編集部の日常

2019年11月21日

お宝発見。

本日届いた読者はがきに目を奪われました。

IMG_4121


消費税増税によって62円切手では足りなくなったので、手持ちの端数切手を貼って送ってくださった模様。
その「端数」のための切手がまさかの、「1970年万博記念切手」ですよ。超貴重。
これ、取っておいたらなんとか鑑定団で高値がつくやつじゃないですか??
ほんとにうちの読者様、お宝をばんばん放出してこられます(笑)。


このころは7円ではがきが届いたのかなーーー。
私が小学生だった1980年代はすでにハガキは40円だった記憶があるので、そう思うとこの10年間(1970〜1980)のインフレ率ってすごそうですね。

PermalinkComments(0)

2019年11月15日

2019、ジャパニーズヌーボー解禁!

一年で一番、福岡と東京の距離の遠さを実感するのが、この時期です。
夕暮れどきが早いよね…みたいな、ポエミーなことを言ってるわけじゃありません。
新酒の時期が違うのです。早いのです、東京!

我々は毎年2月11日にみんなで「いそのさわ」さんの蔵開きに行っているのですが、江戸楽チームは毎年11月の豊島屋さんに行っています。そして、例年我々の「シーズン最初の新酒」は、この東京チームの蔵開きから送られてくる「愛の日本酒宅急便」でいただくわけです。ありがとうございます!同じ社内だけど、江戸楽に足を向けて寝られません!


今年は一人一本ずつ、さまざま種類を送ってもらいまして、私はこの一本をもらいました。

IMG_4113


写真撮る前に、味見をしたことがバレる内容量…しかも「味見」の量じゃない

いやほんと、味見で止まれるわけがないですよ。おいしいんです、ものすごく。
日本酒って、私は当然福岡や佐賀のものが好きなんですが、もちろん山形や三重、島根など各地に好きな蔵はたくさんあります。そういった「地方」に銘酒があると思い込んでいる人は多いのではないでしょうか。皆さん、穴場をお忘れです。東京のお酒も、めちゃめちゃおいしいのです。


ということで、今月発売の江戸楽の特集は「東京産の日本酒」です。
九州の皆さんも、東京生まれのお酒に出会ったらぜひお試しください。
真剣に、おいしいですよ



PermalinkComments(0)

2019年11月11日

パーティー行ってきました@神保町

先週末は、入社後から15年来お世話になっている「メイツ出版」さんの20周年記念パーティーにお招きいただいたので、伺ってまいりました。
20年を機に、社名も変更されるということで、とても気合の入った盛りだくさんのパーティーでした。

IMG_4065


会場内にはメイツさんが出されている数々の書籍がズラリと展示。
その中に拙著「釜山 おとな女子の素敵な週末」を見つけて、テンション上がりました。お隣は江戸楽編集部著の「東京マニアック博物館」。わーい

マジックショーなどもあり、とっても楽しいパーティーだったのですが、圧巻はメイツの社長さんが所属されている合唱クラブの生歌披露。男声4部合唱がとっても美しくて、聞き惚れました。すごい〜〜社長さん、すごい得意技をお持ち!!!

IMG_4068


この方々を目にした瞬間、隣にいたメイツの社員の方(←旧知の仲)に、「すっごい!メイツさん、なんという人脈をお持ちなんですか!あの人のスケジュールも抑えたんですか!」とかなりの驚きを持って質問した私。
何度も同じ質問をされているらしく、社員Cさんは冷静に「ウエダさん、違いますよ。あの方、似てるけど、

角野卓造じゃないですよ」とご返答くださいました。

え・・・・リアル「角野卓造じゃねえよ」を目の前で聞かされることになろうとは
違うの!!?あんなに瓜二つなのに!!?

…今でも影武者だったんじゃないかと思っています。ハイトーンボイスが美しい角野卓造さんでした。(未だ『似ている説』を信じていない




IMG_4071


パーティーのあとは、会場で一緒になった「マニアック博物館」の監修者・町田忍さんに、神保町のレトロビアバーに連れて行っていただきました。
初対面なのに、お話が面白すぎて、町田さんの携帯写真フォルダの隅から隅まで見せていただく勢いで。ほんっと、面白くて、変わった方でした〜〜〜(←超いい意味で!)。

町田さんには「サタン」というビールを選んでいただき、引き続き弊社社長は「ギロチン」というビールを選んでいました。テーブルの上のビール名だけ見たら、相当闇を抱えた3人組です。


ちなみに近々、町田さん監修の「福岡 マニアック博物館」も発刊予定です。うちの編集部はうっすらとしか参加してませんが、弊社・マニアック女史のトモミンと町田さんでがっつり精査した一冊です。こちらもお楽しみに〜〜。


PermalinkComments(0)

2019年10月17日

パワハラ編集長。

ただいま、遅い夏休みをとって9連休中のミカ。
旅先からラインが送られてきました。

**********
お疲れ様です。
ゲラがサーバーに上がっているので、御手数ですがご確認ください。
所用のみにて、失礼。
**********


なに、このそっけない文面。
休み満喫中の間は上司からの返信はいらん!ってオーラがビンビンに伝わってきます。
なので、パワハラ覚悟でしっかり返信しました。


**********
了解です。
無事着いた?そっち寒い?何か面白いものあった?石、きれい?
**********


鬱陶しさMAXの返信ライン。
「スタンプでいいのに!疑問文で返してくるなよ!」というミカの心の声が聞こえてきます。

**********
無事着きました。寒いです。ヒートテック助かります。


IMG_3945


**********



おおおお〜〜〜!有無を言わさぬ、圧巻の写真添付!
こんな写真見せられたら、もう何も返せないわぁ〜〜。(←返したけど。笑)


ということで、ミカは今、9連休でアイルランドを一人旅中です。
「なんでアイルランド?」という我々の問いに、「石を見たいからです」という謎の答えを返して彼女は旅立ちました。
よくわかんないけど、ハリポタみたいな石の城を見れてるのできっと満足なんでしょうね!(適当!)


帰ってきたら、たくさん写真見せてもらって、根ほり葉ほり、聞かせてもらおうと思います
現代ではこれもパワハラと呼ぶのでしょうか・・・呼びたい人は呼べばいいさ〜〜


PermalinkComments(0)

2019年10月04日

あの巨匠のチョコが編集部に…。

以前フランス土産でもらって衝撃を受けた板チョコ。カカオ75%というビターなチョコの上に、大人のドライフルーツとナッツがたっぷりのっているという、超絶贅沢な板チョコに「世界にはこんな旨いチョコがあるのか…」と悶絶したものです。
誰かフランスに行くことがあればまた買ってきてほしいなーでも高いからお土産にはねだれないなーと思っていたら、なんとなんと、弊社社長からの定期書類便の中に同封されて、これが送られてきました。
「日本橋で見つけたので、少しですがみんなでどうぞー」って!!!

IMG_3885
超絶悶絶。

アランデュカスのショコラティエが、日本橋にできてるんですねーーーー!びっくり。
なんでもあるなぁ、東京。


そして「念ずれば通ず」という、食に対する強すぎる自分の「念」に驚きました。

ごちそうさまでした!!(←最近、こればっか言ってる気がする)


PermalinkComments(0)

2019年10月02日

土産と土産話

弊社では社内デザイナーのほかに、全国各地の敏腕誌面デザイナーの方々と契約しています。
誌面デザインの仕事って、世界中どこにいてもMACさえあればできる、ノマドのお手本のような職種。
手に職があると、ハワイのビーチででも、イタリアの湖畔ででも、どこででも仕事ができちゃうのです。羨ましい〜〜〜〜。


で、先日長野の高原でおしゃれノマドライフを送っているデザイナーとメールをやり取りしていたときに、「明日からしばらく不在にします」と言われたので、「なになに?どこ行くの?何するのー?」といつもの根掘り葉掘り根性でいろいろ聞いてしまいました。
「え?京都でフェス?なにそれ、相変わらずおしゃれすぎるやん!うっそ、羨ましい!いいなー!」と怒涛のメールを送っていたら、数日後送られてきました。



IMG_3875
…お土産が。



・・・・・・ごごご、ごめーーーん!!!!


いや、そんなつもりじゃなかったのよ!「京都といえば、やっぱり阿闍梨だよね」とか言ってないですよ、全然!!
私の純粋な好奇心が、無意識のプレッシャーを与えていたのかもと思うと、反省することしきりです。ほんと、人の旅話を聞くのが大好きなので、いっつもつい深堀して聞いちゃうのですが、もしかしたら何か無言の圧力をかけていたりして…


皆さん、ウエダは「土産話」が大好物なので、ぜひ旅のお話を聞かせてください!
それだけで大満足なのでございます。
…でも阿闍梨餅はやっぱり安定の美味しさでした。ごちそうさまでしたー

PermalinkComments(0)

2019年09月24日

本日の編集部のおやつ(健康バージョン)

本日、週末にオープンしたばかりの「都ホテル 博多」内の大賀薬局へ取材に行っていたミカ。
ここで面白いものを見つけてきてくれました。

IMG_3845


チャコールウォーター。直訳すると、炭の水。

「ウエダさん、キャップをひねると炭が水に溶けだすみたいですよ。ゆっくり回すので見ててください」とミカが言ってくれたので間近で凝視していたのですが、視力2.0でも追い付かないほど一瞬でした。

IMG_3846


ひねった瞬間、真っ黒。なにこれ、どうなってんのー!?


IMG_3847


あっという間に真っ黒ウォーターに。
真っ黒になるのはマジックみたいで面白かったけど、正直あんまり食欲(飲欲?)は湧かないかも…(←正直すぎる告白。すみません)

IMG_3848


お歯黒覚悟で、味見量をいただきました。うん、水。普通に、水。

「美味しいも美味しくないもなくて、ただの水じゃん」と言い放ったヤナッチに、「デトックス効果があるって書いてますよ。身体の老廃物を吸着して流すそうです」とミカが言った途端、「もう一杯ください。健康診断までに、もう数本ください!」とヤナッチが懇願してました。
恐るべし、健康呪縛。
未健康診断組は、「デトックス、脂肪燃焼、カロリーオフ…」という念仏を、朝晩唱えています。


ちなみにこのあとスーパーハイカロリーなおやつを全員完食してましたが、その話はまた別の機会に〜〜(炭の力、及ばず)


PermalinkComments(0)

2019年09月18日

本誌以外の仕事もたくさん。

本日の私の仕事。

09:30 自費出版の方の最終データ入稿打ち合わせ
11:00 パンフレット制作打ち合わせ
12:00 月刊アクロス連載分の取材
14:00 ムック本出来上がりの確認と今後についてのブリーフィング
16:00 来春発売の他社本(弊社制作)の台割打ち合わせ

というわけで、この合間に月刊はかたの最終データ確認があったものの、すべて本誌(月刊はかた&九州王国)以外のお仕事をしておりました。
このように、弊社は出版社でありながら編プロ的仕事も多いので、他誌&他社との絡み仕事も多く、自分たちの雑誌以外でも結構働いています。

こちらは、江戸楽チーム・トモミンの単独仕事↓

IMG_3833


紀尾井ホールの会員誌「紀尾井だより」に連載を持っています。
トモミンのすごいところは、なんと編集スタッフでありながらイラストまで自分で書いちゃうところ。この連載、文・イラストともにトモミンなのです。すごいでしょ。しかも「邦楽名曲解体新書」ってタイトルもいいわぁ。清元と長唄の違いもよくわかってない私には、内容も毎回勉強になります。

歴史好きスタッフは古地図の本を作るし、カフェ好きスタッフはカフェの本作るし、得意分野を存分に生かして働けるのがクリエイティブワークのいいところ。

月刊はかたのスタッフは「ど博多弁の山笠のぼせ」、九州王国のスタッフは「ゴリゴリの九州歴史好き!」と思われているかもしれませんが、決してそんなコアスタッフばかりではなく、わりとオールラウンドな「普通の一般人」で作っています(笑)。

ということで、なんとなく流れからお気づきかもしれませんが、弊社は現在「秋の社員募集祭り」開催中。とある採用サイトに掲載していますので、そちらから弊社が気になってブログを見に来られた方に向けての記事です。どうぞ、未経験でもどーんと安心してご応募ください!20代(もそれ以外ももちろん)、お待ちしてます〜〜


PermalinkComments(0)

2019年09月17日

本日のクリエイティブ。

編集部はクリエイティブな人間で集まっているので、日々いろんな新しいものが生まれています。

今日生まれたのは、新しい漢字。




IMG_3831



たぶん、「みね」って読むんだろうな、と想像します…。

「峰」にしても「峯」にしてもそれぞれ「山」が一つ多いので、「やまみね」と読むのかもしれません。

PermalinkComments(0)

2019年09月10日

仲良くない編集部。

本日、ヤナッチから唐突に聞かれた質問。

「ウエダさんと同じ歳の芸能人って誰?」

「え?aikoとか、バカリズムとか…」

「違う、いわゆるきれい系の女優で」

「うーんと、米倉涼子とかかな」

「あ〜〜なるほど、やっぱり全然違いますね


・・・・・・はあぁぁぁあ????

なんのために、私は、あなたのその無駄な質問に答えたってわけ??
「全然デキが違う」って確認するために??
なんなの、それ?なんのつもり???


「なに、それー!」って怒ったら、
「いや、人間やっぱり違うもんだなーって確認しただけですよ。みんな違う、うん」って一人納得してました。
私、全然納得できないんですけどーーー!!!


ちなみにヤナッチは中居くんと同じ歳だそうです。そうですか、そうですか。
ホント、腹立つ男だなー

PermalinkComments(0)