劇団編集部。今日の悲劇。

2008年03月18日

女子をくすぐるパッケージ。

295945ac.jpg←昨日、月刊はかたで執筆してくださっているトコさん(アサデス。でもおなじみですね!)にいただいたオリーブオイル。

激マブです

まだ中身はいただいてないのですが、もうそのパッケージを見ただけでテンションが上がるこの姿!
さすがトコさん…とセンスの良さに惚れ惚れしました。


やはり贈り物って中身も大事ですが、もらった瞬間に気分が高揚するのはパッケージの力のほうが大きいですよね。
この筒が超かわいい。
卒業証書を詰めなおしたいくらい、かわいいです。
(長さ20センチくらいのミニ筒ですが)。


「九州の逸品」を取材しているときにいつも思っていましたが、九州には本当に素晴らしい商品が多いです。
素材もいいし、加工技術も優れている。
しかし唯一、パッケージングだけはまだまだ発展途上の余地があるなと思っていました。

商品に職人魂をかける皆様の姿勢、素晴らしいと思いますし、基本的に一番大切なのはそこだともちろん思いますが、もう少しだけパッケージに力を入れた商品があってもいいのかもな〜、とも思います。
超ラブリーパッケージの焼酎とか、ミラノコレクション張りにおしゃれな餃子とかあったら、面白くない?
手土産に選びたくないですか、女子の皆様?


外見だけではなく中身が伴うからこそできる「遊び」だと思います。
生産者の皆様、ぜひご一考を。

Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
劇団編集部。今日の悲劇。