私だけ〜?韓国・安東の旅。

2008年06月25日

ごちになりました。

じゅー今日は昼間っから肉を焼いてきました。
←そして昼間っから、この暗さ。
高級なところは一様に暗いですよね。
照明の明るさと飲食料金の反比例の方程式を、どなたか解明してほしいものです。




ぎゅーで、お店のカウンター前に置いてあったこちらの牛。
これまた暗くて写りません。
かろうじて見える「宮崎牛」という垂れ幕を掲げている通り、宮崎牛専門店でした。
中洲にあるのですが(アントニオ猪木バーと同じビルです)、この辺りは佐賀牛アリ、鹿児島牛アリ、とブランド牛激戦区になりつつありますね。

牛、牛、牛…と頭にインプットされながら暗い店内から外に出ると、ビルの目の前に太陽光に照らされた真っ白な姿が。

ぶーギューじゃなくてブー。

「食べて」という視線を投げかけてくるブー。
暗闇に居丈高に立つ高級牛より、なんだか愛らしいです。




中洲もなんだかどんどん道頓堀化されていってますね。
そのうちホークスが優勝したときには、このブーも那珂川に投げられたりするのでしょうか…白豚の那珂川しゃぶしゃぶだブー。



Comments(0)TrackBack(0) 編集部の日常 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
私だけ〜?韓国・安東の旅。