同学年の活躍お宝発見。

2019年11月19日

今日もいい取材ができました!

本日は皆さまご存知、講談師の神田紅さんの取材に伺ってきました。
言わずと知れた日本講談協会の会長でいらっしゃる重鎮中の重鎮なので、緊張しつつお伺いしたのですが、最初っからとっても優しい和やかなオーラを纏った方で。
高座がピシャリとしてとってもかっこいいので、その延長的な雰囲気を予想していったのですが、舞台上とはまた違った魅力の、ものすごく物腰柔らかで細やかな所作まで美しい方でした。

講談自体は何度か先生ものも、他の方のものも拝見したことがあるのですが、とにかく活舌がよく、頭がいい人しかできないイメージを持っていました。持って生まれた才能がないとできないものかと思っていたんです。
しかしなんと現在、一般の人向けの教室もされているそうで。
コツさえつかめば、誰でもできるそうですよ。扇子・手拭・張扇さえあれば…ってないけど(笑)。
こういう調子↓が書かれている教本とともに、抑揚の付け方などを習うそうです。

IMG_4118


あまりに興味深くて、熱心にお話を聞いていたら「あらあなた、歴史も詳しいし、声も向いてるし、講談なさったらいいわよ」と思わぬスカウトを受け、ちょっとその気になりました
講談できたらかっこいいし、声をあげるとストレス発散にもなりそうなので、忘年会に向けて始めてみようかしら…ベベンベンベン!(←すでに間違っている気がする)




Comments(0) 取材裏話 | 月刊はかた

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
同学年の活躍お宝発見。