ビタミン編集部佐賀においしいおこわ屋さん、あり!

2020年11月13日

九州王国2020年ラスト号、本日発売です。

IMG_5899


とうとう、今年も最後の12月号が本日あがってきました。
今号は初稿の段階から、「第一特集も、第二特集も、ノッてる!すごくノッてる!!どうしちゃったの、面白いじゃん!!」と編集長としてあるまじき感想で、スタッフの皆さんを褒めていたのですが、一年に一度あるかないかのレベルの「第一&第二ともにノリにノッた、最高特集!」です。

「いや、12回毎回そのレベルで行けよ!」と言われそうなのですが、先に言っておくと我々が求めるレベルは天よりも高いのです…

読者の皆様の「これ知ってる!」と「知りたいと思ってた」と「へ〜、知らなかった」の割合が非常にバランスが良い、2特集だと思います。
これってすごく雑誌を作るうえで重要なんです。知らないことばかりだと興味が湧きづらいし、知ってることばかりだと読んでも面白くない。読者様みんなの知識量はさまざまなので、誰が読んでも「ちょうど面白い」ところに落ち着けるのは至難の業です。これをやり遂げました。(←すっごい手前みそ…


大特集は「廣瀬淡窓と久兵衛」。廣瀬淡窓先生は皆さんご存じかと思いますが、久兵衛って誰?って人も少なくないかと。弟です。弟さんも、すごい方なんです。この兄弟は頭がいいだけではなく、人のために尽くした人物。ご両親の子育て論を聞いてみたい(笑)。


第二特集は「今、名護屋城がおもしろい」。
「名古屋城」じゃないですよ。「名護屋城」です。あちらはシャチホコの家康さんですが、こちらは世界一の大都市を作り上げた秀吉さんです。ついでに家康はもちろん、前田利家、伊達政宗、石田三成、加藤清正…錚々たるスター大名たちが集結した奇跡の城なんです。佐賀県には観光名所が多数ありますが、こここそ最大の観光名所になりうる地だと思います。


ということで、いつも以上に特集紹介に熱が入ってしまいましたが、年末年始に家族全員で楽しんでいただける一冊になっていますよ。

「マイフェイバリット九州王国!」は熊本出身の高良健吾さんですので、「廣瀬兄弟にも名護屋城にも興味ないけど、イケメンは好き!」という方もぜひ〜〜〜





Comments(0) 新刊出版情報 | 九州王国

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ビタミン編集部佐賀においしいおこわ屋さん、あり!