博多おはじき。新刊続々!

2009年09月17日

編集者と作家さんの会話。

月刊はかた検版で殺人的に忙しかった本日、殺伐とした編集部内になんだか奇妙な会話が響いておりました。

ミカリンが、うちの連載作家さんと電話で校正をしていたのです。
こぼれてくる会話が非常に奇妙だったので、だんだんそっちに耳ダンボになっていました。


「・・・えっと、何の文字を追加したらいいんですかね?
あ、記号?ダッシュですか?・・・ダッシュじゃなくて点?
アマダレですか?・・・え?ナカグロ?」



どうやら何かの記号を一つ、原稿に追加したい模様。


「ピューっとしてチョン、ですか?ナンデスカ、その記号?
文字じゃなくて?記号ですか、そうですか。
ダッシュでも長音でもないんですよね?
うん・・・すみません、不勉強でわからないです・・・」


ピューっとしてチョン…そんなジャガーさんみたいな記号、私も知りません。


「お手数おかけして申し訳ないんですが、紙に書いてFAXしていただけないでしょうか。
・・・どうしてもわからないので・・・間違ったら大変ですし・・・」


編集部中、もんのすごく忙しいさなかに、記号一つでこの丁寧な対応。
グッジョブです、ミカちゃん。大事です、その姿勢。
だって知らない記号だもんね。
今後のためにも不勉強を詫び、作家さんに教えてもらおうね。



・・・と思ったら。


驚きの記号が、その回答でした。






「!」。




ピューっとして、チョン・・・。



この回答そのものが、「!!!!!!」でした・・・・・

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
博多おはじき。新刊続々!