2019年12月

2019年12月13日

九州王国、2020最初の新春号発売です!

IMG_4335


いよいよ2020年号となる九州王国1月号が発売されました。
年末までに2月号まで作り終わらなきゃいけないので、全く「2019年が終わる感慨」を感じないまま、スゥーっと2020年に吸い込まれていく感じです。毎度のことですが。

今月の大特集は「絵師が見た江戸時代の暮らし」。
まるで姉妹紙・江戸楽かと思われそうな特集ですが、そこは九州王国なので、九州から一歩たりとも出ておりません(笑)。
まだ写真がなかったころの人々の暮らしを想像するには、書物と絵しかないわけです。
しかも、お殿様のような「上層部」の暮らしは絵師たちによってたくさん描かれていますが、当然庶民をわざわざ描いているものは少ないわけで。
しかもしかも、江戸ではなく九州の日常を描いているとなると、とっても少ないわけです。
わが編集部は、そこにあえて挑みました。
祭りを描いた作品や、産業を描いた作品の端々に添え物のように描かれた庶民たちを、目を凝らしてピックアップ。ここからでも十分に、当時の人々の暮らしが垣間見れるのです。
ものすごく面白い特集になっていると、自画自賛したいのでぜひご高覧ください。
おすすめは17P左上に描かれている、3人衆。
シーボルトの絵師が描いたとされる、コントのような被り物3人組が何度見ても面白いです。



第二特集は「ユニーク神社で初参り」。
九州って本当に、信仰や祭神への懐が深いというか、面白い文化が残っている土地なんですよね。
タコ断ちで願をかけるとか、トラクターにお祓いするとか、面白風習満載。
新年は少し変わった、ユニークな神社に初参りに行くのはいかがでしょう?という少し軽めの特集です。

今月もバラエティに富んだ一冊になっておりますので、年末年始にこたつに入ってゆっくりとお読みくださいませ。



PermalinkComments(0) 九州王国 | 新刊出版情報

2019年12月11日

毎年恒例の、忘年会店選び。

編集部の忘年会は、毎年最終日の夜。
今年は27日(金)の夜なので、当然この町で一番予約が取りにくい日になりそうです。

10月くらいには「今年の忘年会はあそこ行ってみたいね〜」「え〜でも大掃除後だから、ヒールとか履いてないですよ、私たち。あの店行くには汚すぎて入店拒否されません?」なんていう余裕かました会話をしていたのですが(入店を断られるほど汚いのだろうか、我々…)、ふと気づくと、もうどのお店も予約が取れない時期まで来てました。

やばい・・・最後の手段は、会議室で飲み会か!?と一瞬よぎったのですが、なんと、全員でありとあらゆる手を尽くした結果、奇跡的にとっても行きたかった名店の予約が取れまして。
やった〜〜〜と、今は心穏やかに年末を迎える準備ができています。

仕事そっちのけで、忘年会に全力を注いでよかった
飲むお店さえ決まったら、あとはしっかり働こうね〜〜〜。





PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2019年12月10日

年末面談。

ブログさぼり気味ですみません。
毎年のことですが、年末進行と年末行事と忘年会が入り乱れておりまして、日々プチパニックです。

本日は半期に一度の全員面談日。
全員のトリを務める最後の面談相手にかけた私の最後の言葉が、

「豚を食べるなら、とんかつじゃなくてトンテキを選べ

でした。編集部にはその言葉だけが漏れ聞こえたらしく、面談終わって会議室から出てきたら、皆が一斉に「何?何の話!?」ってなってました。

アラフィフは油ものを避けろという、深い話です…。
ちなみに、半年前の夏季面談はこのような話をしていたようです→


成長がない…来年こそは、ノルマとかに檄を飛ばす、かっこいい面談をしたいものです


PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2019年12月02日

月刊はかた12月号(2019)出ました!

IMG_4321


2019年最後の月刊はかたが出ましたーーー。

特集は「名店が好きな名店」。
いわゆる、「お店の人が好きなお店を推薦してリレーしていく…」というよくあるスタイルの企画ですが、うちが他と違うのは、「はかた名店百選会」の皆さまがジャンルを超えた名店揃いであること。
お寿司やさんがイタリアンを指名して、そのシェフがフレンチを…というのはよくありますよね。
うちは、全然違います。
明太子の名店がお気に入り眼鏡店を紹介して、眼鏡店社長はあのうなぎを、そしてうなぎ会長はおしゃれ鍋を…と「飲食」に限らずの素晴らしい名店リレーをしていただいています。
Tシャツは出てくるわ、饅頭は出てくるわ、オーダーシャツは出てくるわ…バラエティ豊かなリレーです。

この「町を網羅している感」、うちらしいなと自画自賛
そして出てくださっている皆さんが、すっごく温かいいい表情をされているのも、うちらしい

かっこつけない、素の姿を見せてくださっている、お気に入りの特集になりました。






PermalinkComments(0) 月刊はかた | 新刊出版情報