パクチーとビーチの旅。新・タイ土産

2019年06月06日

若すぎるアラウンド90。

ここ最近、人生の大先輩を取材することが多いのですが、本日取材させていただいたのも、御年86歳のデザイナーの先生。
どこからどう見てもとても80代には見えず、お肌すべすべ、背筋ピシャー、足腰しっかり、会話はつらつ。
シンプルなグレーのセットアップに、ご自身がデザインしたジャケットを羽織られていて、当然ながらとてもおしゃれ。「今日はお洋服が地味な色だったから、このドイツで買った赤いスニーカーを合わせてみたの」とかさらりとおっしゃる80代。「こんなシャレオツな80代女性、見たことない…」と思ってたら、岸恵子さんとお友達だそうです。納得のお友達リスト。まさに、類友。

「うちの姪たちもあなたと同世代だけど、同じように仕事が楽しくて結婚する気がないのよ。昭和に生まれて、令和まで結婚してない人のことなんて呼ぶか知ってる?平成ジャンプって言うそうよ!」

…って、超爆笑しました。知識の幅、半端ない。そして話題が若いし、面白すぎる(笑)。

戦争を体験した世代にも関わらず、「人生やりたいことは全部やってきた。大満足。超楽しい」と言い切れるのは、ご自身が自分の人生を切り開いてきたからでしょう。この世代で、フランス留学までしたというから、相当な行動力です。
周りの人の意見や世間体、常識にとらわれずに自分で人生を決めてこられたからこそ、他人の生き方の多様性にもとても寛容な方でした。


今日もとても勉強になりました。いい出会いをくれる、この仕事に日々大感謝です。



Comments(0) 月刊はかた | 取材裏話

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
パクチーとビーチの旅。新・タイ土産