土用の丑の日。コンビニお菓子と逸品お菓子。

2005年07月29日

BBQ新定番!

a99ab712.jpg今週になって、天神の町中にもおしゃれをした中高生の姿が目立つようになりました。今が、はるか昔に経験した「夏休み」という素敵な期間だということにやっと気が付きました。

夏休みって心躍りますよね。
学生時代には「夏限定」イベントが多かったように思います。
プールに花火大会、キャンプやBBQ…BBQなんて年中してもいいのに、なぜか夏の海辺でしたくなるのは不思議です。ただでさえ暑いのに。すいかも棒で叩き割るころには中が煮え始めているというのに。浜辺だって砂でドラエモン像を造るくらいしか楽しみもないのに。なぜに「海辺でBBQ」にはこんなにも「楽しかった」というイメージ記憶があるのでしょうね。みんな冷静に思い返してみると意外に「そんなに面白かったっけ?」と思うかもしれません。

そして、BBQの内容。さあ思い返してみてください。海辺だから手の込んだものも作れず、洗ってきた野菜とスーパーの特売お肉が定番です。あっという間にたまねぎもピーマンも黒焦げになり、立ったまま堅いお肉にタレを漬けようとしたらジーンズにタレがたらり…ウワーッ!!なんで海外のドラマのようにはならないのでしょう。ワイン片手にトムとボブをはべらせてビーチバレーとかするはずだったのに。サングラス頭に乗せるどころか、日焼け対策にタオル頭から巻いてるよ、私。これじゃ農村BBQだよ。

…と苦いメモリーを呼び起こしたところで、今夏からは同じ間違いを起こさないようにしましょう。一体上記のBBQの諸悪の根源は何か。
黒こげ野菜でもタオルでマチコ巻きスタイルでもありません。
何より、「お肉をタレにつけて食べなくてはいけないこと」が間違いのもとなのです!
あんな環境でタレを持ち歩かなくてはいけないこと自体、非常にめんどくさいではないですか。片手ふさがるし。箸持ったらビール持つ手がないじゃん。

そこで、BBQの風景を一新させるお助けアイテムの登場です!

写真の、超ビッグソーセージはいかがでしょう!
なんと一本270gのボリューミーな逸品です。
しかも大きいだけではなく、身はプリプリで生たまねぎを使っているため風味も食感も抜群。お肉の味そのものが生かされているので、新たに調味料は必要ありません。焼くだけで本当においしいんですよ。

私のように少食な女子は輪切りに切って。
豪快な男性は一本丸ごとかぶりついて。
夏らしい雰囲気も味わえる、まさにBBQの救世主的存在です。
もちろん、ご家庭のいつものお料理にも、ぜひ。


これならおしゃれな銀串の先にソーセージつけて、ワイン片手にジムとデイビッドをはべらすことも可能ですよ♪

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
土用の丑の日。コンビニお菓子と逸品お菓子。