大阪行脚レポート。極寒レポート2009。

2009年02月25日

紋別と五島。

あるクライアントさんから2地域の取材を要するお仕事をいただきました。


一箇所は、北海道・紋別。
もう一つは、長崎県・五島列島。


どちらも私は縁深い土地で、毎年のようにお仕事に行っている場所ではあるのですが、今年は仕事の都合上2箇所ともに行くのは難しそうだなと思い、どちらか一つを後輩・ミカリンに行ってもらうことにしました。

取材する内容は2箇所ともおおよそ、一緒です。

一応、前情報を入れておくと…


紋別:最高気温マイナス10度。所要時間片道5時間。
五島:最高気温18度。所要時間片道40分。


「で、ミカちゃん。どっちがいい?」

と先輩の圧力をかけながら、目力で誘導しようとフル黒目で質問したら、あっさりと

「五島で!五島に決まってるじゃないですか!」

と即答してくれました。

…そうだよね。そうだ、そうだよね。



ということで、ミカちゃんが老体をいたわってくれなかったので、明日から1泊強行スケジュールでマイナス10度の世界へ飛び立ってきます。

移動時間10時間、滞在時間24時間。

いや、行ったら楽しいんですよ。
とっても楽しいのは重々承知しているのですが、福岡が連日15度を越え、「やっと春だなぁ…」と思い始めていた矢先なんでね。
心の準備がね。
去年氷結したサロマ湖に落ちた心の傷がまだ癒えてないのでね


夜更けに、野外で、氷の上で行われるイベント取材に行ってきます。
(きっと)楽しい(であろう)様子は、九州王国4月号でご覧ください!




Comments(0)TrackBack(0) 取材裏話 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
大阪行脚レポート。極寒レポート2009。