嵯峨野×ニコライバーグマン9月の博多の風物詩といえば…

2018年09月14日

九州王国10月号(2018)発売です

IMG_0956


第一特集は「西郷と龍馬を癒した霧島」。

なんと、今年特集に西郷どんが出て来るのは3回目です。
2018年1月号「西郷レガシー、西郷ヘリテージ」、4月号「幕末・明治が生んだ九州企業」、そして今号。
すんもはん…乗っかりすぎて、すんもはん〜〜(反省の色、なし)。

だって九州王国がしなけりゃ、誰がするっていうんですか。
2018年しなけりゃ、いつするっていうんですか。
今年中にもう一回くらい西郷特集できるんじゃないかと画策しているくらいです。今年あと2ヶ月ですけど。
ネタの多い人なんでねー

今回は鹿児島全体ではなく、霧島に集中した特集です。
征韓論に敗れた西郷どんは、霧島の温泉で癒されました。
龍馬さんとお龍さんは、日本初の新婚旅行に霧島を選びました。
二人の英雄が選んだ温泉に、入りたくなりませんか?

ということで、特集を作っているときから久々に霧島に行きたい欲が高まり、早速来月プライベートで宿を予約しました。九州王国片手に巡ってきたいと思います。



第二特集は「嬉野が『焼き物の里』と呼ばれる日」。

焼き物といえば有田、嬉野といえば温泉&茶…というステレオタイプな佐賀観をお持ちの方へ、一石を投じる特集。
嬉野にも焼き物があるのです。しかもとっても素敵なんです。
これからの季節、焼き物巡り→温泉の旅もおすすめですよ〜。


秋の2大旅の特集号、お楽しみください


Comments(0) 新刊出版情報 | 九州王国

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
嵯峨野×ニコライバーグマン9月の博多の風物詩といえば…