夜の公園。取材道中でネタ探し。

2006年10月25日

おもしろアクティビティ in 天草

255daddb.jpg「九州の逸品はほんとに探し続けているのか?」とこのブログを読みながら懸念している皆様。
探してますよ、探してますとも。
ありすぎて困るくらいですよ。
先日も天草へ行く途中、デコポン発祥の地を通り過ぎました。
「不知火町」です。
演歌の歌詞に出てきそうなくらい、素敵な字面の町ですね。


デコポンというのはデベソのようなデコがあるのが特徴の柑橘類ですが、最近では全国のデパチカでもたまに見かけるようになりましたよね。
糖度が高くて、私も大好きです。
柑橘類ランキングを作るとすれば、たぶん第二位にランクインするはずです。
第一位は何か…奄美大島のアレですよ、アレ。
知りたい方は「九州の逸品 100選」でご確認ください。
持ってない方は→あちらのアマゾンサイトからお求めください。
(ユーズド価格が380円になってました…ちょっとショック…)


ところで、まだデコポンシーズンではなかったので、デコポンソフトで満足しながら天草に向かいました。
天草観光の目玉は何か、皆様ご存知でしょうか?

四郎ではありません。
天草四郎記念館素通り〜


天草といえば、


イルカ! です。


意外でしょ〜〜。
賢い子好きな私はイルカが大好きでして、オーストラリアやらフロリダやら三重やら、イルカに触れ合える場所には結構行ったのですが、天草はすごかったです。

いるか












何がすごいって、イルカとの触れ合い方がすごいです。
天草の海には何十頭という野生のイルカの群れがそこかしこにいるのですが、その群れ目指して観光客を乗せた漁船が突進するのです。
それも何十隻と。
「あっちにイルカが見えた!」となるとドドドド〜〜っと漁船の群れがイルカに向けて突進します。
で、そこでイルカの群れを見ていると「今度はあそこに出現した!」という声が聞こえ、全漁船が方向を変え、そっちの方向目指して突進するのです。


圧巻、です。
たまにイルカを轢いてるんじゃないかと思うくらい、猛スピードで猛攻撃をかけます。
大海原でモグラ叩きをしている心境です。
イルカ愛護者の私としてはドキドキするのですが、きっと賢い彼らは一枚上を行って、悠々と海中を泳いでいるのでしょう。



九州は逸品の宝庫であるだけではなく、自然の宝庫&おもしろアクティビティの宝庫ですよ。
アメリカよりオーストラリアより楽しいイルカウォッチングでした。
新しい九州の旅のご提案です。





トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
夜の公園。取材道中でネタ探し。