編集部の日常

2019年07月10日

お菓子の家。

本日は弊社社長が来福していたのですが、羽田空港にて、保安検査通過後から搭乗ゲートまでの間で出会った江戸楽百選会のお店のお菓子を、全て買ってきてくれました。

ゲートまでの間だけで、なんと、こんなにも!!!!

IMG_3592


ちょうどそのルート上になかったお店ももちろんあるわけで、羽田空港の品ぞろえの厚さと、江戸楽百選会の皆様の羽田空港IN率の高さにびっくりです。
そしてそれを一個ずつ、全部目につく限り買いながら歩いてくれた、ヘンゼルとグレーテルばりの弊社社長の購買意欲にもびっくり


おかげで美味しい東京のお菓子をたくさんいただきました。
命名とビジュアルのインパクトの強さから編集部で大人気の「切腹最中」に始まり、王者・文明堂さんのハチミツレモンサンドラ、榮太郎本舗さんの袋までかわいい飴セットに、間違いのない美味しさの常盤堂さんの雷おこし、そして個人的に私が大好きな豆源さんの豆セット(おとぼけ豆、好きー!)。
あ〜〜幸せ。しばらく編集部は、甘い→塩辛い→甘い…の無限ループおやつに包まれます。

と思ったら、産休に入るゆりりん(東京所属)から、クラブハリエのバームクーヘンが届いたーーーーー

IMG_3593


なんでしょう、この食べ物の神様に愛される編集部は。
…違う、東京編集部からの食べ物の配給率が高いのか。
東京編集部の皆様、福岡編集部は皆様に生かされています。ありがとうございます。(←社内報)

PermalinkComments(0)

2019年07月09日

「グリーンハウス」のケーキ、絶品ですよ。

IMG_3589


一流ホテルって、レストランレベルが安定していて素晴らしく、「万人に受ける美味しさ」が売りだと思いますが、「安定」とか生ぬるいことを言わずにとびぬけて美味しいと思うのが、ホテルニューオータニ博多1Fの「グリーンハウス」です。カフェ&レストランですが、スイーツレベルが抜群に高い。スイーツ激戦区と言われる福岡の中で、「マイベスト店」に挙げる人も多いのではないでしょうか?

場所柄、打ち合わせによく利用させていただくのですが、取材時には大抵コーヒーしか頼めないので、いつも「ケーキ食べたい…」と悶々としながら取材しています。(仕事に集中しろ、というお声、ごもっともです)。
その念願叶ったり。取材に伺っていたシエルがロールケーキをいただいて帰ってきました。
わ〜〜〜〜い


フワフワの生地とたっぷりの甘さ控えめのクリームが、期待通り最高に美味しかったです。
しかしフワフワすぎて、うちの「包丁苦手選手権」の選手たちにはかなり難敵だった模様。

IMG_3587


やばい、この切り口。
編集部の最強オツボネ・ヤナッチが、「定規で切ったんですか、これ?」ってニヤニヤしながら言うやつです、これ。(幸い、本日不在…

どうやら私に切り分けてくれたTOP画像のケーキは、一番端だった模様。
「絶対にひっくり返さないでください!」という厳命とともに、配給していただきました。

ま、切り口やばくても、味は絶品なのでいいんだけれども。
編集部内の「ケーキ切り分け下手ランキング」の上位が、ケーキをいただくたびに更新されていくのが気になります。

PermalinkComments(0)

2019年07月05日

今年も半分終わりました。

「おはようございまあーす」
「おはよう〜、あ、ミカ、カーディガンが裏表逆だよ〜」


と、至極自然に、とんでもない朝の挨拶が交わされた今朝の編集部。
もう大抵のことには驚かなくなりました。
頭に稲穂を付けてきたり、靴の底が編集部の床に落ちていたり、スカートに穴が開いてたり、服を逆に着てきたり。我々の価値観を大きく超越し、世俗を突き抜けた、万物の王・ミカ。・・・強い。

先輩を追随する20代女子・シエルも、お昼にまりもさん(鴨とちゃんぽんの名店)までチャリを飛ばして、盛大にスカートにちゃんぽん汁をこぼしてきてたし、ヤナッチは「肉(200g以上)を食べれるランチリスト」を作ってるし、「最強編集部伝説」が上塗りされていきます…これって普通?雑誌の編集部ってみんなこんな個性派メンバーが揃ってるもん??


本日は上半期の面談を各人としていたのですが、

「成人病に気を付けようね」
「机の上を片付けようね」
「お化粧もうちょい頑張ってみる?」
「お昼の揚げ物減らす?野菜食べてみる??」

と、それぞれに的確なアドバイスをしておきました。
これで賞与査定をするのは、編集長としても非常に難しいです…。





PermalinkComments(0)

2019年06月28日

夫婦?家族?

昨日ミヨッシーがセブンのカレーを食べていたので「タンドリーチキンのなんとかってカレーでしょ?美味しそうですよね、あれ」と言ったら「違います。あんなかわいいメニューには興味ありません。ガッツリ肉のビーフカレーです」と言い放たれ、姉さんの丈夫な胃腸と力強い口調に圧倒されました。

すると今日、ミカが同じメニューを食べており、「二人そろって男前メニューやね…」と言ったら、ミカが食い気味に「違います。昨日、一昨日とカフェ取材でパンケーキだったので、もう我慢がならなくなっただけです」と、ものすごい男前発言。
パンケーキは2日が限界だそうですよ、うちのレディーは。パンケーキでなよった胃は、カレーでリセットするようです。聞いたことない、そのデトックス。

その1時間後、編集部に似たような香りが充満し始めたので、「もしや!?」と思って横を向いたら、ヤナッチも同じカレーを食べていました。
カレー3兄妹なの!?君たちは!!?

一緒に暮らしていたら食の趣味が似ていくとよく言いますが、一緒に働いていても似ていくみたいです。…私、似ていかないんだけれども。なんでだろ。(胃腸がなよってるから?)


PermalinkComments(0)

2019年06月25日

今日も平和な編集部です。

クライアントさんから「ウエダさん、何かあった?出張もないのに1週間もブログ更新ないけど」って言われました。
ご心配おかけしてすみません。
何もありません。
何もなさすぎて、ただただ平和な毎日を送っております。報告すべきこともないほどに、平穏。便りがないのは良い便り。(←怠慢を棚にあげて…


オフィスビルの共有のお手洗いで隣の会社の方と喋っていたら、「編集部って一体何人いるんですか?毎日すごい笑い声が聞こえてくるんですけど」って言われました。(にこやかだったんですけど、これってもしかして…苦情?
完全に業務妨害ですね…申し訳ありません。
ただでさえ、声がで〜〜っかい二人(佐賀兄妹)がいるのに加えて、私を始めとするゲラも揃っておりまして、およそ6名とは思えない賑やかさなのでしょう。
ちなみに佐賀兄妹のどちらかが電話を始めると、我々は手話で会話を始めます。その他の会話が聞こえなくなるほどの、大音量。
にもかかわらず、ミカ(佐賀妹)は先日電話中に、別の電話中のヤナッチ(佐賀兄)に向かってジェスチャーで「黙れ!聞こえん!」と言っておりました。…「電車が通るガード下」レベルのデシベルだと思われます、この編集部。

ということで、お隣のオフィスの皆様にはご迷惑をおかけしていることと思います。
この場を借りてお詫びします。お詫びが届くことはなさそうですが。




PermalinkComments(0)

2019年06月17日

半年後の忘年会に向けて…

先ほど、取引先にお邪魔していたら、お偉い方が「お、ウエダさん、今日はジュディオングだね!」と声をかけてくださいました。

ジュディオング認定を受けた、本日の私の袖


IMG_3485
Wind is blowing from the Aegean〜〜♪




そんな話を帰って来て編集部でしていたら、当然のごとく昭和歌合戦が始まり、「ブラブララララエージャー♪」と適当に歌うミヨッシーと、「タラララリラアージアー」とこれまた適当に歌うミカ。
それを聞いてたシエルが、またも20代を発揮しました。

「ジュディ…ジュディ何ですか?」


「ジュディオングを知らんとー!?」と姉さん方に罵倒され(嘘です)、彼女は速攻ググってましたが、検索窓に「ジュディ」と入れた時点で「すごい!JUDY AND MARYよりもジュディオングさんのほうが上に来てますよ!」と現代っ子っぽい驚き方をしてくれました。
人の有名度は、予測変換の順番が判断してくれる時代…。


シエルには忘年会までに曲を覚えてくることを厳命したパワハラ編集部。
衣装は私が貸し出しますので、ご安心を








PermalinkComments(0)

2019年06月13日

燃費抜群の社用車

今日も遠方取材に出ていたのですが、驚きました。
月刊はかた号の燃費の良さに!!!

IMG_3427


見てください、これ。興奮。一回の給油でなんと950kmも走れるんですよーー!!
(今、130km走ったところ。残り818km走れるってこと)


自分の車が燃費13km/ℓとかくらいの燃費劣等生なので、あまりの優等生っぷりに驚きました。
いや〜〜〜びっくり。今日もいっぱい走ったのに、目盛り一つも減らず!

ガソリン気にせず、たくさん乗ろうと思います。
社用車にアクア、超おすすめです。(ステマではない



PermalinkComments(0)

2019年06月10日

新・タイ土産

IMG_3458


G20で福岡タワーがこんなことになっていた頃、シエルは…


IMG_3451


パタヤでこんなことになっていた模様。
なんか、おじいちゃんになったギズモみたいなのに抱きついてますが、タイのキャラクターのようです。どういうシチュエーションかよくわからないけれども、本人がすごく嬉しそうなので良しとしましょう。キャラクターのほうが腰が引けてる(&顔まで背けてる!?)のが気になります。

IMG_3475


そのシエルも無事戻ってきて、お土産を買ってきてくれました。
なんと、タイのスパークリングワイン。タイって意外にワイン王国なんですよね。
私はホアヒンのモンスーンバレーくらいしか知らなかったのですが、パタヤ近くにもワイナリーがあるそうで、そこのワインを買ってきてくれました。
まだ飲んでないけど楽しみー どんな味わいなのかな〜〜。

PermalinkComments(0)

2019年05月30日

OB(のほうから)訪問。

昨日は、弊社のOB(=私が新入社員時代の直属の上司)が福岡出張の合間に編集部に立ち寄ってくれました。

右も左もわからぬ新人時代。
初めての取材で舞い上がって質問事項をすっぱり忘れた私を横からフォローしてくれ、
その後一切責めることなく「最初はみんな、あんなもんだから」と喫茶店でなぐさめてくれ、
さらに仕事ができずに落ち込んだときは夜ご飯に誘ってくれ(←おごり)、
東京から福岡へ転属する前にはもう一人の同僚とともに仕事後にディズニーランドに連れて行ってくれ(←高そうなディナーをごちそうになり)、
韓国旅行からはDIORのリップグロスをお土産に買ってきてくれ(←部署の女子全員に!)。

もうお世話になりまくりの、ご迷惑かけまくりの、おごってもらいすぎの、絶対に足を向けて寝られない先輩なのです。
原稿うまいし、取材中も大人の余裕があるし、年長者の扱いもうまいし、一体何歳になったらあんな風に働けるのか…と当時思ってました。

で、昨日聞いて最も衝撃的だったのが次のセリフ。

「ウエダさんって、俺の一個下だったよね?」

えぇ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
マジで!?い…っっっこ!!?

いや、見た目的にはめちゃめちゃ若いので外見的な部分では全くなくて、あまりに仕事ができていたので、勝手に10歳くらい上の大先輩かと思ってました。
まさか一個違いだったとは。20代であの落ち着きだったのか…。

IMG_3433


出張の合間に立ち寄っただけなのに、気の利いたお土産まで持ってきてくださり、デキル男っぷりは健在のようです。しかも空港で買ったお菓子じゃなくて、神田の名店の和菓子ですよ。デキル男は空港で買わないのですよ。(デキナイ私はいつも空港菓子です…

弊社OBの皆さんはいろんなところでそれぞれに活躍されており、思わぬところで名前を聞くと嬉しくなります。起業した人あり、某有名編集部に移籍した人あり、某企業社長にヘッドハンティングされた人あり。小さな会社ですが、人材の豊かさは30年前から変わってないんだなーと。

独立する気も、転職する気もない私は、OBOGの皆さんが恥じることのない「出身会社」でい続けられるよう、しっかり根を張って会社を発展させていきたいと思います


PermalinkComments(0)

2019年05月23日

今日のおやつ

東区の超人気店「お菓子のオペラ」の担当者はヤナッチなんですけど、今日は別企画の取材だったので、ミカが伺ってきました。

するといつもと同じ現象が。

IMG_3408


ヤナッチがオペラさんに取材に行くと、吸い寄せられるように必ず濱田シューを買ってきてくれるのですが、ミカも全く同じように今日買ってきてくれました。

ヤナッチ曰く、「あの店に一歩入ると濱田シューを買わずにはいられない」そうです。
濱田シューを買いたくなるオーラに満ちているそうです。


おかげで、美味しいお土産をいただくことができました。
「あそこに行ったら絶対買っちゃうもの」ってありますよね。

PermalinkComments(0)