ごちになりました。読者ハガキ。

2008年06月30日

韓国・安東の旅。

仮面ちょっぴりご無沙汰です!
またも韓国へ行っておりました。
今回の旅の目的はこちら。
←仮面。
見たことのある人も多いかと思いますが、この仮面をかぶった仮面劇は韓国・安東地方の無形文化財です。
人間国宝のお話なども聞くことができ、非常に貴重な経験をさせていただきました…が、そういう素晴らしい話は本誌で使うので、こちらでは書けないネタだけを放出しましょう。

韓国ではいつも歓待を受け、非常にホスピタリティの高い国だなぁ〜と毎回感心します。
今回も行く土地ごとに非常に温かいおもてなしを受けました。


よっ!市長!例えば、市長の熱唱とか。

ほんっと〜〜〜に韓国の方ってカラオケお好きですね。
ビールお預けで市長の挨拶15分、副市長の挨拶15分、係長の挨拶15分…と聞いた後に、やっとおいしいご飯だーわーいと、箸を持った瞬間始まる、野外カラオケ。
現地ガイドさんが2曲連続して歌い、課長も歌い、市長も歌い…と、ふと奥を見るといつの間にか生サックスが!
さすが、市長には生オケが付くみたいです。
確かテレサテンかチョーヨンピルだったけど、生サックス。
曲目なんて関係ないみたいです。



屋敷そして泊まったのはこちらの民族屋敷。
趣あるでしょ〜〜。
まるで韓国のおばあちゃんちに来ているよう。
旅情溢れる素敵な雰囲気だったのですが、ハード面では若干の改善点が必要なようで、夜中に外にあるトイレまで提灯持って真っ暗な中歩かなきゃいけなかったり、トイレとシャワーが一体化しているのでシャワー後にトイレットペーパーがぐしょぐしょになったり、トイレで蛾の大群に襲われたりと、とにかくトイレ関係ではトラウマになりそうな出来事がたくさんありました。

でも、一般客の皆様が訪れる頃には全てこれらを改善しておいてくれるそうなので安心です。
要は私たちは実験台なんですね…。

川
最後に、こんな美しい景色もあり、心癒されました。

癒されながら川を渡ると、「この崖を登ってクダサイ」という有り得ない指令がありましたけど。



…今回も体力勝負の旅でした。楽しかったです。


Comments(0)TrackBack(0) 取材旅行レポート 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ごちになりました。読者ハガキ。