今年もやってきましたね。平成生まれ。

2019年02月28日

月刊はかた3月号(2019)出ました!

IMG_2219



特集は「作品に描かれたあの頃の福岡」。

映画や小説の中に登場した、昔の福岡の風景を探してみました。
まずは昭和10年代の「陸軍」に始まり、昭和60年代の「柳川掘割物語」に至るまで、昭和の福岡を映画からプレイバック。ちなみにこの「柳川掘割物語」はジブリの高畑・宮崎両監督が初めてタッグを組んだ実写映画です。
そしてお次は、檀一雄から辻仁成まで、文学の中で描かれた福岡の姿を追ってみました。
こちらで紹介している城山三郎「落日燃ゆ」に出てくるあの人が書いた扁額は、編集部から徒歩3分のところにあります。しょっちゅう拝んでます。

映像や文章の中で、おなじみの場所が出てくると嬉しくなりますよね。
ぜひ文芸作品の舞台となった場所を訪ね歩いてみてください。


そして「今日のびっくり」。
今朝編集部にこの3月号が納品された1時間後に、びっしり感想が書かれた読者プレゼントへの応募メールが届きました。
月刊はかたの新刊は、当然ながらうちに届くのが一番早く、その後各書店やお店に並び始めると思うのですが、この1時間の間に弊誌を手にとってくださり、隅から隅まで読み込んで、さらにプレゼントにご応募くださった模様。
なんというスピード・・・
その行動力と迅速に書き上げる能力…弊社スタッフに爪の垢を分けていただけないでしょうか?



Comments(0) 新刊出版情報 | 月刊はかた

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今年もやってきましたね。平成生まれ。