原稿格闘中。★星に願いを★

2009年10月20日

東西おやついろいろ。

3年ほど前に「九州VS東京 逸品対決!」という本を出しましたが、ちょびっとあやかって今日はここ最近のおやつを地域ごとにご紹介しましょう。

おやつまずは東京代表

←ガトーフェスタハラダのラスクです。

すっごい話題になっていたころに東京出張があったので「絶対買って帰ろう!」と思っていたところ、全く“お土産買い”の時間がなくてあきらめていたこちら。

なんと、福岡三越で発見しました。

素晴らしい。地方にいても、2ヶ月待てば大抵のものは手に入ります。

話題になっただけあって、さすが、今まで食べたどのラスクよりも美味しかったです。
プレーンもいいけど、ホワイトチョコがけ、さらにうまい!(カロリーもたぶん高い!)



おやつ2お次、広島代表

←日本酒ゼリー詰め合わせ。

広島の西条という土地は西日本でも有数の酒蔵どころですが、そちらのいろんな蔵の味をそのままゼリーにしたという商品です。

アルコール分もしっかり1.6%も残ったまま。
大人のデザートですね。

味わいもほのかな甘さでおいしかったです。


そしてさいごは、我らが九州のスイーツ代表選手!!


おやつ3種子島の安納芋ですっ!!

…って、あれ?

反応悪い?

地味すぎる??




いや、これ、ほんっと〜〜においしいんですよ



焼き芋本来のホクホク感はないんですが、クリームのようにトロリとした粘性があるんです。
そのまんまでまるでスイートポテトのよう!

これが九州力ですね〜〜見た目地味でも、実力がすごい

いつかこのお芋、ブームになると思います。

今日は編集部のおやつにこちらをいただきました。
カロリーも低くて、健康的で、二重丸です♪


Comments(2)TrackBack(0) 編集部の日常 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 佐武   2009年11月09日 18:34
4 初めまして
京都で広告関連の仕事を生業としているものです。
偶然、私の小さな掲示板を覗いてくださった方から、ウエダさんのブログの事をお聴きし、さっそく拝見させていただきに参りました。が実に伸びやかに言葉を綴られているのを読ませていただき、ただただ笑わせていただきました・・・いや、失礼いたしました。
実にユニークな構成で、飽きずにあれこれ拝見させていただきましたが、この記述の最後に登場した「種子島の安納芋」これについて一言お知らせしたくてコメントを送らせていただきます。
この芋の美味さはこちらでも有名だと思われます。
それは、京都の中心部、京阪三条にCHAIMONというお店があるのですが、そこでは焼き芋として売られており、お洒落な店内で食べる事ができる以外にも、(種子島の安納芋かどうか解りませんが、)「おいもとリンゴのパイ」「さつまいも+α(蕎麦と栗や丹波黒豆きなこ等)のパウンドケーキ」等、様々なデザートに姿を変えて楽しむ事もできるのです。観光名所である神社仏閣も近くに在り、観光客でも賑わっていますよ^^
ですから、流行というより既にその地位を確立されつつあると思えますよ^^
京都にお立ち寄りの際には、是非一度立ち寄ってみてください^^

京都市在住
佐武 一義
sabu@iandeye.co.jp
2. Posted by ウエダ   2009年11月10日 09:50
佐武さま


非常に丁寧かつ愚文に対する温かいコメント、ありがとうございます。

そして安納芋…編集者でありながら不勉強を恥じ入るばかりです。
そうですか、もう既に有名でしたか…

次回京都に行った際にはCHAIMONでぜひ“おしゃれな安納芋”に出合ってみたいと思います!
私たちは焼き芋(or蒸かし芋)という“素朴安納芋”しか周りにありませんもので。
(とかいって、九州にもおしゃれ安納芋スイーツがあったりして…

いずれにしても、また気になる点あれば教えてくださいね。
愚ブログですが、お暇つぶしに読んでいただけると幸いです

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
原稿格闘中。★星に願いを★