九州王国展@SONY STORE 始まりました!ヌーボーだけど、ボジョレーじゃないよ

2018年11月14日

今年最後の九州王国、出ました!

IMG_1368


2018年最後となる九州王国12月号が、本日あがってきました。
大特集は「海を渡った薩摩のサムライ」。
今年4度目の薩摩特集です。大河ドラマもいよいよ佳境に入ってきたこのタイミングで、ダメ押しとゴリ押しの最後の薩摩(笑)。これが終わったらもうしばらく薩摩から離れますので(燃え尽き症候群)、読者の皆様も最後の薩摩を余韻までたーんとお楽しみください。

とはいえ、今回の切り口はまた斬新なのです。
ドラマでもちょうど弟・従道と息子・菊次郎が海を渡りましたが、当の本人である西郷どんはなぜ海外に行かなかったのか。その謎に迫る特集です。
そして薩摩ステューデントと呼ばれる渡来組は、帰国後、日本にどんな影響を及ぼしたのか。
鉄道や図書館&博物館など、いろ〜〜んな影響をその後の日本に残しているのですが、個人的にはビールの国内製造を始めた村橋久成さんと、アメリカでワイン王となった長澤鼎さんの恩恵を一番受けている気がします…。


第二特集は「壱岐焼酎、世界が認めた島の一献」。
ボルドーやコニャックのように、原産地呼称が認められているのが九州が誇る麦焼酎「壱岐焼酎」。
実は私、今回まで知らなかったんですけど、壱岐焼酎は「大麦&米麹」で造られているもののみなんだそうです。他地域では「麦麹」を使うところもあるそうですが、壱岐焼酎は米麹のみ。清酒造りの歴史が活かされた結果だそうです。
そう思って飲むと、やっぱりおいしい気がします。(知らずに飲んでたときも美味しかった気もします…。)
全蔵元に、「うちの酒に合う一品」を壱岐島内から見つけてきてもらいました。
いますぐジェットフォイルに乗りたくなるくらい、美味しそうな島の味が目白押しですよ。



Comments(0) 新刊出版情報 | 九州王国

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
九州王国展@SONY STORE 始まりました!ヌーボーだけど、ボジョレーじゃないよ