海とラーメン。中国土産?いえいえ、九州土産です。

2005年05月01日

小悪魔トマトソース。

c1d09a69.gif私はどうやら「料理ができない」イメージの人らしいです。


昔はそうでもなかったのですが、最近出会った人からはよく、「包丁とか持てなそうだよね」と言われます。一体何を見てそう言われるのか聞いてみたいものですが、ほとんどは「根拠なし」らしいので、更にたちが悪い。歳とともに家庭的なイメージから程遠くなっているのでしょうか。…普通逆でしょ。いつか割烹着に三角巾して出勤してやるっと心に秘めている次第です。


とはいえ、世の中の家庭的イメージから遠ざかりつつある女子諸君。
これは、チャンスですよ。
家庭的イメージバリバリの子が玉葱スライスすらできなかったらそれだけで減点されてしまいますが、家庭的イメージ皆無の我々がお手製ドレッシングなんか作っちゃったらそれだけで加点されます。もしくは一気に合格点いただけるかもしれません。結構、楽勝じゃないですか…ぐふふ。(悪魔的笑い)


まあ、お手製ドレッシングは簡単だし見た目にもそう特徴がないので、リードを広げるのは難しいかもしれません。(何に?誰に?)中には、せっかく作ったのに「QPのドレッシングを移し変えてレモンでも加えただけなんじゃないの?」とか考える不届き男子もいるかもしれません。
お手製マヨネーズなら、半周くらいリードできるでしょう。明らかにチューブに入ったマヨと自家製は味も見た目も違いますからね。
しかし、そのくらいじゃ生ぬるい!と思ったあなた。
ここぞ、というときに1週半リードを広げようと思ったあなたには、これをおすすめします。
ケチャップです。

ケチャップを自分で作るのは、結構時間がかかるでしょう?
裏ごししたり、煮詰めたり、にんにくやら玉葱やら、一筋縄ではいきません。
しかも、チューブに入ったものはアレンジのしようもない、固定概念ガッチリの味。そこで写真の商品が登場するわけです。


こちらは、某県のトマト農家さんと老舗醤油醸造蔵が共同で作ったソースです。
最高のトマトと最高の醤油を使って作られている、深〜い味わいのトマトケチャップ。ケチャップ特有の酸っぱさがない代わりに、トマトの甘みがしっかり守られています。その上パッケージからも漂うように、手作り感たっぷり。ざらりとした舌触りや、少し懐かしさの残る香りには、素朴さもしっかり残されています。


オムライスの上にこのソースを、ちょこんとスプーンで乗せてみましょう。
見た目の素朴さからまず、
「お!まさかこのトマトソース手作りか?その努力だけでもすごいな!」
と感動させることに成功。
さらに、一口食べた瞬間に
「なんと!うまい!!!なんて料理上手なんだ、見かけによらず!!」と驚愕させること間違いなしです。
ドレッシングより、マヨネーズより、絶対効果的です。楽勝です。


もちろん普通のご家庭でも、いつもケチャップを使うところでこのソースを使ってみてください。同じ料理でも使う調味料がひとつ変わるだけで、こんなにもプロ仕様の味わいになるのか、と驚きますよ。


小悪魔ちゃんたちにも(大悪魔?)、ご家庭の主婦の皆様にも、オススメの逸品です。以前に紹介した「出汁」同様、男子諸君には簡単にだまされてしまわぬよう”見極める鍛錬”が必要となりますが。



Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by M   2005年05月09日 16:14
ブログ拝見させて頂きました。
 ん〜、私的には「結構家庭的なひとかな?」と思っているのですが…。本当の所はどうなんでしょう?
 でも本当に美味しそうなケチャップですよね。是非とも試してみたいものです。
 あと騙されない様に”見極める鍛錬”も確かに必要ですな。今の所、全くの杞憂ですが。

2. Posted by うえだ   2005年05月09日 17:35
素敵なコメントありがとうございます!
正しい予想ですよ!意外に家庭的です。
…と熱弁してアピっている時点でもうすでに怪しいですが。

是非これからもお暇なときブログ読んでくださいね〜♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
海とラーメン。中国土産?いえいえ、九州土産です。