2012年07月

2012年07月31日

コロネーション。

地味にオリンピック応援気分ということで、サブウェイの「コロネーションチキン」。

__


イギリスの郷土料理です。

イギリスにホームステイしていたころ、この料理を出してもらい、「コロネーション」という響きから、なんとなく「colony=植民地」的な想像をしてしまい、「ああ、インドを植民地支配したときにカレー味をイギリスに持ってきて作ったチキンか」と思っていましたが、正しくは「coronation=戴冠式」だそうです。

つまり、エリザベス女王の戴冠式のときに出された料理だそうで。



・・・あまりの自分の見識の低さにびっくりです。真逆っ!!



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月30日

往生際が悪い?

__




健康診断が近づきつつあるので、ランチはサラダ蕎麦。

ええ、気休めです…


PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2012年07月27日

テンション乱高下の午前中

8:00 取材先が遠いのでいつもより早めに出る(

9:00 渋滞にも遭わず、珍しくスイスイ到着(

9:10 手土産を前日夜買いそびれ、お店がまだ開いてないことに気付く(

9:20 走り回って、開いてるお店を発見(

9:30 無事、取材スタート。めちゃくちゃ素敵なご夫妻(

10:30 取材中、さんざん「最近の人はお作法がなっていない」と聞かされ、私も「嘆かわしいことです」と相槌を打っていたにも関わらず、取材最後に、まさかのお作法テストタイム(

11:00 冷や汗タラタラで、どうにか難関を潜り抜け、ご挨拶して車に戻ると…


__



外が尋常じゃない気温になっているっ!!!(


…とまあ、なんかもう、ぐったり疲れて会社に戻ってきました。



そうしたら、朝バタバタで買った手土産の領収書をもらうのを忘れたことに気づきました。

・・・ああぁぁ


 




PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月25日

お仕事いろいろ。

ここのところ、新しいお仕事をいくつかいただいています。
有難い。
このご時世、選んでいただいて本当に、ありがたいです。

またもスケジュール的に、年度末くらいまで死闘確定になってきましたが、そこはほら。
一人で5人分くらいの能力があるうちの精鋭スタッフがいるから安心です
うふふ。みんな〜、また仕事入れちゃったよぉ〜(鬼のつぶやき)


今週決まったもののうち一つは、昨年大コンペの末勝ち取ったお仕事。
内情を暴露すると、他社様よりうちのほうが提示価格は高かったものの、内容がいいとギリギリで決めてくださった案件でした。

今年もコンペかな…と思っていたら、なんと、「昨年のデキが本当に良かったので、ぜひ今年もお願いしたい!」と死ぬほど嬉しいお言葉&お仕事をいただきました。

応接室で泣くかと思いました。

新しくお仕事をいただくときはほんっと〜〜〜に嬉しいのですが、それにも増して嬉しいのは作品を気に入ってくださり、2度目のご依頼をいただくときです。
3度目、4度目…となるともう、胸打ちふるえます(いや、ほんとに)

弊社の姿勢を気に入ってくださり、信頼していただいた皆様へ、絶対に期待を裏切らない作品でお返ししたいと思っています。


企業広報誌、記念誌、パンフレット、自費出版等々、文章に関するお仕事はなんでもご相談ください
素晴らしいライターと敏腕デザイナーと有能エディターが、素敵な一冊を作りますよ〜〜


PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2012年07月24日

イッセー尾形さん一人芝居、お見逃しなく!

九州王国の創刊時、まだ海のものとも山のものともわからない私たちの新雑誌に、巻頭連載を快く引き受けてくださったのがイッセー尾形さんでした。

あの紳士然とした品の良さと風刺の効いたウィット、そして抜群の演技力と独特の雰囲気。

まさに私たち九州王国編集部が求めていた読者層に、これほど合致した人選はないと編集部一同で大喜びしました。

その後、ご縁が始まり、イッセーさんの所属事務所の方々や社長さんなど、とても素敵な皆さんとも出会えました。
この世の中にまだこんなに純粋な人たちがいたのかと思えるほど、余計なものを一切纏わない潔い人たち。
「イッセー尾形・ら」という会社名からもそのセンスの良さがうかがえます。

チケットは予約だけして当日会場で現金払い、というものすごい性善説に基づいたシステムにも驚きました。
基本的に、お客様も側も、素敵な人たちが集まっているのでしょう。

そんな、出会えたことを感謝したい皆さんから、少し残念なお知らせが届きました。

今年還暦を迎えたイッセーさん、しばらくは舞台を休眠されるそうです。

40年この世界を走ってきて、前人未到の全く新しい、オリジナリティあふれる舞台を創りだしてきたイッセーさん。
この「芸術作品」とも呼べる舞台を、私たち九州人が休眠前に観れるのはあと2回だけです。

今週末の28−29に北九州芸術劇場で、そして8月3−4−5でIMSホールで一人芝居があります。

次はいつ観られるかわからないそうなので、これまでチャンスがなかった方、ぜひお見逃しなく

PermalinkComments(0)TrackBack(0)九州王国 

2012年07月23日

老舗の名菓から新しい味わいが!

月刊はかたも大〜〜変お世話になっている名菓「博多の女」。

ロングセラーの人気ものだとは思っていましたが、まさか発売から40年を迎えるとは。
まさかまさか、私より年上だったとは!!

本当に、ロ〜〜〜ングセラーなんですね。
親子三代にわたって愛されているというのも、納得です。

この、「博多の女40周年」を記念して、8月1日より期間限定の夏の味わいが登場します。

__


「博多の女 ハチミツレモン味」!!!

なかなか衝撃的でしょ?
あの白あんがハツミツレモン味になる日がくるなんて!


ちなみにいつもの博多人形パッケージも装いを変え、金髪の着物美女から、ノースリーブのかわいい女の子に変わっています。
「アジカン」のCDジャケットや、「謎解きはディナーのあとで」の表紙イラストを描いた人気イラストレーター中村佑介さんの作品だそうです。

夏休みに入って、福岡を訪れる旅行者の方や帰省客の方も増えることでしょう。
今年は「誰もが知っているあのお菓子」の、「まだ誰も知らない味」をお土産にしてみてはいかがでしょうか?

PermalinkComments(0)TrackBack(0)福博おすすめ情報 

2012年07月20日

読者はがきの謎

うちの編集部は、一般的会社から考えると信じられないくらい私語の多い職場だと思います。
普段から、お客さんのことから時事ネタ、趣味嗜好、プライベートの話まで、ま〜ぁよく喋る会社なので、スタッフ間に秘密なし。
スタッフの好きな食べ物からお父さんの仕事まで、なんでも知ってます(笑)。

東京あたりの、淡泊な人間関係を好むビジネスマンたちからすると、地獄の職場だと思います


で、本日、小事件が起こりました。


月刊はかた&九州王国は、おかげさまで毎月かなりな数の読者はがきをいただいています。

皆さん実に丁寧に、温かい(お叱りも含めて)ご意見をくださるので、当然私はすべてに目を通しているのですが、数が多いため通常お名前や住所等の部分は特には見ていません。

で、一通ずつ読んでいたら、なんだか気になるハガキがあったのです。

「〇〇を仕事としているので、〇〇の記事に興味を持ちました」
「〇〇の連載は毎号興味深いです」
「〇〇特集が今後読みたいです」

といったあたりさわりのない文章を書いてくださっていたのですが、「あれ?なんか私、もしかしてこの人知ってる??」と思い、名前と住所を見て、納得。

なんと、

某スタッフの、


お父様でした!!!!!!(笑)


いつも話聞いてるから、なんとなく趣味嗜好がわかってしまったのですね〜〜。
すごいでしょ。

しかし、娘に内緒で、感想を送ってきてくださるお父様。
ありがとうございます。
娘の職場に対する愛情がビンビン伝わってきます。

該当スタッフに「はい、お父さんから」と渡したら、「ままま、まじっすか!?」と驚愕したあとに、じっくり読んで、

「あれ?お父さん、私の担当ページには悉く『良かった』って感想がない…

としばし呆然としてました。
娘をヒイキしない、ご立派なお心がけです。(…どれが娘の文書がご存じないでしょうけど・笑)。


ちなみに、公正競争規約により、社員の家族は読者プレゼントに当たることはできません…残念ですが、お父様にお伝えください

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2012年07月19日

自発的・先取り土用!

夏になると弊社社長の計らいで毎年うなぎを食べさせてもらっている編集部スタッフ。

今年は本日、来たる27日の「土用の丑の日」を前にして、先取りして土用を楽しませていただきました。

というのも、当日近くはやっぱりお店も超多忙になるのでね。
一般のお客様のために、毎年我々はずれた時期に「土用入り」を果たすのです。

1


今年は、柳川屋さんからいただきました。

昨今、ただでさえ稚魚の不漁で大変な思いをされている鰻店の皆さんですが、ここにきてワシントン条約なんていうとんでもない話まで…今年は特に鰻店の皆様からご苦労話を聞くことが多かったので、なんとかご協力したいと編集部一同思っています。

__


上の写真はがっつりせいろ蒸しを選んだヤナッチのもの、そしてこちらは我々レディース(…暴走族っぽい・笑)が選んだ、博多櫃まぶし。

柳川屋さんの櫃まぶしには博多らしく明太子なんかが入っていて、とっても美味しいのです。
うなぎと明太子、意外にベストマッチなんですよ

日本の食文化が受け継がれていくよう、超微力ながら紙とペンのチカラでお役に立ちたいです。
夏に食べるうなぎはやっぱり最高!
社長、ごちそうさまでした〜〜〜〜



PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2012年07月17日

ラヂオの時間です!

耳よりラジオ情報をひとつ。

明日AM9:30から、NHK第一ラジオにて、月刊江戸楽が紹介されるそうです〜〜

うちの自慢の美人編集長が登場します。
残念だなぁ〜〜ラジオだから美声しか伝わんないなぁ〜〜

詳細はこちらから→


…と、ここまで記事を書いた時点で、社長から「明日は国会中継のため、ラジオは9月に延期になりました」とメールが(笑)。

すみません、相変わらずの勇み足でした

また9月になったら美人編集長の出演情報をUPしますので、お楽しみに

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2012年07月13日

いよいよ今週末です!

山笠


昨日は追い山ならしで博多の町中が通行止めになっていました。
(書店納品日だったので、配送の方が大変でしたが、博多の街でそんなこと言ってられませんっ!)


さあ、みなさん。

いよいよ明後日、追い山ですよ〜〜〜。

今年は3連休の中日という、観光客の皆さんにも絶好の日和
博多に住む私たちにとってもAM4:59スタートというのは、なかなか平日に行くのは勇気がいりますが、前後お休みだと安心して夜更かし(or 早起き)できますよね。

ということで、7月15日AM4:59!
博多の夏が始まります〜〜〜


もちろん、月刊はかた7月号で予習をしてから、行ってくださいね

PermalinkComments(0)TrackBack(0)福博おすすめ情報