女子をくすぐるパッケージ。片付けられない女。

2008年03月19日

今日の悲劇。

原稿を書きながら、
リストを作りながら、
電話を受けながら、
見積書を送信していたら、



何かの拍子にかなり長文で書いていた原稿が消えました。
一瞬で。
一瞬の気の迷いで。
一瞬のクリックひとつで。


「ぐぁぁあぁあぁ〜〜〜!!」


と雄叫びをあげてしまったので、たぶん隣接の会社の方は隣がジュラシックパークかと思われたと思いますが、このショック、そんな程度ではありません。

実に5年ぶりくらいです。
このバックアップミスを犯すのは。
1500字程度書き終わっていた段階だったので、目が白黒してしまいました。
もしかしたら口から泡も吹いてたかも。


何が辛いって、同じ文章をもう一回書くほど辛い作業はありません。
やはり文章を書くというのは、真っ白なところに生み出す作業が楽しいのであって、思い出しながら書く作業の辛いことといったら。


自動バックアップ機能の設定をしたいです。
…誰か、してください。





Comments(1)TrackBack(0) 新刊出版情報 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無し   2008年03月23日 21:27
愚かものめが(藁!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
女子をくすぐるパッケージ。片付けられない女。