新酒の季節がやっとやってきました!プリンセス登場。

2007年01月24日

愛媛の逸品。

95e9db37.jpgなんだか最近九州の逸品から外れてばかりで恐縮ですが、他地域の逸品レベルを知っておかないと、九州の逸品を「これが全国で一番!」とオススメすることもできませんからね。
今日は四国は愛媛の逸品紹介です。

←先日道後温泉に行ってきました。

感想は、というとあまりの人気っぷりに衝撃を受けました。

九州だと人気の黒川や湯布院とかでも、時間帯によっては広い温泉に一人〜ということもごく当たり前。
温泉は「ゆったり、のびのびと、リラックスして」入るものだとばかり思っていました。

道後はすごかったです。

まず脱衣所で、既にロッカーまでたどり着けません。
やっとたどり着いても、脱いでいる間にも隣のおばあちゃんとかが肘鉄食らわせてきます。
マトリックスさながらにそれらを交わしながらどうにか脱いで、浴場に入って、さらに唖然…。


これ、浴槽ですか?

収容所ですか?マスゲームですか?…っていうくらい、びっしり人が湯船の中に詰まっているのです。
私が入るスペース、見つからず…。

それでもどうにか片隅を見つけて、小さくなって腰までつかっていると、おばあちゃんが私の肩あたりをまたいで侵入してきました。

む…無理。もはや、無理。
あえなく5分で撤退です。

せっかく四国まで行ったのに、メインの道後温泉は5分で終わりか…。
やっぱり温泉は人口密度の低い九州がいいかと。
ほら、他地域と比較すると九州の良さが際立つでしょ。



もちろん、逸品ハンターとしての任務も遂行してきましたよ。


むてんか!こちら!

飲み終わった後の瓶で恐縮ですが、その名も「ムテンカ」です。
愛媛にはみかんのジュースが数多くありますが、この「ムテンカ」のすごいところは、濃縮還元ではない、というところ。
濃縮還元ではないみかんの100%ジュースというと、天下に名高い「ポンジュース」があるわけですが、こちらの「ムテンカ」は明浜地区という糖度の高いみかん産地として有名な地域の限定商品です。
一つひとつに生産者のラベルが張ってあり、その生産者のみかんのみを絞っているそう。

味の濃度が違いました。
酸味も甘みも皮のちょっとある苦味も、そのまんまギューっと詰まっています。
濃すぎてごくごく飲めないほどのみかん濃度は、「さすが愛媛!」です。
みかん的ライバル県、和歌山の皆様も是非頑張ってください。



ちなみにこちら、ブルータスのお取り寄せジュース部門1位に選ばれたそうで。
やっぱり全国誌の調査力はすごいなぁ〜。。。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新酒の季節がやっとやってきました!プリンセス登場。