胡麻で若返る!…の?アナログVSデジタル

2005年08月23日

PCの中身拝見。

a6906f03.jpg本日は本誌「月刊はかた」9月号の入稿日。ここ数日はみな遅くまで頑張っていました。
私も本誌にどっぷり漬かっていた頃は、締切前一週間はいつも時間との闘いでした。終電がなくなって会社の車で帰ったり、夜ご飯を食べる時間がなくてポッキーですませたり、とタイムトライアルな日々を送っていたのも、今は昔。こんな時代もあったよねぇ…と、今は遠い島から本誌チームの汗が飛び交う姿をアールグレイ片手に見ています。「がんばってねぇ〜ん。ズズズッ(紅茶飲む音)」みたいな。あら、優雅。
ま、単行本出版間近になると逆に本誌チームから完全ムラハチブで「頑張れよ〜じゃ、お先に」と寂しく突き放される運命にあるので、どっこいどっこいですね。小さい社会の中で闘争が繰り広げられております。


そんな焦りの空気が張り詰めるなか、先日有り得ない光景に出会いました。
ギギーという音に驚いてふと顔を上げると、スタッフSがギーコギーコとアナログな音をたててPCを解体しているではないですか。
「なにやってるの、Sちゃん!!いくらお金に困っててもPCの部品に使われてる程度の金じゃ換金できないわよーっ!」と老婆心ながら助言申し上げようかと思っていたら、「PCの埃とっているんです。原稿打ち始めるとフリーズするんです」とS嬢。
…ああそうですか、ほこりですか。

私はフリーズしたらとりあえずバコバコPCを叩いていましたが、埃をとればいいのですね。
今初めて知りました。
それにしてもPCを開ける作業は、その姿だけを見るとすっごく技術者っぽくてかっこよかったのですが、S嬢の続く行動を見ていたら「ふーっ」と息を吹きかけているだけだったので、これなら私でもできそうです。
次回フリーズの際は私も叩くのやめて開けてみよう。
…私のPC、ノートなんだけど開けても大丈夫なのでしょうか?


ちなみにその後、自分の机を離れ会社の共有PCに向かったS嬢はまたもフリーズさせていました。我々の推察は、フリーズの原因は埃ではなくS嬢の指先からでている得体の知れない電波なのではないか、という結論に至りました。軽く発言も電波系の子なので、可能性大です。そのうち何かと交信し始めるかもしれません。そのときは面白いので「交信日記」などを執筆してもらおうと思いますが、締切前は迷惑なので、とりあえず彼女を電気系統から離しておくつもりです。


本誌チームのみなさん、入稿お疲れさまでしたー

Comments(0)TrackBack(2)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 福岡に倣って 【部長】  [ 遊々自適つれづれブログ ]   2005年08月23日 19:49
今日は全くブログを書く予定はなくお休みする予定だったのですが、九州の逸品ブログの内容がショッキングだったので、書くことにしました。 そう。その内容はブログで堪能してもらうとして、東京本社でも同様にMacが物凄い確立でフリーズするため、福岡に倣ってみやぬまん...
2. 福岡に倣って 【部長】  [ 遊々自適つれづれブログ ]   2005年08月23日 19:51
今日は全くブログを書く予定はなくお休みする予定だったのですが、九州の逸品ブログの内容がショッキングだったので、書くことにしました。 そう。その内容はブログで堪能してもらうとして、東京本社でも同様にMacが物凄い確立でフリーズするため、福岡に倣ってみやぬまん...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
胡麻で若返る!…の?アナログVSデジタル