ライターの仕事とカメラマンの仕事。喋死。

2008年05月19日

理想の92歳。

今日取材した方は、なんと御歳92歳の女性でした。



何に驚いたって、まずそのお姿!
光沢のある品のよいシルクのブラウスに、大ぶりのゴールドのネックレスをされていて、スワロフスキーが光るフチナシ眼鏡をきりりとかけていらしゃいました。
おしゃれ〜〜92歳ですよ。

そして、補聴器も大声も全くいらず、普通に会話ができるのです。
しかもお話が面白い
ついつい引き込まれて、いつもより長い時間取材していたくらいです。
戦前の博多のお話とか、ご記憶も鮮明で非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。

理想の92歳です。
前回、理想の80代をミツコモリだと書いた記憶があるのですが、上には上がいました。



そして極めつけ。
何より一番驚いたのは、

とってもきれいに爪を磨かれ、美しくネイルカラーをされていたことです!!

びっくりしました。
常日頃から、本当におしゃれを楽しまれている方なのでしょう。
付け焼刃ではない、身だしなみの美しさを感じました。


「はげた時にバレにくいように、薄い色のマニキュアにしよう…」と常日頃考えている自分が恥ずかしい。
きっと手抜きをした瞬間が、枯れ始める瞬間なのでしょう…ああ、恐ろしい。
そういえば、さっき「枯山水」とかいう原稿書いたな。予兆?


改めて女子魂を磨こうと火をつけられました。
あと60年、頑張ります!




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ライターの仕事とカメラマンの仕事。喋死。