今年も恒例の猛暑襲来です。王国暦。

2019年07月31日

月刊はかた8月号(2019)発売です!

IMG_3637


今月の特集は「福博、橋ものがたり」。

「福岡」と「博多」は橋でつながれた双子都市です。←この意味がわかるのは、生粋の博多っ子(生まれが、という意味ではなく、博多を溺愛する人という意味です。私も生粋の博多っ子)だけかもしれません。県外の人には言ってる意味がよくわからないかも。そんなあなたに、今月号の月刊はかたを届けたい(笑)。


御笠川と那珂川に挟まれた博多部は、橋を中心にその周りのエリアが発展してきました。
福岡部の象徴・福岡城も橋が重要な役目を果たしていました。
そんな、中世から続く「橋とこの街」の歴史を紐解いています。
ついでに「大橋ってどこに大きい橋があると?」「上人橋ってどこ?」等、福岡の人にはおなじみの地名の「橋」についても調べました。

先日、古〜〜〜くから弊誌に関わってくださっている名店百選会のご主人に、「ウエダさんが編集長になってから月刊はかた、本当に面白くなったよね」と言っていただき、その場でハグしてしまいそうなほど嬉しかったのですが、私ではなくうちの優秀なスタッフたちのおかげです。
郷土愛に満ちた編集部員たちのおかげで、この街をどんどんと掘り下げることができています。
といっても、博多出身者は一人もいないんですけど


小さな情報誌ですが、「毎月、発売日が楽しみ!」と言ってくださる皆様のために、重箱の隅をつっつくような面白い特集を続けていきたいと思いまーす


Comments(0) 月刊はかた | 新刊出版情報

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今年も恒例の猛暑襲来です。王国暦。