令和2年、最初の号があがりました!暖冬だけど、今週は寒いですね。

2020年01月15日

おすすめ番組のご紹介

IMG_4488



九州王国の人気連載「九州よろず歴史旅」。NHKの名プロデューサー、渡辺考さんに創刊以来ずーっと書いていただいている連載ですが、ここ最近は江戸時代から続くローマ教皇と日本の関係についてのシリーズが続いています。
今月号の原稿で私が一番驚いたのは、「二十六聖人の処刑の発端となったのが箱崎だった」という一文。17年も月刊はかたを作り続けておきながら、バテレン追放令が出されたのが箱崎だなんて、全く知りませんでした。加えて、この原稿に書かれていた秀吉と宣教師オルガンティーノの会話と、通訳ルイス・フロイスの暴走の様子が面白すぎて、「やっぱり100知る人が書く10は、10知る人が書く10とは全く違う」という当たり前の感想を改めて抱きました。

いろんなことに精通する人が書く1000字には、取捨選択で捨てた1万字が背後に潜んでいるのです。だからこそ、私は「知識を詰め込む読書」ではなく、「自分の知恵を育てられる読書」をしたいと常日頃思っています。読んだ文字数以上の何かを考えながら、1冊をじっくりと読みたい。私はまだまだできていませんが、渡辺さんはまさにそうされている体現者。こういう人が本物の知恵者なんだろうなー。


そんな渡辺さんの番組が明日、BS1で21時から放映予定。
知られざる絆〜日本とローマ教皇400年の交流〜
現在九州王国で連載中の内容も少しかぶってるかも…と思えるタイトルに、担当編集者として期待が高まります

九州王国ファンの皆さんにはきっと刺さる番組だと思いますので、お時間あればぜひ。
語りが西島秀俊さん、っていうのも、個人的にはツボです


Comments(0) 九州王国 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
令和2年、最初の号があがりました!暖冬だけど、今週は寒いですね。