韓国のナッチ女子道の指導

2010年05月27日

姉さん、事件ですよー。

落ちたピアス本日、編集部で事件がありました。

会社の床に、ピアスがひとつだけ落ちていたのです。

その場にいた女子全員のものではないことが判明。
そしてその場にいなかった唯一の女子・ミカはピアスホールをふさいだことをちょうど昨日話していたので、彼女の耳から落ちたものでもないことは確実。

・・・では誰の??


キャッチがついていなかったので、誰かの耳から直接落ちたものと思われます。

そしてウチの会社に出入りする女性は現在、スタッフ以外にはいません。


・・・ということは?


ということは、ということで、男性スタッフに疑いの目が向けられました。
もしかして誰か昨晩、ここに来た???あらまあ


と、市原悦子根性まるだしだったのですが、その後我々の予想を大きく上回る事態に発展しました。



取材先から帰ってきたミカが、



「え?・・・何、これ・・・」と絶句。



どうした?見覚えある??と聞くと、


「なんで・・・これがここに・・・?」と。




なんとこのピアス。



ミカ家の、


ピアス入れに入れてある、


何年もつけてないピアスだそうですっ!!!




死ぬほど驚き。


通常であれば、「瞬間移動?」と霊的なものとかHEROS・マシオカ的な現象を想像してゾゾッとなりそうですが、我々は満場一致で、



「ミカの家のピアス入れからあふれ出したピアスが、偶然洗濯モノに紛れて、服にひっかかって、そのまま会社に来て、落ちた」

という結論に至りました。

どこかの田んぼから稲穂をセーターにつけて会社に来るレディですので、ピアスだってくっつけてきたに違いありません。
っていうか、どんな家の状態なのか、一度ナニコレ珍百景さんあたり取材に来ていただけないでしょうか。


ありえなすぎる展開に全員、息を呑んでいたら、その場にいた印刷会社の担当さんが「これ、確実にブログですよね・・・」と言われたので、仰せの通り、ネタにさせていただきました(笑)

ほんと、今日もネタに困らない。。。

Comments(0)TrackBack(0) 編集部の日常 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
韓国のナッチ女子道の指導