2023年仕事はじめ。九州王国2月号(2023)、発売です

2023年01月11日

福岡からのプチドライブおすすめ先

九州王国2022年4月号で「よみがえる、天下人の茶室」という特集をしましたが、校正しかしていない私は、天下人の茶室をこの目でまだ見ていませんでした。
ミカが「目を見張る黄金っぷりでしたよ」と絶賛していた茶室を見てみたいと、年をまたぎましたが唐津まで行ってきました。


IMG_0074


名護屋城博物館は3年ぶりくらい??ここの博物館は無料とは思えないほど展示が充実していて、おすすめスポットです。九州に友人が遊びにくるたびに連れて行っているので、総計10回くらい訪れています

IMG_0075


ここの2階に新たに生まれた展示が、この黄金の茶室。3畳くらいと意外に狭いのですが、秀吉らしく金ぴかです。金と赤って、完璧に成金趣味(秀吉さん、ごめんなさい)ですが、一見の価値ありです。学芸員さんに「ちなみに、復元費用っていくらくらいかかったんですか?」と聞いたのが関西人らしいと自分でも思います。答えは現地で皆さんも尋ねてみてください。

IMG_0079


名護屋城自体は、天守閣がないので迫力には欠けますが、上からの眺めが圧巻で、「秀吉もこの景色を見て、(とち狂って)大陸侵略を夢見たのかな」(秀吉さん、ごめんなさい◆砲隼廚い泙靴拭0躊瑤眤佛呂眛眼で見えます。

IMG_0063


この名護屋城から車で15分くらいの場所に「七ツ釜」という素晴らしい景色の公園があるのですが、ここもいつ行っても人が少ない穴場スポットです。名護屋城に来るたびにここにも立ち寄るので、これまた総計10回くらい来ている大好き景勝地です

IMG_0015



「お城はやっぱり天守閣がなきゃ!」という即物主義の方は、帰りがけに唐津城に立ちよるといいと思います。私は「兵どもが夢のあと」が好きなタイプなので名護屋城の方が好みです。


IMG_0055


最後に!唐津イチの素敵ホテルのラウンジに、錚々たるおしゃれ雑誌と一緒に「九州王国」が並んでいてテンションあがりましたー!
家庭画報を見ようかな、と手にしたら隣に見覚えのある表紙が出てきて、驚嘆&歓喜
ゆっくりお酒を飲みながら、九州王国1月号を読みました。もうほとんど丸暗記している内容だけれども(笑)。


福岡からプチドライブで行ける唐津、ぜひ日帰りでも一泊でも楽しんでみてください。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2023年仕事はじめ。九州王国2月号(2023)、発売です