月刊はかた読者・関係者の皆様へ今月の博多座は、二人の王子に出逢えます!

2021年11月15日

2021年ラストの九州王国、発売です。

IMG_7465


2021年を締めくくる12月号が本日、発売となりました。
「ラスト」と言ってますが、12月15日に1月号が出るので、実質最後は来月です。
ちなみに2022年2月号の締め切りが来月末なので、もっと実質的にはあと2号分今年作ります。

…が、まあ、読者様にはそんなことどーーでもいいことですので(我々、スケジュール的に死活問題)、タイトルに2021年の冠が付く今号が今年最後の一冊ということで。


ラストを締めくくる大特集は、「かつお節の、聖地へ」。

皆さん、鰹節に聖地があるんですよ!知ってました?
聖地巡礼、枕崎へ行ってきました。我が家は昔から基本、かつおだしの家だったので、鰹節でこの(豊満な)身体が育ったと言っても過言ではありません。
特集扉の、宝石のような鰹節の断面をどうぞご覧ください。
素晴らしい写真なのに、またもヤナッチがこの写真を「どうでもいいフォルダ」に入れようとしているのを発見して、「ストーーーップ!!」と阻止しました。
この写真を救い出せただけで、私の仕事は終わったようなものです(←おいっ)


第二特集は「精進のこころにふれる旅」。

心の平穏と身体のデトックスを求めて、ミカが高野山まで行ってきました。
帰ってきてからというもの、「ていねいな暮らしをするんです」と3分に一回宣言するのですが、昨日もいじわるな姑(=私)に「コーヒーかすを放置するな!はよ捨てろ!」と怒られてました。
丁寧な暮らしを求めて三千里…マルコ…遠い道のり


ということで、今月も胃と心が満たされる二本立て!
じっくりご高覧くださいませ。


Comments(0) 新刊出版情報 | 九州王国

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月刊はかた読者・関係者の皆様へ今月の博多座は、二人の王子に出逢えます!