チョモランマまで届け〜。Q.これは何の写真でしょう?

2008年05月28日

街角PR車。

863b911b.jpg←先日、運転中に隣の車線にいた車。

佐賀「肥前夢街道」のPR車のようです。
街宣車…というより、普通の軽自動車なのですが、PR車としての役割は十分に果たしています。
そして、一生懸命にPRしようとするその熱意がすごい。
ありとあらゆるPR技法を全て使っています。


その1:「来たら損!」というネガティブキャッチコピーをあえてつけることで、興味をひく。

…ふむふむ。「う〜ん、まずい!」という青汁PR作戦と一緒の考え方ですね。
しかし…来たら損な遊園地ってどんなとこでしょう?
おそらく(私の勝手な想像ですが)、ここは小枝さんのパラダイス(by探偵ナイトスクープ)的場所なのでしょう。
損してでも覗いてみたい、というような。
世の中には奇特な方もいるもんです。


その2:運転席のヒトが忍者。

これは普通にしていたら運転席まで覗き込むことはないので、気付きにくい点と思われるかもしれませんが、どっこい普通の忍者じゃありません。
運転しながら、刀を振り回してました。
誰もみてないのに。…いや、私が見てた。

しかし、運転中は危ないですよ、まじで。
渋滞中のノロノロ運転とはいえ、無意味に殺陣をしまくってましたもん。
ハンドルから手を離して。
熱意は伝わってきました。
…「夢街道に来てね」という熱意ではなく、「俺は忍者だ」という熱意が。



いずれにしてもインパクトは大でした。
そういう意味では、このPR作戦は成功ですね。
既に一人の人間(私)に大きな印象を残したわけですから。

あとは実際の楽しさやパラダイス具合のPRはプロに任せてみてはいかがでしょうか?
潜入取材で広告作りますけど、いかがですか〜〜?

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
チョモランマまで届け〜。Q.これは何の写真でしょう?