ゴーヤ日和月刊はかた9月号発売です!

2012年09月03日

またも秘境へ。


先週はとあるお仕事のロケハンで、とある秘境へ潜入しておりました。

といっても、県内です。
というか、むしろ県内にこんな秘境がまだ残っていることにびっくりいたしました。


IMG_2175


「秘境への入り口」。

某焼酎「魔界への誘い」みたいなキャッチですが、いろんな取材が押して、ここを訪れたのは17時前。
既に日没間際モードで、おどろおどろしさに拍車がかかってます。


IMG_2177


「はい、まずはここからですね」と軽〜くご案内されたこの階段を見て、一気に下がるテンション。

「え。これ、上るんですか?」と控えめに非難したら、「こんなもん、まだ序の口です」と明るく返されました。

IMG_2181


そしてお馴染みの五百羅漢に出迎えられる。

この前に、首のない仏像も多数ありましたが、恐ろしくてカメラ向ける勇気がありませんでした。
何か写ったらいやだ。

五百羅漢の傍に、また殺人的な階段があるなぁ〜〜…と他人事のように思っていたら、


IMG_2183


ここも我々のルートに入っておりました…

これちょっと…私の体力の限界を完全に上回ってるんですけど。
階段に苔がミッシリで、足を滑らせたら確実に3か月入院コースです。



そして、どうにか山頂に到着して、やっと登頂したぁ〜〜と思ったら…

IMG_2184


さらに先までは、この鎖を伝って行けと指示が。

丁重にお断りしました。
3年入院コース決定です。


苔むす階段は下りこそが恐怖で、もうほんと、こういうのを「ほうほうの体」と表現するのではないかと、編集者らしいことを考えてみました。
でも這う這うの体で帰るって、慌てて逃げかえることだから違うか。
あの状況で慌ててたら、命がない。

BlogPaint


あとで別の地点から、「さっき上ったの、あそこ」と教えてもらいました。

か弱い私は、これを見ただけで貧血で倒れそうです…。



Comments(0)TrackBack(0) 取材旅行レポート 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ゴーヤ日和月刊はかた9月号発売です!