白肉派閥。本日のプレスリリース。

2008年03月27日

最近読んだ2冊。

周作の秀作。最近読んだ2冊をご紹介…って「月刊はかた」や「九州王国」や「九州の逸品」に興味があってこのブログにたどり着いた方、ごめんなさい。
今日はただの個人ブログです。
しかも読書感想文です。
どうぞ読み飛ばしてください。

遠藤周作は「沈黙」や「海と毒薬」などは読んでいたのですが、写真の2冊は未読でした。

「父親」はとっても切なくて、とってもリアルで、江國香織とかを読んでいる10代のガールたちにもすんなり受け入れられるだろうな、というような作品。
「沈黙」や「海と毒薬」の持つ世界観や狐狸庵先生とはまた違った遠藤周作像が感じられました。

そして今回、深く感動したのは「深い河」です。
遠藤周作ベストは上記2作だとずっと思い込んでいたので、この作品を未読だったことを恥じました。
いろいろ皆さんご意見はあるかと思いますが、私は非常に好きな作品です。
第一章を朝の電車の中で読んで号泣してしまったので、二章目以降警戒していたのですが、その後お涙場面はありませんでした。
泣くとか笑うという作品ではなく、深いです。…河が。


遠藤周作、まさに九州を代表する作家さんの一人ですね。


ちなみに月刊はかたは次々号の5月号から、一世を風靡したコメディアンであり現在は個性派俳優として渋い演技が人気の、福岡を代表するあの方の連載が始まります!!

フライング告知しちゃった〜〜。


お楽しみに!!



Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
白肉派閥。本日のプレスリリース。