2021年01月

2021年01月14日

九州王国2月号(2021)発売です。

IMG_6241


大特集は「うまか、もじょか、水俣・葦北の幸」。
「もじょか」とはご当地の言葉で「かわいい」という意味だそう。
「キュート!」という意だけじゃなく、「愛らしい」とか「なんか好き」みたいなポジティブ空気を纏った方言だそうです。
水俣&葦北エリアのもじょか食材、もじょか人々をずらりとご紹介。日本一の和紅茶から、高級アボカドまで、オリジナリティ豊かな食材が集まったエリアでした。

第二特集は「まえうみからの贈り物」。
有明海を「まえうみ」と呼ぶ、佐賀県川副町周辺に注目してみました。
やはり干拓の歴史と切っても切れない有明海周辺。海で生きる人、干拓地で農業に勤しむ人、誰もが感謝をする「まえうみ」の恩恵について繙きます。


図らずも、大特集&第二特集ともにとっても美味しそうな特集となりました。
外出自粛中はせめて誌面で、旅気分をお楽しみください。

PermalinkComments(0) 九州王国 | 新刊出版情報

2021年01月13日

非常事態のため、取材断念。

15年来付き合いのあるクライアントさんとは、この15年間に実にさまざまな取材をご一緒させていただいてきました。

北海道はサロマ湖のワカサギ釣りの氷の穴に足が落ちたり、
厳寒の五島でワゴン車から転げ落ちたり、
中標津のキャンドルナイトで指が凍傷になりかけたり、
島根のサイクリングでお尻の激痛に悶えたり。

…全部、私が悪いんですけど、とにかく身体を張った思い出しかない数々のお仕事。

2021年初となるご一緒仕事が決まり、「今回は今までとは違うよ、ウエダさん!期待して!ヨガとかヒーリングとかしちゃうよ!!」と驚きの素敵取材依頼に胸を膨らませていました。
今後こそ、体力勝負じゃない取材ができちゃうんですね!もう身体は痛くならないんですね!!と乙女心が期待でいっぱいになったこのタイミングで、なんと緊急事態宣言ーーー

これまでも感染予防は完璧にしてきたつもりですが、国の一大事にあたって、やはりお仕事を優先させている場合ではないと判断し、今回の取材は断念することとなりました。
もんのすごーく残念なんですけど。ただし、自身が感染を広げる可能性がある中で、移動をすること自体やはり自粛しなくてはいけませんよね。全世界が耐えている今、世界の一員である自覚をもって我慢することが、現在唯一我々にできることです。

ヒーリングヨガ島旅、コロナが終息したら絶対リベンジしたいです。
身体が硬い私にとって、「ヨガ」がヒーリングになるのかどうかはまた別問題ですが。




PermalinkComments(0) 取材裏話 

2021年01月12日

九州、豪雪!

九州に住み始めるまで、他の多くの九州外出身者と同じように、私もここは南国だと思っていました。
まさかこんなに雪が降るなんて!!!

IMG_6228


この週末は、私が九州民になって史上一番の、豪雪でした。
こんなに降ったの初めて。車も出せず、それどころか新聞を取りに行くまでに遭難しそうなくらい(←大げさ)、膝まで積もりましたよ。びっくりしたー。

家から一歩も出ることができず暇だったので、オンラインでiPhoneを新調しました。
注文翌日に実機が届き、旧機と並べておいておくだけでデータ移行終了、と驚くほど簡単になった機種変更に、隔世の感あり…機種変更、ノーストレスですよ!めんどくさがりの同志の皆さん!

しかし指紋認証からフェイスIDに変わったら、朝布団の中で顔を認証してくれませんでした…ノーメイクだから?むくんでるから?眉毛ないからー??



PermalinkComments(0)

2021年01月05日

あけましておめでとうございます。

編集部は本日が仕事始めです。
例年なら初詣から一年が始まるのですが、今年はなし!
忘年会も新年会も初詣もなしの、異例の年明けとなりました。

年末年始の休暇中も、基本的に全員引きこもっていたので、久々の複数での会話。
やっぱり喋るって精神衛生上大事だなー、と改めて思います。

年末に「2021年は油モノを減らします!」と小学生のような新年の誓いを述べていたヤナッチは今日、早速ランチに「蕎麦むらた」さんに行ってました。
帰ってきて開口一番、「新年限定メニューで蕎麦しかなかった!!」と何度も無念を口にしていました。
かつ丼が目当てだったようです…新年の抱負が早々破られなくてよかったじゃんか…。(っていうか、むらたに行ったら、むしろ蕎麦で大満足でしょうよ!)

今年は編集部みんなでダイエットを目標にします!
もう全員、入社前と比較したら、丸々しすぎてやばい。
健康的社会人生活を目指して、茶色いおかず(揚げ物)3割減で、頑張ろうねー




PermalinkComments(0) 編集部の日常