九州の逸品2

2007年02月20日

太宰府の銘菓。

c62ca18e.jpgお正月→受験シーズン→梅の季節…と、新年からずーっとフィーバーし続けるスポットといえば、太宰府天満宮です。

太宰府に行ったらやっぱり参道でお土産を物色するのが一番楽しいわけですが、参道沿いで一番好きなお菓子は?と聞かれたら、迷いなく「鬼瓦もなか天山」をあげます。
もなかの皮が抜群においしいです。
皮だけでもムシャムシャ食べられるくらい、おいしいです。
2年前のブログでもこの最中を絶賛していますので、ご興味ある方はプレイバックしてください。
あ、もちろん梅が枝餅もおいしいですよ〜〜。

と、ここまで書いておいて今日ご紹介するのは別のお菓子なんです。
太宰府で最も度肝を抜かれる、歴史あるお菓子。


銘菓「うその餅」です。


これは、「梅園」さんという太宰府を代表する老舗菓子店の看板商品です。
梅の絵が描かれた落ち着いた上品な箱を開けると、衝撃のショットが目に飛び込んできます。

お菓子の色が一面グリーンなのです。

…って、そこもある意味衝撃的ですが(あまり食品に用いない色ですよね?)、ショッキングビューはそこではありません。

よくみると、何か見えるでしょ?
何かが、一面のグリーンの一部を破壊しているのが、見えるでしょ??




埋没している破壊王はこちら↓
ギロリ!ぎょえ〜〜〜〜!!!
こ、こえ〜〜〜〜〜!!!

もんのすごい、こっち見てる!
もんのすごい、上目遣いで見てる!
こういうの「ガン飛ばす」っていうんですよね??
…怖い。怖い怖い!!




実はこれ、太宰府天満宮の神事に使われる「木うそ」という由緒正しいお守りなのです。
木うそとは、木で作った「鷽(うそ)」という鳥のこと。
太宰府天満宮では毎年1月7日の夜に、それぞれ「マイ木うそ」を持ち寄って、暗闇の中でみんなで木うそを交換しあいます。
替えることで、一年の間に知らず知らずついた自分の嘘を誠に替えてもらえる、という非常に有難い(都合よい?)神事です。


紫蘇風味のおいしいお餅(グリーンの部分です。牛皮餅の周りに緑の紫蘇風味の落雁がまぶされてます…これはこれですごい構成です)も食べられて、幸運のお守りも手にできるとは嬉しいお土産になりますよね。
何より、この箱を開けた瞬間の先方の顔を見るのが楽しみです。

非常に上品な奥様のお宅とかにこそ、持って行きたい福岡土産です。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月05日

九州の超逸品。

1b2bce32.jpg昨日の宣言どおり、本日はめっちゃ隠しておきたい超逸品をご紹介しましょう。


といっても、私が隠したくてもみんなが隠してくれません。
最初の逸品本のときにこれを掲載したかったのですが、なんと取材直前に、あの忌々しき超人気全国誌(←アレです、アレ!)に「お取り寄せしたい品、1位!」として紹介されてしまい、商品がなくなり工場からも出せなくなったので掲載できない…という悲劇の物語を持った非掲載逸品だったのです。

私がこの商品を知ったのは約6年前。
前編集長が取材先で買ってきてくれ、編集部で箸の先ほどなめたんですけど、速攻その場でお取り寄せ電話をしてしまいました。
本当に、今まで食べたことのないおいしさだったんです。

その日から「いつかここの本社工場に行ってみたい」と思っていました。
やはり作っている地を知るのと知らないのとでは、商品への思い入れが全く違いますもんね。

…ただ、ここは絶対に「どこかに行ったついでに立ち寄れる」ような場所じゃないんですよ。
ダム問題に悩まされてきた、あの土地です。
子守唄で有名な、あの村です。
最寄インターから山をかきわけること、1時間。
途中、渓谷にうっとりし、山の緑にうきうきし、トラックとの離合にドキドキするという高度な運転技術を求められます。
当然、高度な運転技術がない私がドライバーなので、助手席の母は石になっていました。


そば
で、命がけで(←大げさ?)たどり着いた先でいただいたのが、このお蕎麦です。
この逸品を揚げて具にした蕎麦が名物だそうです。


…そろそろこの逸品、何か想像ついてきました?
スイーツでないことは確かですね。お蕎麦の具なので。




涙をのんで、掲載できなかった「九州の超逸品」をここでご紹介してしまいましょう。
こちらです!!
山うに
五木屋本舗の「山うにとうふ」です。
これは逸品というより、もはや名作です。
この価格でこの品質、すばらしい企業努力ですね。


我が家では大量に取り寄せて冷凍してます。
冷凍なら6ヶ月もちますよ。…6か月分と思っててもうちは1ヶ月で食べきっちゃいますけど。

ご飯にもお酒にもグーのこの商品、ぜひお取り寄せしてみてください。
現地へ行かれることを強くオススメしますけどね〜(←道連れ求ム)。



※ちなみに忌々しき全国誌は「ブルータス」です。
忌々しい理由は100%ただの妬みです。
いいなぁ〜あのくらい売れたらな〜〜。

PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年08月09日

あの逸品が関西で大ウケ。

先日、「逸品対決!」でお世話になった会社の専務さんからビデオが送られてきました。
「大阪のTVで商品が紹介されたので、見てください!」と。

早速、会社のTVビデオにセットしてみてみると、おお〜これは関西のおばちゃんたちのバイブル番組、「ちちんぷいぷい」ではないですか。
関西以外の皆様と、関西在住でも昼間は働いててTV見れないよ、という方のために説明しておくと、この番組はほんとにディープな関西ローカル番組です。
何がディープかと言うと、週代わりの出演者。
ハイヒールに、桂南光に、なるみに、トミーズ健に、未知やすえ…という、関西人なら知らぬ人はいない&関西以外で見たことがない人たちが総出演しているのです。
まさに、関西人の関西人による、関西人のための、番組。


この関西至上主義の番組で、九州のとある逸品が15分ほどもかけて紹介されていました。
「魔法の寝具」として。
これだけで「九州の逸品」及び「逸品対決!」をお持ちの方なら、どの商品のことかおわかりになりますよね。
寝具は一つしか紹介していませんので。
しかも、このブログでも何回か絶賛してますので。


で、この番組の担当者の方も「逸品対決!」で目をつけてくださったそうです。
「“大人のおくるみ”とは、一体いかなる…?」と思って検証したところ、非常に素晴らしい性能を持っていることが判明し、寝苦しい夏対策として特集を組まれたのだとか。
「番組放映後の反応がすっごいんですよ〜〜」と専務さんも喜ばれていました。
さすが「ちちんぷいぷい影響力」です。



思い起こせば、私が初めててこの商品&会社さんに出合ったのはもう5年ほど前になります。
本誌の「健やかに暮らそう」という連載で取り上げるために、遠〜い遠〜〜い街まで車で出かけました。
見渡す限り畑、という場所にポツンとある会社だったのですが、専務さんも会長さんも社員さんも皆さん、ものすごーく感じの良い温かい人たちで、気付いたら外が星空になるまで話し込んでいました。
で、こんなに素朴な会社なのに、商品力はというとロフ○ーさんもテ○ピュールさんも真っ青の、世界に誇れる素晴らしい「逸品」だったのです。

それからはこちらの商品の大ファンとなり、本誌はもちろん、「九州の逸品」や「逸品対決!」などことあるごとにご紹介してきました。

そこからTV局さんに目をつけていただいた、というのは編集者冥利に尽きます。
ちなみに先週の土曜には、オセロ司会の「知っとこ」でも紹介されていました。
(「世界の朝ごはん」を見るのが大好きです。あんな本を作りたいです)


私たちの社会への影響力なんてほんとに小〜〜さなものなのでしょうけれど、もしこのままこの商品がヒットし、全国で話題となっていったら、こんなに嬉しいことはありません。
もちろんヒットする一番の理由はこちらの会社さんの商品開発力の素晴らしさです。
そして二つ目はテレビという反響の大きな媒体の持つ力です。
そして3番目、4番目…といろいろヒットの源はあると思いますが、何番目かには、私たち地方出版社の、地元の良品を地道に探す力があるのではないかと自負しています。


地元だからこそ見つけられる、小さな会社の大きな可能性を探していきたいと思います。
もちろん、ブームではなく、長く愛される本物の名品を。

PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年06月20日

久々、九州の逸品です!

ee9dfcd6.jpg「逸品対決!」を発行してから今日でちょうど1ヶ月。
なんだか最近忙しさにかまけて、逸品ハンターの仕事を怠っていたような気がするので、久々このブログの本題「九州の逸品」をご紹介します。


“「九州の逸品」も出したし、「逸品対決!」も順調だし、もう逸品ハンターの仕事しなくていいんじゃないの〜?”とか思われている方、違いますよ。
逸品ハンターは続けます。
そして必ずや、次にはさらにパワーアップしたすごい形で皆さんにご紹介する予定です。
九州で売れた「九州の逸品 100選」。
東京で売れている「逸品対決!」。
…この進化を見てもおわかりですね。ぐふふ。
次に狙うは…


世界!!!


です。「逸品ワールドカップ」です〜〜。
あ、今笑ったあなた。
来年の今頃、後悔しますよ〜〜
待ってて、世界のみなさん!
オリンピックなんて招致せずとも、九州の逸品を必ずや皆さんにご紹介しますからね〜。
九州の素晴らしいものを、海を越えてお伝えする日がいつか絶対やってきますからね〜〜(←結構、真剣な私)


と、勢いに(調子に?)のってる私が、今日ご紹介するのは写真の「梅みそ」です。

これは練り梅でも梅味味噌でもなく、全く新しい、今までになかった商品。
とろっとしたジェル状に近い形態なのですが、味わいが複雑なんです。
甘くもなく、酸っぱくもなく。
…でもどことなく、甘くて、酸っぱい。

どっちやねん、といわれそうですが、ほんのり甘酸っぱい上品な梅の香が、まろやかな味わいの味噌と絡んでいます。
冷奴やディップにしてもおいしそうだけど、バニラアイスにかけてもきっとすっごくおいしいはず
こんな、おかずにもスイーツにもなる逸品って珍しいですよね。

さーらーに、瓶の後ろの、丸いケースに注目!
一つひとつ手描きで描かれた、かわいーい梅のケースに一瓶ずつ入ってます。
きゃ〜〜きゃわいい〜〜!!
乙女じゃないけど乙女心はくすぐられます。
こんな手土産持っていったら、奥様の株、上がりまくりですよ。



この商品の詳細が気になる方は、編集部にメールかお電話でお問合せくださいね。




PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年05月12日

見本刷り上り!

皆さん!!!

昨日は遠征していたのでブログ休んじゃってすみませんでした。
ほんとは今日の予告をしようとしていたのに。
遠方まで取材に行って疲れて直帰して、そのまま寝てしまいました


今日はまたもや記念すべき日です。
めちゃめちゃめちゃめちゃ狂喜乱舞した日です。

できた〜〜!!すぱ〜〜〜ん!!!

できました!
できた!できた!できたぁ〜〜〜!!


本ができあがってきました。
この瞬間が、たぶん一番嬉しいときじゃないでしょうか?
もうほんとに嬉しくて嬉しくて、抱きしめたいけど折れたらヤダ、と複雑な想いを抱きながら両手の中で優しく包み込んでおりました。
S嬢に「ウエダさん、泣いてもいいですよ」って言われました。
泣こう。
帰ってお酒飲みながら泣こう〜〜

見本誌なので取次さんのもとにすぐわたってしまい、手元にはほとんど残らなかったのですが、それでも一瞬我が子を手にできたので感無量です。
来週には何百冊も手にできるんですけど。

ちなみに皆さんにちょこっとだけ中身をご紹介しちゃお。
中誌面逸品本と大きさ比較中はこんなかんじ。逸品本と比較したら、こんなに大きいんですよ〜〜。写真も迫力あります。読み応えもばっちり。


さあ、いよいよ送料・代引き無料の予約期間が終わりに近づいてきています。
まだの方は、ぜひこちら

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月21日

大自然の味。

ff280f61.jpg今夏公開、実写版「ハイジ」のPRツールが映画会社さんから送られてきました。
(写真は切り抜き&組み立ててハイジの山を再現したところです)

あんなに無邪気にペーターやクララと遊んでいたハイジは、今、日本では生命保険の相談をおじいさんとしていたりします。
あのCMを見るたびに、ハイジが現実社会の厳しさを知ってしまったことに切なくなります。
ずっとおじいさんやユキちゃんと山で白パン食べていてほしかったのに。
老後や入院時にかかる費用のことなんて、ハイジには無関係でいてほしかったのにー。


そんなハイジ@ジャパンに裏切られた感のある我々にむけて、実写版がイギリスで作られたようです。アニメが素晴らしかったので、実写でがっかりするのは嫌だったのですが、生命保険にアタマを悩まさないハイジに久々に会いたいので観にいきそうな気もします。
どうせガメラファンが二人も生息する編集部では、試写状余裕で私に回ってくるでしょうし。



で、校正で忙しい最中、この大自然を組み立てていたわけですが(息抜きです、息抜きですよ〜、息抜きですってば)、組み立てた後に校正紙を見ていたらある逸品が妙に目に付きました。
こちら
トマジューハイジといえば、アルプス。
アルプスといえば、大自然。
で、これ。大自然の恵みた〜〜っぷりのめちゃめちゃセレブなジュースなんです。
背景の壁紙が既にゴージャスな雰囲気を醸しだしているでしょ。
東京の人でもおそらく知っているであろう、福岡のめちゃセレブフレンチ店で撮った写真です。

…実はこのジュース、北海道産なんです。
でも、今回「九州の逸品」として紹介しちゃっているんです〜〜
なぜでしょう?
不思議でしょ?
気になるでしょ??


気になった方はこちら
答えが、書かれていますよ〜〜。(誘導成功?)

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月18日

とうとう今日から、予約始めます!!


お待たせしました!!

本日より、とうとう「逸品対決!」本の先行予約の受付を開始致します〜


今回の子は(も?)、難産でした。
というか、逸品をチョイスすることも原稿を書くことも、どれも別に苦しまなかったんですよ。
むしろ、逸品チョイスは本当に載せたい素晴らしいものばかりだったので、絞るのが大変だったくらいで、選ぶのはも〜ノープロブレム。

では何が難産だったかというと、企画を進めるたびにどんどん欲深くなってしまい、「対決項目はもっと直接的じゃない面白いものにしよう」とか、「専用サイトではこんなこともできるようにしちゃおう」とか、どんどん改善を進めすぎたことにあります。
どこかで妥協しなきゃ…と思いつつ、全くできなかった私たち。
おかげで、予定より1ヶ月ほど発行がオーバーしてしまいましたが、素晴らしい子が生まれそうです
今回もまた、臨月を迎え、達成感と大満足の妊娠期間(=制作期間)を振り返っております。

ってことで、わが子の顔を初公開しちゃいましょう。
こちらです!!

ぱんぱかぱ〜〜ん♪どうですか、お客さん!!
かあぃい顔してるでしょ〜〜〜〜(←親ばか?)
今回の本はA4タイプ。ババン、とビッグタイプです。

こんなに大きくて、情報量満載にも関わらず、なんとお値段お手頃1575円です!
絶対損はさせません。
面白くて、お役立ちの、一家に一冊常備本!

しかも今だけ送料・代引き手数料で発売と同時にお届けいたします。
さあ、こちらから、予約受付致しますよ〜


PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年04月03日

新入社員の皆様へおすすめの逸品。

本日、入社式という会社さんも多いのではないでしょうか?
新入社員の皆様、おめでとうございます!!
桜舞い散る中に浮かぶ、あなたたちの新品スーツ&ピカピカ靴姿はまぶしいです。
自分にもあんな日があったのだろうか、と一瞬瞑想してみました。


ポクポクポクポク……、チーン
ありました、ありました。
幻想を抱いている時代がありました。


社会人になったら、

高いヒール履いて、前髪かきあげて、タクシー券とか使いたおして、アシスタントとかを引き連れて仕事するのかと思ってました。

残業後に一人でバーに行ったり。

休日には取引先の皆さんとゴルフに行ったり。

カフェでノートパソコン開いて原稿書いたり。



って、ありえない…


ヒールなんて履いてたら取材先の田舎道や泥道歩けないし、
前髪目にかかったら邪魔だし、(これ関係ない?)
タクシー券なんてうちの会社には存在しないし、
アシスタントどころかテープ起こしから自分でしなきゃいけないし、
バーじゃ餃子食べれないし、(これも不明?)
ゴルフじゃお腹満たされないし、(さらに不明?)
カフェでノート開いたって資料&物品が目の前になきゃ原稿書けないし。

…要するに、夢見ていた理想像は幻想にしかすぎないのですよ。
それが現実です、皆様。


ちなみにOL一年生のあなた、社内恋愛を夢見ていたところで、それも幻想ですよ。
隣の席に福山雅治は座っていません。

社会人歴が進むと、平気でランチ後のお化粧直しをしなくなります。
(だってその後どうせお茶とかお菓子とか食べるし)。
会社に着くとすぐ健康サンダルに履き替えます。
次の日内勤しかないとわかっていたら餃子だって食べちゃいます。

って、上記現象、全て私のことですか…?
こんな社会人になりたくない!と思われたら、せっせとお化粧直しも時間かけて頑張ってください。
社内でもピンヒール貫いてください。
そして餃子が食べたくなったら…






じゅわじゅわ〜〜これを食べてください!!


…長かったわ〜〜、前フリ。
これを紹介したかっただけなのに。

餃子を嫌いな人って私は今まで出会ったことがありません。
おいしいですよね。
しかも博多餃子は皮が薄くておいしい。
私が博多に来てから「餃子娘」の異名をとった理由は、このあまりにおいしい餃子に毎日通っていたからです。
ええ、もちろん金曜土曜のみならず。
さすがに社外の人と会う日は避けましたけどね〜〜社内ならまあね〜〜(←社内恋愛対象脱落)。

ただ、この餃子は大丈夫です。
まだ新入社員のあなたでも、平日に食べて大丈夫です!!
にんにくが入っていないわけではないのですが、ほとんど気にならない程度で、後にも残りません。
しかも味がさっぱりとしているのに肉汁がぎゅっとつまっていて、本格派なんですよ!
特製タレも当然無添加で、さわやか〜な醤油風味。
しかも野菜のシャキシャキ感も残ってるのーっ!!
あ、興奮のあまりタメ口だ!すみません。


平日でもたくさん餃子を食べて元気をつけたいと思う、新OLの皆様!
この餃子なら、食べても社内恋愛のつぼみは摘み取られませんからご安心を

PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2006年03月30日

★☆★  大発表します! ★☆★

お待たせしました!!

「発表するといってしない編集者ランキング」ダントツ1位をただいま爆走中の私ですが、今回はお約束通りちゃんと発表します!汚名返上!
昨日予告していた「逸品本2(仮)」の全概要を、本日大発表いたします〜


このブログを読んでくださっている皆さん、さあ発売日をスケジュール帳に書き込みましょう!
書店の皆様、素晴らしい本ができあがります。書棚を開ける準備をしておいてください!
全国の同業者の皆さん、「地方からもこんな素晴らしい企画が生まれるのね!」とおののき、感動し、敗北宣言をしてしまってください!
そして掲載先の皆様、…皆様。
やっとやっと発売日が決まりました。
本当にお待たせしました…すみません。
そのぶん、時間をたっぷりかけた素晴らしい本ができそうです。
できあがりをぜひ楽しみにお待ちください!!


で、ここからが本題。
概要を発表いたしましょう。


今回の本は実は、九州だけじゃないんです。

日本における独立国家・九州と、ニッポンの首都・東京ガチンコ逸品対決!!なのですおお〜わんだふる!

これは今までの本にはない企画です。
海・山様々な素材に恵まれ、食文化においては特に独自の文化を発展させてきた九州と、やはり首都に集まる多くの素材を加工し発展させてきた東京は、いわば真逆の間柄なんですね。
素朴な素材の勝負ができる九州と、演出力&職人技の加工力で勝負を挑む東京のガチンコなわけです。
東京VS大阪、でも、北海道VS九州、でもなく、これまでに組み合わせられることのなかった首都VS九州
お互いの逸品を比べているだけでも地域性が出ていて面白いです。

しかも今回はガチンコがもうひとつ。

逸品選定を、九州は地方情報誌の編集者がしているわけですが、これと真逆の存在で、多くの逸品を知る人は誰か?と考えました。
そう考えて出てきた、東京の選者は…

ネットモール運営者です。

彼らは「売れるもの」を知っています。
今、巷で何が求められているのか、という情報リサーチ能力は私たちの比じゃないでしょう。
クチコミで大人気のお店、行列のできるお店、そしてこれから「くる」お店。
時代のニーズが求める逸品を感度良く探してきてくれました。


対して私たちは、誰も知らないようなお店の逸品も多いです。
しかし、負ける気はしません
こちらは地元にどっぷり根ざして、20年間地域の皆さんから情報を収集し続けてきたのです。(あ、私じゃなくて、編集部がですね)
誰も見たことがないような逸品を、揃えて迎え撃ちます ふっ



ということで、「九州の編集者が選ぶ九州の逸品 VS 東京のネットモール運営者が選ぶ首都の逸品」(…長いタイトルだな〜。仮ですよ、もちろん)、5月発売決定です。
そしてそしてそして、発売と同時にこの本とリンクさせた専用サイトもオープンします。
今回はこちらから直売しちゃうのです。
本を見て「ほしいな♪」と思ったら、ワンクリックで買えちゃいます!
すご〜〜いね〜〜。
こちらのサイトは、東京のネットモール運営者が作りますので、今までとは違う本格的なサイトになることでしょう。
こちらの「画期的サイト」もお楽しみに


ちなみに、東京のモールチームのブログはこちら
彼らも着々と逸品を集めているようですね〜。(食べてるだけか?)

4月に入ったら特典付き先行予約も始めますので、ぜひ皆様、宜しくお願い申し上げます!!



PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年03月29日

進化したお菓子。

今日、本誌「月刊はかた」の取材で出合ったある社長の言葉。

「経済は進めば進むほど良くなるとは限らないでしょ。資本主義や社会主義にも進めば必ず行き詰まりがある。でも芸術や文化は、進めるだけ進んでいいんですよ。いくら突き進んでもゴールがない。だから貪欲に求められるんです」


うむー!!説得力があります。
これが経済やら経営と無関係の、なんちゃってミュージシャンとかの言葉であれば自己弁護に聞こえるのかもしれませんが、第一線で経営されている企業の社長のお言葉としては、非常にステキだな、と思いました。
きっとお仕事を完璧にされた上で、人生もしっかりと楽しまれているのでしょう。
芸術や文化、私たちも進めるだけ進めていきたいものです


で、次回本に掲載予定の中でも特に「進化した芸術性」を感じた逸品。

海苔を割ると、そこには…これです。
「…どこが?」と思われた皆様は、もれなく次回逸品本をお買い求めください。(強制)
ほんとにすごいんですよ、このお菓子。
普通に素朴菓子に見えるでしょ?
この海苔の中に、ミラクルなカラクリが潜んでます。
「ど、どうやったらこんな風に作れるの!?」と思うはず。
見た目の素朴さからは創造がつかないほど、芸術的逸品です。
職人技にため息が出ます。

海苔の内部がどうなってるかは、次回逸品本でご紹介しますね〜〜。

で、いよいよ新刊本の全てを明日(か明後日)、発表いたします



PermalinkComments(3)TrackBack(0)