2020年02月

2020年02月10日

江戸を代表する、老舗洋食店

先週末は江戸へ。
江戸に行ったら行きたいお店が多すぎて困ります。
今回は、名店中の名店、「たいめいけん」さんにお伺いしてきました。

IMG_4782


名店に、江戸楽が似合ってて嬉しい〜〜〜〜
入ってすぐ江戸楽に出迎えられると、とっても嬉しくなります。
しかも今回、隣のテーブルにクリエイター風の男性チームが座られていたのですが、退席時に上司らしき人が、「これ、面白いから読んで!」と部下に江戸楽をふるまってました。
いちいち嬉しい。席立って、握手しに行こうかと思ったくらい

そして皆さんご存知の通り、昭和6年創業のこちらの老舗の名物はおむらいす。
せっかくなのでおむらいすを〜〜とお願いしたら、スタッフさんに「卵たっぷりのたんぽぽおむらいすと、薄巻きがありますがどちらにされますか?」と聞かれました。
たんぽぽは卵5個くらい使っていて、とっても贅沢なんです。
めちゃめちゃおいしいんですけど、二日酔いの胃にはちょっとヘビーなので薄巻きを頼みました。

で、出てきた薄巻きがこちら。


IMG_4780



名店が贅沢すぎて、私の認識の「薄巻き」と「薄い度」が違う…。


見目麗しく、最高においしいおむらいすでした。
二日酔いを忘れました。







PermalinkComments(0) 江戸楽 

2020年02月04日

社員研修@朝鮮半島2020

コロナウイルスがこれほど深刻化する前に、社員研修で韓国を訪れていました。
昨年が「癒しの社員旅行」だとしたら、今年は「学びの社員研修」。
実はよく知らない一番近いお隣の国を、みんなでじっくり学んでみようではないかという真面目研修です。

IMG_4552


まず訪れたのは、仁川からすぐの「松島国際都市」。ここは韓国の未来都市と呼ばれているらしく、ごみのダストシュートがすべて地下に作られて集積場に直結しているとか、信号がIT化されていて交通環境を整備しているとか、驚きの先進都市でした。

IMG_4551


展示館にあった、「CG顔はめパネル」に早速ご執心の我々。
環境問題とか関係なく、こういうの見たらやらずにはいられない。
ミヤモン王妃(後列右)のオーラがなさすぎる…こういう生活指導の先生いたなー。



DSC02522


そして北部の国境へ。
半島の歴史は、ここを見ずには学べません。
これは、韓国側からイムジン川越しに眺めた北の大地。
いろんなお話を聞きながら、ここから一般の人の暮らしを眺めると、本当に多くの大国に翻弄されてきたエリアなんだなぁ、と考えさせられることばかりでした。

IMG_4592


国境付近に掲げられていた、平和を願う旗。
文在寅も金正恩もとってもかわいく描かれていて、日本にこの発想はないなーと興味深く思いました。

これ以外にも歴史を学びにお寺に行ったり、地理を学ぶためにソウルタワーに行ったりとお勉強三昧だったのですが、もっとも熱心に学んだのがこちら。

DSC02583


韓国伝統酒ギャラリー。いろんな予定をすっ飛ばしてでも、絶対に入れたかったお勉強どころです。下戸チーム、ごめんね〜〜〜!

IMG_4700


下戸一号のシエルは、このお兄さんのかわいい日本語に首ったけだったので、許してくれました。
マッコリや焼酎だけではない、韓国の薬酒やワインなどを紹介してくれる施設。学びました〜〜〜(最も情感がこもっている…笑)


今年もみんなでよく食べ、よく飲み、よく笑い、たくさん学んだ有意義な3日間でした。
これらをきちんと糧にして、また幅広い視野を持った編集者になれるよう精進したいと思います!






PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2020年02月03日

節分2020

IMG_4777


わが社に伝わる創業者の教えのうちの一つ。

「クリスマスやバレンタインはどうでもいい。しかし、節分だけはおろそかにするな!」

…はい。今年もしっかり守りました。「節分、是、尊ぶべし」…もはや社是です。
節分は季節を分かつ大事な日ですからね。しっかり厄を払いましょう。このエリアでこんなに豆まきを忠実に(真剣に)行うのは、博多座の歌舞伎役者と我々くらいじゃないかと思うのですが。


IMG_4775


鬼は今年も立候補によりミカに決定。
これは名誉職なので、誰にも譲る気はないそうです。謎の強い意志。

IMG_4776


ぶつけられるのが快感なのかなー?
今年も頭に入りきらない子ども用の鬼面を、しっかり被って、ぶつけられてました。
謎のマゾヒズム。

今年も全力で厄を払ったので、安心して立春を迎えられます。
働いてなさそうな会社に見えると思いますが、激務の合間に豆をまいてますので、ご心配なく!(嘘です




PermalinkComments(0) 編集部の日常