70代のおしゃれマスター。11月のワインといえば。

2006年11月22日

カキ小屋の季節です。

554d09b1.jpg全国の皆様は、「カキ小屋」というものをご存知でしょうか?

私は九州に来てから初めてこの存在を知ったのですが、その構成上、別に九州じゃなくても存在しそうなので、おそらく広島とか岩手とかにもあるのかもしれません。
九州アイテムじゃないかもしれませんが、とにかく九州には、山のようにあります。
長崎(全域)、佐賀(太良方面)、福岡(糸島あたり)の国道沿いには、まさに「犬も歩けば…」くらい、冬になるとうじゃうじゃ発生します。

ご存知ない全国の方にどういうところかと説明すると、


牡蠣を焼く小屋」、です。



いや、いじわるではなく、これが正確且つ的確な説明です。


殻付きカキをザルやらバケツやらでごっそり買って、海沿いにプレハブで建てられた小屋の中で、炭火で焼いて食べる場所です。
左手は軍手、右手はトングで、ワイルドに牡蠣を食べまくる場所です。
まかり間違っておしゃれして行くと脚を火傷したり、スカーフに引火したり、ベロアが灰だらけになったり、白いコートが煤けたりする場所です。
海辺の漁師が似合いそうな場所なんですけど、これが意外にも、とっても楽しいところなんですよ


焼きたての牡蠣は本当においしいし、キャンプみたいな雰囲気もなんだか楽しいし、野性味あふれる食べ方も非日常的だし。


オイスターバーなんぞで「タスマニア産オイスターのシャンパン仕立て」とかなんとかを食べるくらいなら、絶対「カキ小屋産カキの炭火焼」です。
シャンパン仕立て1粒分で1キロくらい食べられます。(←これ、重要)



冬季限定アイテムなので、これから九州を訪れる皆様、九州観光に組み入れてみてはいかがでしょうか?(いや、あなたの街にもあるかもしれませんよね。私が知らなかっただけかもしれませんね)
軍手の似合うユニクロフリースで行かれることをオススメします!

Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by uruu   2006年11月27日 01:04
カキ小屋で食べるカキってホントおいしいですよね!!
おもわずコメントしちゃいました。
いつも密かに拝見して楽しませてもらってます。

カキ小屋って国道沿いに数十軒ありますよね。
どこに入ればいいか迷いませんでした?

生牡蠣をバケツに入れて雑に置かれてあったり
あの工事現場のような雰囲気のワイルド感が
男心をくすぐります。

でも最近
ノロウイルスの集団感染のニュースをよくきくからちょっと恐い感じがします・・・^^
2. Posted by うえだ   2006年11月27日 14:41
コメントありがとうございます!
密かに見ずにガン見してください(笑)


ほんとに糸島とか太良とか走ってると、どのカキ小屋に入るべきか悩みますよね。
「車がたくさん止まってるところ」という王道で店を決めると、カキ小屋じゃなくて「ざうお本店」だったりして、危うく間違えて入りそうになってしまいます。。。(←糸島のカキ小屋地帯にデーンとあるんですよ)

先日、太良のカキ小屋に行った際には、カキだけじゃなくてヒオウギ貝やうちわエビなどいろんなものが一緒に焼けて楽しかったです。
オススメです…とはいえ、店名があるわけじゃないので、どうにもご紹介しづらいんですが(笑)
探していってみてください。
蟹御殿より5分くらい手前の207号線沿いだった気がします。(曖昧だな〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
70代のおしゃれマスター。11月のワインといえば。