編集部の日常

2018年04月18日

パンがないなら、ケーキをお食べ。

ヤナッチは運転をしないのですが、本日小戸公園まで撮影に行きたかったらしく、公共交通機関を調べていました。
「ない、ない、バスも電車も、なにもない!!」と騒いでいるので、お隣から助け船。



「これでどう?」と提示した案↓

スクショ無題

「バスがないなら、チャリでお行き」(by ウエダ・アントワネット)



「45分もかかるんですよっ!!!9kmですよ!!!」とまだワァワァ騒いでいるので、

「普通のサラリーマンは週末にわざわざ高い会員料金を払ってジムに行き、面白くもない画面を見ながら延々ペダルを漕いでるの。あなたは勤務時間中に、きもちのいい風を受けながら、変わりゆく景色を楽しみつつペダルを漕げるの。なんて幸せなの?」

と言うと、目を閉じながら黙って自転車の鍵を手にし、出て行きました。

仕事できて、カロリー消費出来るなんて、一石二鳥。
気持ちよい春の取材は、自転車が大活躍ですね。・・・・私は車使いますけどー

PermalinkComments(0)

2018年04月13日

初夏?いえいえ、まだ春です。

今朝、会社に着くと冷房がMAXでして。
先に来ていたヤナッチの仕業でした。
「え?朝だけど、冷房いる?」と聞くと、「今年も始まりましたね、この攻防戦が」と周りのみんながニヤニヤ。

そうなんです。超暑がりのヤナッチと超寒がりの私、毎年のように「冷房大戦」を繰り返しているのです。略して「冷戦」。
私はストールを準備する等、自分でできる限りの対策はしているつもりですが、ヤナッチは「まだ夏物は着ません。合物なので暑いのです」と断固、努力をしてくれません。地球にも私にも厳しい…。

蚊帳の外でニヤニヤしていたミカがフリース素材のひざかけを腰に巻いてたので、「寒いよねー?」と同意を求めてみると、「あ、ひざかけ巻いてるの忘れてた!惰性で巻いてました!暑いです!」と突然うちわを手にパタパタ。膝掛からウチワまでのスパンが短すぎる…この人もよくわからない身体だわー。



ちなみにミカの本日のドリンクはこれまたよくわからないこちら。


IMG_0154


プラスチックに包まれた「溶けない氷」に熱々コーヒーを注いで、アイスコーヒーを作っていました。これって、夏にサイダーとかを薄まらずに冷えたままで飲むように開発されたものだと思うけど…プラスチックに熱々コーヒーって、何か悪いものが溶け出しそうだけど、大丈夫?

透明なグラスとかに入れて、おしゃれに炭酸などを飲むためのアイテムだと思うのですが、まさか意味不明のインカ帝国みたいなマグカップに入れられて熱々コーヒーを注がれるとは、開発者も想像していなかったでしょう。
「おしゃれアイテム殺し」の異名を持つミカ、本領発揮です…

PermalinkComments(0)

2018年04月06日

めんたいロック。

ミカが20代の若手スタッフに、昭和の博多文化についてレクチャーしてました。
確か彼女、昭和時代を8年くらいしか生きてないはずなんですけどね。
なんで詳しいんですかね。

で。
若手女子たちが「めんたいロック」をあまり詳しく知らなかったようで、「月刊はかた編集室スタッフとしてそれはありえん!」と檄を飛ばしていたミカ先輩。

「あんまり詳しくないとはいえ、シナロケくらいはわかるでしょう?」
「シナ…ロ…ケ?」
「シナロケも知らないの!?それはダメ。伝説のバンドよ!シーナ&ロケッツよ!






・・・椎名誠よっ!!!





…一瞬の全員ポカンののち、大爆笑。
そんな人気エッセイストが所属するバンド、私も知りません


PermalinkComments(0)

2018年03月15日

時を超える女。(←「かけて」もないし、「少女」でもないので)

次号のゲラを校正しているときに「田端義男」の文字を見つけて、サラリと「あ、バタヤン」と愛称が口をついて出たミカ。
ついでに、田端義男さんのヒット曲集の中に「ズンドコ節」というのを見つけて、「ズンドコといえばドリフですよね〜」とこれまたサラリと発言し、「え?きよしじゃないの?」という我々を打ちのめしました。

なんか、最近輪をかけて年齢詐称疑惑に拍車がかかっています。
小さいころに見てたテレビ番組とかが、明らかに1980年代生まれじゃないんですもん。
30年くらい時空をすっとばして、こっちの世界に来たんじゃないか…と思っていたら、本日奇跡発生。

IMG_0090


突然、ミカのPC画面が全てモノクロに変わりました。


やっぱりミカのデスク周り、時空がゆがんでるんだと思う…近づいたら危ないな

PermalinkComments(0)

2018年03月14日

ホワイトデーに白い餅!

IMG_0092


ヤナッチから女子スタッフに「これ…バレンタインのお返しです。何ももらってないけど」と梅が枝餅が配られました。

バレンタイン…何も渡してないどころか、ヤナッチがもらったチョコをみんなで奪った記憶が…。
毎年この時期には、恐喝と略奪(=バレンタインデー)&カツアゲ(=ホワイトデー)の歴史が繰り返されています。

PermalinkComments(0)

2018年03月06日

ストレス要因。

私のストレスの85%はヤナッチでできているのですが、今日も話しながら、「最後まで聞いてから、反論を始めてください」ということ3度。

ヤナッチの書いた文章を校正しながら「これってどういう意味ですか?」と聞くと、「わかりません。どういう意味ですかね?」と逆質問を受けること2度。

タイプミスが多すぎるので「集中力切れてない?」と聞くと、「切れてるんでしょうね」と他人事対応されること数度。

そのたびにキーッとなる私を見て、「ウエダさん、眉間にシワ寄ってますよ。あんまり顔しかめると、そこのシワが刻まれて取れなくなりますよ」と微笑みながら平然と返されまして、もうストレスバロメーターが異常値を計測しております…


何かのラブソングで「いつか君に笑いジワがたくさんできたら、それは僕のせいだと言わせたい」みたいな歌詞がありましたが、いつか私の眉間にシワが深く刻まれたら、それはヤナッチのせいだと強く言いたいです。




…ホワイトデーはレチノールもらわないとな。(←バレンタインデーは何もしてない・笑)

PermalinkComments(0)

2018年02月20日

親分さん、サプライズ!

IMG_9911


本日、ついたった今、月刊はかたで大好評連載中の小松政夫さんが、まさに突然、サプライズで、編集部にお越しくださいました〜〜

いつも来られるときは突然なので嬉しいサプライズなのですが、たまたま席を外しててタイミングを逃したらどうしよう!というドキドキもあります。

たっぷり1時間、編集部でいつものように面白話を聞かせていただきました。
なんという贅沢な独占講演会でしょう。

4月22日には、お酒を飲みながら小松さんのコメディーショーを観る、という夢のような企画も予定されています。
詳細決まり次第、本誌でもこのブログでもご紹介しますので、ぜひ皆さん、4月22日の予定を空けてお待ちくださいませ。お酒飲みながら舞台を観るって、絶対楽しいですよね

PermalinkComments(0)

2018年02月19日

ソニーカメラ部、始動。

IMG_9907


金曜日は有志の編集部スタッフで、ソニーのカメラ講座に行ってきました。
当初、1時間の予定が大幅オーバーの2時間半という長丁場!
ド素人の我々に、懇切丁寧に先生が教えてくださり、非常〜〜〜に有意義な時間でした。
もう、写真を撮りたくって仕方ない。
Aでf値を最小にして、SSを上げて、露出暗めで、撮りたい!(←言いたいだけ。笑)

しばらく、我々のカメラ熱は上がりっぱなしだと思うので、取材先の皆さま、相当気合入れて料理とかポートレートを撮るかと思いますがお付き合いくださいませ。
篠山紀信ばりに「いいよ〜〜ちょっと目線あっち向けてみようか〜」とか言っちゃうかもしれませんが、その時はぜひお付き合いいただけると幸いです


PermalinkComments(0)

2018年02月15日

いそのさわ蔵開き@2018も楽しかった!

DSC00215


今年も毎年恒例の編集部大人の遠足「いそのさわ蔵開き」に行ってきました!
毎年2月11日と開催日が決まっているので、忘れることも調べることもなく、同じ日にうきは駅に集結です。

ただし、今年は東京&名古屋スタッフも一部参加してくれたので、常連の福岡チームはおもてなし部隊。九州の蔵開き文化を伝えたい!と気合満々でした。

いそのさわさんは相変わらずの居心地のよさで、とっても賑わっているものの、座る場所がない!なんてこともなく、いつもながら最適な蔵開き規模でした。
しぼりたては最高に美味しいし、甘酒はあったまるし、地元料理の屋台は美味しいし。

しかし。



今年は、例年になく・・・・・極寒でしたーー

お天気はとっても良かったんですけどね。
こればかりはどうしようもないですよね。

日本酒を持つ手が震えだし、歯がガチガチするほど…。

qq

手が震えたミカが、持っていた日本酒を私の太ももにぶちまけた瞬間。
しょうがないよね、寒いもんね…
「やっちゃったー…という表情で、一枚撮らせてください」というヤナッチカメラマンのリクエストに応えた一枚。
ミカ、ほんとに反省してるのか…?

IMG_9904

「神様、どうか温もりを。暖かい陽射しを我々に…。」

ってな感じで、というリクエストに応えた一枚。
なんか言えばなんでもやってくれるメンバーなんですけど、もうこの日は寒すぎて、一連のこれら寸劇に付き合う余裕もなく。

珍しく、飲んでも飲んでも酔うことなく、すっきりとした頭で帰路に着きました。
これはこれでいつもの大惨事()が起こらなくていいのかも。


九州各蔵の蔵開きはまだまだこれから本番ですので、月刊はかた2月号の「蔵開きカレンダー」を参考に、ぜひ皆さんも大人の遠足をお楽しみくださいね〜!


PermalinkComments(0)

2018年02月13日

社員旅行@2018

ひっさびさに、社員旅行に行ってきました〜〜
何年振りだろう…でも前回は福岡チームだけだったので、東京&名古屋&福岡の全社合同社員旅行は初めてかも!!

今回は九州チームがおもてなししましょうということで、東京&名古屋から九州に来てもらいました。
行き先は昭和の社員旅行のメッカ、こちらです!

33

油屋熊八、リスペクト!!


ということで、熊八ポーズで別府に降り立ちました。
というか、別府市民以外でこんなにも熊八をリスペクトするのは、九州王国愛読者と九州王国編集者くらいでしょう。バスガイドも地獄めぐりも温泉マークも、全て熊八先生の偉業なんですよ。久々の社員旅行は、熊八先生のお膝元で「おもてなしとは何か」を学んで帰らせていただきます!


44

昭和な観光地ですから、もちろんお約束の顔はめパネルにもイン。
遠慮がちなミヤモン(右)に対して、顔をパネルに押し付けるが如くめり込ませるミカ(左)、さすがです。(しかも拡大しないと気づかないレベルにも関わらず、ちゃんと寄り目)

55

「これ以上、天狗になりませんように」という(ミカからの)願いを胸に、天狗写真を撮るヤナッチ。



…あとは、スッピンで飲んでる写真ばかりなので以下自粛。
新しく買ったソニーのカメラによる料理写真でお茶を濁しましょう。
11

きれい!


22

美味しそう!




なんと900MBも写真を撮ったというのに、こんなにも一般公開に耐えうる写真が少ないというのはどういうことでしょうか…。
しゃぶしゃぶの肉の写真しか公開できないほどに、酔いつぶれた社員旅行でした。
夜、オリンピックの開会式をみんなで観ながら、なぞかけした記憶しかない


みんなで飲んで騒いで喋って遊んで、存分に楽しんだ社員旅行でした
来年もまたみんなで一緒に、行けますようにーーーー

PermalinkComments(0)