りにはお土産を買って帰り、
たまにお互いのオフィスでお茶を飲んだり、
お仕事をいただいたり(←ちゃっかり!笑)、
おすそ分けをし合ったり・・・・

というご近所づきあいがなくなり、非常〜〜に寂しいです!!
「もう給湯室で洗い物がかち合うこともないのか…」と思うと、寂しすぎて涙が出ちゃう


会議室で焼肉して泥酔した、我々が移転の元凶かと思いましたがそうではないらしく。
ワンフロア・ワンオフィスになったので、今夏のオフィス飲みはさらに遠慮がなくなって乱れそうで怖いです。







PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月22日

まだ5月なんですけど…

IMG_8210



暑すぎます。ウエダVSヤナッチのエアコン対決が始まる季節です…。
(ウエダ=寒がり vs ヤナッチ=暑がりによる、エアコン設定温度のせめぎ合い対決)

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月16日

赤子 in 編集部

IMG_8202


本日は育休中のゴイシが、7か月のベイビーを連れて編集部に遊びに来てくれました。
殺伐とした編集部が一瞬で、このうえない幸せ感に包まれました。
赤ちゃんってすごいですね。まさに天使の力。罵り合っていた数分前が嘘のように(嘘ですけど)、瞬間で全員が満面の笑みに。

IMG_8200


赤子にちょっかいをだしては泣かれ、あやし、泣き止んではちょっかいを出し…の繰り返しをする成長していない大人たち。
かわいそうにいじられた赤ちゃんは何度もギャン泣きし、ゴイシ親子が帰ったあとに、隣のオフィスの方から「赤ちゃんの泣き声がしたんですけど…」と恐る恐る尋ねられました。
「え?赤ちゃんなんていませんでしたよ」と言っておけば、ビルの七不思議として後世に伝わったかも。


細い身体で8キロの赤ちゃんを抱っこし続けるゴイシママを、心から尊敬。
母は逞しいですね。
次に会うころには喋れるようになってるかなー。楽しみです


PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月15日

イメージ土産

有休をとって長崎に遊びに行っていたミカが、老舗の栗饅頭専門店でお土産を買ってきてくれました。

IMG_8194


老舗らしくない、ビジュアルのかわいい栗饅頭。
それぞれに商品名が凝っており、ミカが独断と偏見で「みんなをイメージして、それぞれ選んで買ってきた」とのこと。

夏のおしゃれジャケットを着こなすヤナッチには「栗王子」、20代女子のレイレイとシエルには「桃栗姫」。
うんうん、なんかみんなそれぞれにいい感じ。

・・・で、私は?と思ったら、




IMG_8193

栗大王



「ち、違うんですよ!ウエダさんのぶんだけ栗多めなプレミアムなんですよ!特別なんですよ!」とまくしたてるミカの言葉が、必死の言い訳に聞こえるんですけど。

大王か…私、大王なのか…。
桃栗姫、かわいくてうらやましーなー



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月01日

伸びてきた!

IMG_8139


土日で急激な成長!!

収穫間近かも…サラダかな お吸い物かな
今日明日、編集部に遊びに来られた方はロッカーの上にご注目ください。

BlogPaint


ここです!



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月26日

神に選ばれし…

本日、お昼にお弁当を食べていたミカが、
おにぎりを割ろうとした瞬間に、
硬いおにぎりの圧で割りばしが真ん中から折れ、
その衝撃でおにぎりの具にはいっていた塩昆布がミカの胸あたりに飛んで張り付く…という奇跡の出来事がありました。

どこまでドリフの神に愛される存在なのでしょうか。
おにぎりを食べるだけなのに、「バキッ」「ひやあーっ!」「ペトッ」「ぎゃあ〜〜!」という効果音と悲鳴が交互に聞こえてきます。



本日も平和で忙しい、編集部でした。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)