暑気払い。飲まない男子と飲む女子。

2006年08月09日

あの逸品が関西で大ウケ。

先日、「逸品対決!」でお世話になった会社の専務さんからビデオが送られてきました。
「大阪のTVで商品が紹介されたので、見てください!」と。

早速、会社のTVビデオにセットしてみてみると、おお〜これは関西のおばちゃんたちのバイブル番組、「ちちんぷいぷい」ではないですか。
関西以外の皆様と、関西在住でも昼間は働いててTV見れないよ、という方のために説明しておくと、この番組はほんとにディープな関西ローカル番組です。
何がディープかと言うと、週代わりの出演者。
ハイヒールに、桂南光に、なるみに、トミーズ健に、未知やすえ…という、関西人なら知らぬ人はいない&関西以外で見たことがない人たちが総出演しているのです。
まさに、関西人の関西人による、関西人のための、番組。


この関西至上主義の番組で、九州のとある逸品が15分ほどもかけて紹介されていました。
「魔法の寝具」として。
これだけで「九州の逸品」及び「逸品対決!」をお持ちの方なら、どの商品のことかおわかりになりますよね。
寝具は一つしか紹介していませんので。
しかも、このブログでも何回か絶賛してますので。


で、この番組の担当者の方も「逸品対決!」で目をつけてくださったそうです。
「“大人のおくるみ”とは、一体いかなる…?」と思って検証したところ、非常に素晴らしい性能を持っていることが判明し、寝苦しい夏対策として特集を組まれたのだとか。
「番組放映後の反応がすっごいんですよ〜〜」と専務さんも喜ばれていました。
さすが「ちちんぷいぷい影響力」です。



思い起こせば、私が初めててこの商品&会社さんに出合ったのはもう5年ほど前になります。
本誌の「健やかに暮らそう」という連載で取り上げるために、遠〜い遠〜〜い街まで車で出かけました。
見渡す限り畑、という場所にポツンとある会社だったのですが、専務さんも会長さんも社員さんも皆さん、ものすごーく感じの良い温かい人たちで、気付いたら外が星空になるまで話し込んでいました。
で、こんなに素朴な会社なのに、商品力はというとロフ○ーさんもテ○ピュールさんも真っ青の、世界に誇れる素晴らしい「逸品」だったのです。

それからはこちらの商品の大ファンとなり、本誌はもちろん、「九州の逸品」や「逸品対決!」などことあるごとにご紹介してきました。

そこからTV局さんに目をつけていただいた、というのは編集者冥利に尽きます。
ちなみに先週の土曜には、オセロ司会の「知っとこ」でも紹介されていました。
(「世界の朝ごはん」を見るのが大好きです。あんな本を作りたいです)


私たちの社会への影響力なんてほんとに小〜〜さなものなのでしょうけれど、もしこのままこの商品がヒットし、全国で話題となっていったら、こんなに嬉しいことはありません。
もちろんヒットする一番の理由はこちらの会社さんの商品開発力の素晴らしさです。
そして二つ目はテレビという反響の大きな媒体の持つ力です。
そして3番目、4番目…といろいろヒットの源はあると思いますが、何番目かには、私たち地方出版社の、地元の良品を地道に探す力があるのではないかと自負しています。


地元だからこそ見つけられる、小さな会社の大きな可能性を探していきたいと思います。
もちろん、ブームではなく、長く愛される本物の名品を。

Comments(4)TrackBack(0) 九州の逸品2 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yone   2006年08月26日 23:35
5 ウエダさん、九州の逸品本さん、パシーマの存在を教えてくださってありがとうございます。
「大人のおくるみ」もう手放せません!

まだまだ残暑厳しい東京の夜
クーラーをガンガンに付けないと眠れない父と母の横で毎日寝冷えにくるしんでいた私。
(あ、決して三人並んで寝ている訳ではありませぬ。
ふすまを隔てて部屋があるり、クーラーは私の部屋にしかないので…)
寝具をパシーマに変えてから冷房いらず。
皆ぐっすり幸せに眠れるようになりました。
なんでもオールシーズン使えるとのことで、いまから冬も楽しみになっちゃいます♪

これからも、こんな素敵な商品&会社を世に紹介していってくださいね。
2. Posted by うえだ   2006年08月28日 10:27
でしょう〜〜〜!!


と、のっけから大興奮も度ですみません。
あまりにも嬉しいコメントだったので、つい。

私もこの商品にはほんとに助けられてます。
夏冬共に快適です。

でも、これの真の価値がわかるのは、冬ですよ〜。
冷え性の私には、本当に魔法の寝具です。
綿素材なのに、毛の毛布なんかよりずっと暖かい。
寒〜くなる季節を楽しみにお待ち下さい。
きっと、もう一回驚き、感動するはずです

3. Posted by yone   2006年08月28日 23:32
5
週末、古い毛布類を処分したら押入れ上段まるまる空きました!
パシーマは日本の住宅事情にもあったかい製品だったんですね♪

あの薄さ軽さで真冬の寒さに対応できるのか?!
なんだかワクワクしてしまいます♪
冬が今から待ち遠しいなんて、スノボやり始めの若き日の頃のようです。

そういえば
シーツも掛けもお揃いベージュパシーマになった自分の布団を見た父が一言、
『なんだか贅沢してる気分だなぁ。』と、照れくさそうに言ってくれました。
ちょっと親孝行もできちゃいました。

4. Posted by うえだ   2006年08月29日 10:10
スバラシイ。
なんて親孝行な娘さんでしょう。。。

冬のパシーマは、お布団の内側に入れるんです。
私は今まで、布団の上にも下にも毛布を重ねまくりの人間だったんですが、パシーマを知ってからは羽毛布団の下にパシーマを入れるだけです。
真冬もパシーマ&布団の2枚のみ。
コツはパシーマで自分の体をなるべく隙間なく包むこと。
これで冷えしらずです

…ってこんな暑い季節に熱弁してもピンときませんね〜。
パシーマ製足くるみとかパジャマとか、様々な商品開発をされているので、その他の使用感等については追々、最適な季節がきたらレポートいたしますね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
暑気払い。飲まない男子と飲む女子。