本来の「山の日」に、「山歩きガイド」をご紹介します!豪雨が続きます…。

2021年08月13日

九州王国9月号(2021年)、発売です!

IMG_6998



大特集は「2つの世界自然遺産」。

近年、「世界遺産」というワード自体が若干大盤振る舞いになりつつあるような気もするのですが(個人の感想です)、「世界自然遺産」は昨年時点で未だ「知床・白神山地・小笠原・屋久島」の4つしかなく、国内でも秘境感ただよう「特別な場所」であり続けています。
ここにさらに今年加わったのが、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」。
これによりなんと、鹿児島県は国内で唯一「2つの自然遺産」を有する県となったのです。

ということで、それを記念しての大特集。
ヤナッチは世界自然遺産ホヤホヤの奄美に飛び、私は世界遺産大先輩の屋久島に飛びました。
まだワクチン接種前の取材であったため、島の皆さんに絶対にご迷惑をおかけしないよう、PCRを前日に受け、猛暑でもマスク、海でも消毒、ご飯はパーテーション、と徹底した島取材をいたしました。

いつもとは全然違う取材体制だったのですが、それでもやっぱり取材は楽しくて。
1年半ぶりの飛行機(前後左右誰も乗っておらず…)にテンション爆上がり、初対面の取材関係者の皆さんにもなぜか「会いたかったー」という気持ちが芽生え、ダニに噛まれまくったホテルでさえも愛おしい…。
旅ってこんなに楽しかったっけ、と改めて心から思いました。
ヤナッチも同じ気持ちだったようで、二人分のワクワクとウキウキが詰まった特集誌面になっています。コロナが収まったら、奄美にも絶対にプライベートで行きたいです。


そして、もう一人、南に旅立ったミカが担当したのは第二特集「短歌の国 青の国」。

「短歌の国」として知られる、宮崎県日向市の特集です。
若山牧水特集以降、短歌に憑りつかれている魅了されているミカですが、今回も短歌のすばらしさを熱弁していたので、編集長はものすごいパワハラ命令を彼女に出しました。
「特集内の見出し、全部、五七五で整えてね」と。

さあ、結果はいかに。言わないと誰にも気づかれないレベルのさりげなさで彼女の五七五能力が発揮されてますので、ぜひ当ブログを読んだ皆さんだけでも気づいてあげてください。

Comments(0) 新刊出版情報 | 九州王国

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
本来の「山の日」に、「山歩きガイド」をご紹介します!豪雨が続きます…。