編集部の日常

2018年11月19日

ジャパニーズヌーボーも解禁!

九州ではまだですが、東京ではすでに新酒が登場しています。
毎年、ボジョレーと同じくらいのタイミングで東京では新酒が発表されるので、我々は勝手にジャパニーズヌーボーと呼んでいます。

今年も江戸楽スタッフが、いち早く豊島屋さんの蔵開きに行っていたので「いいなーもう新酒かー」と指をくわえていたら、なんと蔵開き限定の貴重な新酒を送ってくれました。
「開場と同時に走って並んで買った!」という優しさと脚力を感じさせるメッセージとともに。
ありがとうございます…九州チームはいつも自分たちがへべれけになっているだけなのに、東京チームはお酒を飲みながらも九州のことを考えていてくれて、申し訳なくて涙が出ます…

IMG_1376


しかもこんなにたっぷりと!!!
両端のおしゃれボトルが蔵開き限定酒(並んで手にいれてくれた貴重酒)だそうです。
おいっしーーーー!!やっぱり新酒、おいっしーーーー!!!
原酒なのでなんと19度もあったのですが、お酒に弱いシエルまでもが「美味しい美味しい」とガンガン飲んでました。

IMG_1379


自撮りしてみたら、たぶんどこかを間違えて押してしまってなぜかのモノクロ写真。でもこのほうが顔の赤さがばれなくていいかも(笑)。

九州も来月あたりからいよいよ新酒シーズン到来かなー?
今年も楽しみです


PermalinkComments(0)

2018年11月16日

ヌーボーだけど、ボジョレーじゃないよ

一昨日の夜から昨日にかけては毎年恒例のボジョレーフィーバーだったようで、相変わらず福岡の街でもあっちこっちで祭りが催されていたようですね。

私はというと、昨日はアサイチから朝倉→うきは→(山越え)→星野村→八女という、超人的取材スケジュールが入っていたので、一昨日の晩から早寝して備えておきました。アラフォーに山越えドライブルートはもう危険。山道を猛スピードで駆け抜ける地元おじいちゃんたちを避けるので、精いっぱいでした。(田舎道はいつでもどこでも、マリオカート状態

ということで、国民的ヌーボー祭りに参加できなかったので、本日自主的ヌーボー祭りを開催します。
ちなみにボジョレーじゃないです。
ボジョレーよりもっと大好物の、あのヌーボーです。
本日終業後から社内で行いますので、ご希望の近隣の皆様、どうぞ飲みたければ編集部にお集まりください

PermalinkComments(0)

2018年11月05日

今年最後の九州王国を制作中。

IMG_1242


スタッフの机の上に置かれていた小瓶。
左から、糸さん、大久保さん、西郷さん、ツンさん。
なんとこの4瓶、縦に重ねられるそうです。かわいい〜〜。

ということで、机には焼酎、冷蔵庫には飲みかけのワインボトルが入っているというアル中編集部ですが、今年最後の特集を現在作っております。
本日下版日でした。
そしてこの画像を見てお気づきの通り、またあの特集です。しつこい??

いえいえ、今回はまたガラリと趣向を変えた「あの」特集なので、これまで堪能していただいた皆様にもきっと喜んでいただけるはず。
ってことで、きばれ〜〜チェスト!私たち!


PermalinkComments(0)

2018年10月22日

東京へ、翼の旅。

先週の東京出張は、久々に訪問先が多かったのでキャリーで行きました。
めったに使わないのにキャリーを使った日に限って…



IMG_1194

弊社のエレベーター、点検中。



「え?うっそ。これ、まじ?上がるの?ここ、私、あがるの!?」とずーっと独り言を言いながら、3Fまで階段で一歩ずつ、キャリーを運びました。
デスクという運動不足の身に、キャリー運び階段競争は堪えます…江戸楽編集部の扉を開けた第一声「はぁ、はぁ、はぁ〜〜おつかれさまです」と息も絶え絶えでした。
せめてもの救いは、福岡のように8Fじゃなかったことでしょうか。


そして、帰る日。
いろいろあって、超ギリギリで羽田空港に着いたので、搭乗時間が迫る中で大急ぎで手にした福岡へのお土産がこちら。

IMG_1218


全く無意識でしたが、弊社には「翼くん」がおりまして、心のどこかで彼を名残り惜しんでこれを選んだのかもしれません。または彼に説教し足りなくて、無意識に手にしたのかもしれません。

いずれにしても翼くん、自分のためのおあつらえ手土産があって羨ましい限りです。
そういえば某航空会社に乗ったら、いつも自分の王国の機内誌があるのね!王様気分、うらやまし〜〜

PermalinkComments(0)

2018年10月17日

編集部にはいろんな電話がかかってきます。

意外に思われるかもしれませんが、編集部には毎日いろんな問合せがきます。
掲載店についてあり、九州の歴史についてあり、福博の観光情報についてあり。
「なんにでも詳しい」と思っていただいているのであれば、とても誇らしいし、嬉しいことです。

先日あった問合せは、「ヨーグルトメーカーを買ったけれど、ヨーグルトができない。なぜか?」

たまたま電話を取ったのが、主婦よりも主婦らしい男・ヤナッチだったので、話が弾んでいました。
彼の受け答えだけで、会話が想像できました。

「えっと、どちらの会社の機械ですか?あ、もう箱は捨ててしまったんですね」
「ヨーグルトの形状はどんな感じになるんですかね?あ〜固まらない、そうですか」
「ちゃんと牛乳使われてますか?加工乳とか乳飲料とか書かれてませんか?そうなんです、一見牛乳のように見えるものでも、牛乳じゃないものもあるんです。パックの成分表のところを見ていただけません?」


もはやうちは、何の会社なのか。
どうやら加工乳だったということで、一件落着してました。「次からは牛乳と書いているものを使ってくださいね!では〜〜!」・・・って、解決してるしっ!


読者の皆様、何でも気になることはどうぞ編集部までお問合せください。
芸能ニュース、漫画&ゲーム関連、家電&主婦情報は、ヤナッチが懇切丁寧に答えてくれると思います。
採用情報とか、掲載内容とか、真面目な問合せはウエダまで!(キリッ


PermalinkComments(0)

2018年09月21日

健全なる精神は健全なる肉体に宿る(=健康診断の話)。

9月は弊社の健康診断月です。

毎年8月終わりごろになると、晩酌の量を減らしてみたり、ランチをサブウェイにしてみたりという、無駄な抵抗があちらこちらから始まります。
今年もヤナッチが無駄すぎる抵抗を始めており、1年振り7〜8回目の「猛烈ダイエット期間」に入りました。
ここ数日、小さめのお弁当(ヤナッチ比)を持参しており、お弁当のお供の汁物が「麺抜きどん兵衛」になりました。どん兵衛から麺を抜いたら、もう別の名前でいいと思うんですけど。

そしてお昼に麺を抜いた分、おやつ(取材先)で因幡うどんを、たーんと食べてきておりました。
意味がわからん。
「ここまでやっても痩せないのであれば、もはや痩せる手段など思いつかぬ…」と、神妙な顔をしてやり切ったかのような発言をしてますが、私は彼が痩せる手段をあと5000くらい思いつくので、いつでも相談しにきてください。


かく言う私も、健診前日のみ禁酒した「無駄な抵抗」組なんですけど。
胃カメラの先生に「うわ〜〜稀に見る美しい胃!」と褒められたので、今後プロフィール欄には「チャームポイント:胃」と書こうと思います

PermalinkComments(0)

2018年09月19日

宴会は校了終了合図とともに。

次号の月刊はかたの特集はこちら↓
IMG_0957


焼鳥・・・じゃなくて、銀杏です。「銀杏」を「イチョウ」と読んだあなたと、「ギンナン」と読んだあなた。
どちらも正解です。
どっちもかけた、「銀杏」特集なのです。

で、特集の撮影用に使ったギンナンが余っていたので、封筒に入れてレンチンすることにしました。
弾けたギンナンに塩を振って食べてみると、美味しいこと!
「これは日本酒が飲みたくなるね〜」・・・ってことで、冷蔵庫の中から日本酒が登場しました。
そしてギンナン串の取材に行っていたヤナッチから、「じゃあ焼鳥もついでに買ってきましょうか?」という謎の申し出があり、取材のついでに串を少々。
「これはビールが飲みたくなるね〜」・・・ってことで、冷蔵庫の中からビールも登場しました。
対談ページの校正のためにスタミナ亭さんに行ってたミカからは、「海鮮チヂミ、買って帰りますね」ということで、待望の炭水化物まで準備完了。
なぜか冷蔵庫に入っていたワインまで開けることになり…

BlogPaint


結局、校了の合図とともに、いつもの会議室飲み会に。

未だ、情報解禁前の社外秘のおつまみもあるので、一応モザイクで隠しておきます



ということで、ギンナンがあったばかりに、大宴会にまで発展してしまいました。
何一つ、特別に買いに行く必要なく、社内にあるものと、取材の合間に買ったものだけでパーティーができちゃう編集部の冷蔵庫事情に改めて感心しました。(感心するところじゃない)。

PermalinkComments(0)

2018年08月09日

スーパー変化球ピッチャー

先日の飲み会で「好きな有名人て誰ですか?」というお決まりの初対面質問が交わされていたのですが、ヤナッチが間髪入れずに「大村益次郎です」と答えていたのがツボりました。
まるで「広末涼子です」と言うかのように、自然に。

それに全くツッコミもせず、「あ〜、僕も靖国行きましたよ」と話をつなげたクライアントさんの力量にも驚きました。
大人の対応力。知識と冷静さを兼ね備えていらっしゃる…。


その後「今回の大河で龍馬って誰が演るんですか〜?」という質問に「せ〜ごどん♪」と、「マ〜キノ♪」の口調で物まねしてくれたのもヤナッチです。
「小栗旬です」と簡単には絶対に答えてくれません。

社内外、彼に関わる全ての人には、変化球についていく力量が問われます…


PermalinkComments(0)

2018年08月07日

パワハラ誉め言葉。

週末に図らずも私とヤナッチ、同時に髪を切ってきたのですが、15センチ以上切った私(ロング→セミロング)よりも、5センチしか切っていないヤナッチ(短髪→刈り上げ)のほうがインパクトが大きいらしく、皆さんの注目がヤナッチに集中。

「うわ!めっちゃ切りましたね
「わ〜〜さっぱり〜〜
「え!びっくりしました!

という皆さんの第一声がヤナッチに向かって発せられるたびに「私も切ったんですけど」「私も切った!」「私もー!!」と自己主張の激しい私。

「あ、ほんとだ。・・・ええ、かわいいですよ
「切りましたね。ふーん…、かわいいです
「パーマもかけたんですか。…かわいい

と、全く意図してなかったんですけど、スーパーパワーハラスメントな状況になりまして。
別に最後の「かわいい」いらないんですけど、「すごい、ウエダさん、無理やりカワイイを言わせるパワー発動ですね」と余裕のヤナッチに鼻で笑われました。
ただ切ったことを気付いてほしかっただけなのに。
強制的な褒めが欲しかったわけではないのに…



次回からヤナッチと美容院日程がかぶらないようにしようと思います。
なんで編集部イチのおじさんに美容マウントを取られちゃうのでしょうか…。

PermalinkComments(0)

2018年08月06日

27歳の夏休み IN 甲子園 !

本日、夏休みをとったシエルから社内グループライン宛に送られてきた写真。

IMG_0325

今から、試合開始です!


なんと彼女、自腹で甲子園に行き、自発的に吹奏楽団の一員として沖学園を応援してきたそうです!
もう10年くらい前に女子高生は卒業してますけどね。
ついでに言うと、確か修猷館出身ですけどね。
母校でもなく、ただただ「福岡県代表」という皆さんのために、炎天下の甲子園でオーボエを吹いてくる27歳…なんという、酔狂!!・・・いえ、心意気!!


会社から徒歩15歩(←分、ではない)のセブンに行くことさえ躊躇する私から見ると、感心を通り越して尊敬します。
若い…(女子高生から10年経ってますが、それでもまだ十分若い…)。

かくいう私も、兵庫県民であった女子高生時代は、暇つぶしによく甲子園に行っていたものです。外野は無料だったし。
伝説の「松井秀喜5打席連続敬遠事件」も生で見たのを覚えています。
しかし、もう、無理ですよ。
座ってるだけで10分で搬送される自信があります。
ましてや演奏するなんてっ


弾丸で帰ってくるそうなので、明日のシエルの日焼けっぷりが楽しみです。
沖学園、勝ってよかったね〜〜!


PermalinkComments(0)