2019年01月

2019年01月17日

八代の宝石…

1月号で「八代、冬に実る不思議な実」という特集をした九州王国編集部に昨日届けられた、八代の至宝…





IMG_1762



どどーーーん。と、大きい写真でアピールしてみました。
見てください、この美しい宝石たちを。
もう、陳腐なウエダのコメントはいらないですね・・・美しすぎて、美味しすぎる。

「次はトマトとパプリカで飲み会します?」というアンビリバボーな提案が主婦スタッフから発せられていましたが、なんでも酒のつまみにすりゃいいってもんじゃないのよっ!
これは、不摂生な編集部に贈られた、「リコピンで健康な身体を維持してね」という生産者様からの温かいメッセージを含む贈り物なのです。ノーアルコールでいただくのです。

一つ齧ると、驚くほど果肉が詰まっており、人生史上最高に美味しいトマトでした。
早速みんなでいただき、リコピンを蓄えます!(早速ヤナッチ本日病欠ですけど!)

ありがとうございましたーーーー



PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2019年01月11日

九州王国2月号(2019)発売です!

IMG_1712


ものすごく幻想的な表紙の2月号があがってきました。
「これ、絵?」「海草?」「枝?」と芸術を理解しない編集部の面々は好き勝手なことを言ってましたが、なんと、砂です。白砂の波紋です。素敵〜〜〜

今月の大特集は「武雄、百器繚乱の地を訪ねて」。
ヤナッチリーダーの特集です。
当初、相変わらずモッサイ…なんかイマイチのタイトルを付けていたのですが、本文リードの中に「百器繚乱の〜〜」と書いてあり、「これいいじゃん!こっちタイトルにしなよ!!」とごり押しして変更致しました。
いい言葉を思いつくのに、それに気づかないという、謙虚な才能を持っております…。


有田焼、唐津焼、伊万里焼等々に囲まれた地で、非常に稀有な歴史を持つ武雄の焼き物特集です。
武雄って温泉のイメージが強いですが、面白い焼き物の地でもあるんですよ。


第二特集は「空から海から九十九島」。
県外からの友人が来た時に、私が高い確率で連れて行くのがこの九十九島。
絶景にほとんどの友が喜んでくれます。
今回は、プロカメラマンがお勧めする撮影スポットからクルーズの楽しみ方まで、さまざまな切り口でご紹介しています。
この時期は「九十九島かき食うカキ祭り」も外せないですね!(2月中の土日開催)


冬も精力的に、九州王国を片手に九州中を旅して楽しんでくださいね




PermalinkComments(0) 九州王国 | 新刊出版情報

2019年01月09日

自社媒体のみならず、いろんなものに書いてます。

博多座会の会員の皆様に毎月届く会報誌「喝采」。
この4月号に、大先生が寄稿しています。

IMG_1706


我らが小松さんと同じ見開きページで、博多が誇るヒット作「めんたいぴりり」の評論を書いているのがこの人。

IMG_1707


弊社スタッフ・ヤナッチでございます。

「・・・・を、博多華丸は見事に演じた。」とか呼び捨てでえらそうに書いてまして、ビビリな私なんかは「こんなえらそうで大丈夫ー!?」とオロオロしたんですが、本人は存在しない口ひげを整えながら「うむ、大丈夫であろう。めんたいぴりりが大好きなワシが書いたのじゃから大丈夫であろう!ふはははー」と意気揚々でした。

そもそも「見事に演じた」とか、ど素人が語っていいんですかね。三谷幸喜とか、つかこうへいとかならわかりますけど。

映画版「めんたいぴりり」はいよいよ福岡県内では明後日から上映です。(全国では18日から)
博多座版はもうあと2か月ほど待ちますが、こちらも楽しみです

PermalinkComments(0) 取材裏話 

2019年01月07日

仕事始め&忘年会を振り返る

編集部は年末年始にたっぷりと10連休をいただき、本日より仕事始めとさせていただきました。
新年ももう7日も過ぎているのに、今更10日前の忘年会を振り返るのもいかがかとは思うのですが、昨年は特に豪華忘年会だったので、振り返らせてください。自慢させてください。

IMG_1651


2018年の忘年会は、奮発して薬院の「きょう重」さんへ。ふぐの名店です。前菜ですでにウニてんこ盛りです。奥に見える八寸も一つ一つ、ぜーんぶ編集者が言葉に詰まるほど美味しい!

IMG_1653


てっさ(←と呼ぶと関西人だとバレるそうです)も美しすぎる!うますぎる!
しかもこれ、お店の方が一人ずつに丁寧に鴨頭ネギを巻いてくださるんです。

IMG_1656

こんな風に〜〜〜

大名なの!?私、大臣なのっ!??と錯覚しそうな、もてなされ方。

IMG_1662


極めつけは骨酒ファイアー
このころ酔っぱらってて何がどうなってたのか覚えてませんが、確か骨に伝った日本酒に着火していたような…間違ってたらすみません。でもすっごい盛り上がりました。
ふぐの名店で、まさかエンタメ要素があるなんてね〜〜。
お上品なおもてなしから、楽しませ方まで、最高のお店でした。

あとは、我々が飲んだ最高の日本酒をミカ先生にご紹介いただきましょう。

IMG_1658

IMG_1657

IMG_1655

IMG_1672



いっぱい決め顔を持っていて、羨ましい。
普通の女子の決め顔って、こういうことじゃないけどね。

IMG_1675


最も気合を入れた決め顔はお店の看板とともに。このテンションが名店の雰囲気を壊すというご迷惑になっていないことを祈ります。

IMG_1660


今年も引き続き、い〜〜っぱい働いて、楽しく忘年会ができるよう頑張ります!
新年早々、次の忘年会に向けて決意を新たにするってどうかと思うけど





PermalinkComments(0) 編集部の日常