ハンドル不能とトラック爆破。劇団編集部。

2008年03月14日

奇跡の3月14日。

ホワイトフィナンシェバレンタインデーに何もあげていないのに、ホワイトデーにお菓子をいただいてしまいました。
これは、モテの証でしょうか?


…と一瞬錯覚してしまいそうですが、お菓子は女子社員全員の机の上に置いてありました。

あ、間違えた、男子社員の机の上にもあったな。




「なんか…みんな…並んでたから…」
とか
「だって買ってこないと…うちの女子…怖そうなんだもん…」
とかボソボソ言いながら、買って来てくれたのは予想通りの編集長。

バレンタインデースルーしたのにホワイトデーだけもらうって、うっすらとカツアゲ気分です。
しかも男性社員にまでって、中学生だったら若干いじめの構造に見えなくもないです。


ま、きっと編集長は誰か大切な人にお返しを買うついでに、一個だけ買うのも何なので私たちのことを思い出してくれたのでしょう、そうでしょう、ええそうでしょう。



おまけでもいいです♪
ありがとうございました。
来年は(覚えていたら)倍返ししますね




Comments(0)TrackBack(0) 編集部の日常 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ハンドル不能とトラック爆破。劇団編集部。