原稿と冷蔵庫。秋のキャンペーン第二弾!

2005年11月16日

インフルエンザ対策。

d2e666da.jpgただいまわが社では全社員「秋のインフルエンザ予防接種キャンペーン」の真っ最中です。都合のつく人から随時二人ずつ、受けています。(ワクチン一本の量が二人分入っているらしく、二人セットじゃないと受けられないみたいですね)

先月から引き続き2ヵ月越しの風邪を引いている編集長と、その風邪を新たにうつされた被害者Sは来週に後回し。編集長の風邪は彼を基点にして同心円状にどんどん蔓延していっているのですが、なぜか編集長の隣の席にいながら一人移ってないYは昨日早々と接種してきていました。
「ぜんっぜん風邪なんて移んないっすよ。元気バリバリっすよ〜うわっはっは〜」と勢い良く出かけたY。
病院から帰ってくるなり「問診で喉見られて『風邪ひいてますね』って言われました〜」とショボーン
相変わらずのマイペースガイです。
編集長からは「ナントカは風邪ひかないって言うけど、ひかないんじゃなくてひいたことに気付かないんだね〜〜」と侮蔑だか称賛だかわからないコメントを浴びせられ(称賛じゃないな、どう考えても)、みんなからは「風邪くらい自覚しなよっ」と指さされて笑われていました。
あ、もちろん私も指10本フルに使ってMAXな嘲笑を浴びせかけておりました。
ちなみに写真は、昨日接種した注射シールをまだ剥がしておらず、「注射すっげ痛かったっす、まじ痛かったっす」と繰り返すチキンYの腫れた腕です。


そして本日、私の順番がやってきました。
問診で「風邪は?」と聞かれたので「全然。元気でーす♪」と自信たっぷりに答えたところ、喉を見たお医者さんが驚きの一言を。


「ひどく腫れてますよ。これじゃ咳もでるでしょう。喉もすごく痛いはずです」。

…はい?
この、ワタクシが、ですか?

「うーん、今日予防接種しても大丈夫かなぁ。初期ではなく、完全に風邪の症状ですよ。夜熱が出るかもしれませんね。あ、飲酒は絶対しないようにね」。

えぇ!?
ええぇえ!!??
か、風邪?
そして、飲酒禁止!!??


思いっきり飲酒の予定を入れていました。
この私が、Yを指差してゲラゲラ笑っていたこの私が、まさか彼と同じ道を歩むとは…ショックです。
しかも今晩予定しているディナーで飲めないなんて、二重苦です。
帰ってきて、Yと一緒に「どの人にも同じコメントするんじゃない?あの医者」とヤブ呼ばわりして二人で慰めあっていたのですが、その後接種に行ったスタッフAから、「全然そんなこと言われませんでしたよ、フフン」と少し勝ち誇って報告されました。
…疑ってすみません、お医者さん。
悪いのは風邪すら自覚できない私たち二人です…。


ただいま、接種より四時間経過しました。
なんだか少しずつ熱っぽくなってきたような感じがします。
予防接種で熱出すなんて、本末転倒な気もするのですが。
ショック熱かな?

Comments(0)TrackBack(0) 編集部の日常 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
原稿と冷蔵庫。秋のキャンペーン第二弾!