フランスのスパイス。大分県の温もり。

2007年03月16日

大分・くじゅうの逸品。

3aaa4a49.jpg←先日、くじゅう方面に取材に行った際に立ち寄った「ハモン・デ・クジュウ」で買ったものたちです。
ここは2年ほど前に情熱大陸で辰巳芳子さんを取り上げていたときにも紹介されていた、辰巳さんも絶賛というお店。
小屋のような店舗は、カフェやらイートインスペースがあるわけでもなく、愛想もないシンプルな造りなのですが、無愛想ながらいい香りが立ち込めています。


ここではソーセージやらハムやらといった、お取り寄せ対応のきちんとした商品もたくさんあったのですが、自宅用にあえて、切り落としやチャレンジ製品などの「ここでしか買えないもの」を買ってきてみました。


豚のハーブ串や、腕切り落としの生ハム、豚角の入ったハム…んも〜、感動的に、美味でした。
昨今のお取り寄せブームのおかげで、ハムとかは特においしいものが世界から入ってくるので、あまり新規で感動することは少なくなっていたのですが、これは久々に感動しました。
しかも、安い。
春の行楽にくじゅう方面を考えている方は、ぜひドライブコースに組み入れてみてください。


春の行楽でも何でもなく、私は今から別府に取材に行ってきます。
日田〜大分間が雪で通行止めとか…雪国じゃないですか。
全然春じゃないじゃないですか。
しかも、「別府いいですね〜」と昨日クライアントさんに言われたのですが、別府なのに温泉にも鳥天にもジェラートにも無関係の取材です。(←別府に超おいしいジェラート屋さんがあるのは、地元の方には有名ですね)


地味〜にソニックに乗っていってきます。
今週2度目の大分です…。
九州全県制覇の旅、2週目に入りました…



Comments(0)TrackBack(0) 九州の逸品2 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フランスのスパイス。大分県の温もり。