昭和史を学ぶなら、こんな一冊はいかが?ゆるキャラの苦悩…。

2013年02月26日

八坂圭さん絵画展@大丸福岡天神店

f


本日まで大丸アートギャラリーで開催されていた、八坂圭さんの絵画展にお邪魔してきました。

月刊はかたの表紙をもう2年担当してくださっている八坂さんの作品展には、前からずーっと行きたかったのですがなかなか時間が合わず、今回こそは絶対に行かねば!!と東京出張を無理やり切り上げて、昨晩の便で帰ってきました。本日最終日だったので、滑り込みセーフです。


月刊はかたの表紙を毎号楽しみにしてくださる読者さんも多いのですが、今回作品展を拝見して、圧倒的な世界観に痺れました。
うちの表紙で見る「八坂圭さん」はものすごーーく、ほんの一部分なんだな、と改めて。
「月刊はかたの表紙好き〜」と思われる皆様にはぜひ、実際に作品展に足を運ばれて、全体像を見ていただきたい。
「私たちは宇宙とか自然の一部だ」というような意のことを八坂さんはよく言われるのですが、その言葉の真意がじんわりと伝わってきます。
こういう表現力を持っていらっしゃる方って、分野を問わず、そうそういない稀有な存在ではないでしょうか。


e

↑会場にはもちろん美しい月刊はかたの姿も



加えて、芸術家の人って、普通の会話でも違う言語を使う人が多い気がしますが、八坂さんは凡人の私レベルの言葉でケラケラと笑いながら話せる、「普通の感覚」をしっかりと持った方。
このへんのバランスの良さも、作品の魅力につながっている気がします。

久しぶりにお会いできて、とっても楽しかったです。(←普通に同級生感覚・笑)
来月号以降の月刊はかたの表紙も、どうぞお楽しみに






トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
昭和史を学ぶなら、こんな一冊はいかが?ゆるキャラの苦悩…。