2011年12月

2011年12月08日

博多駅イルミネーション

DSC00232



DSC00231


福博近辺のイルミネーションといえば、去年まではダントツで警固公園でしたが、今年は新たにイルミスポットが増えました

博多駅の100万球のLEDイルミネーション。
それはそれはキレイです

本家(?)の警固公園には、今年はスケートリンクがオープンしてロックフェラーセンターみたいになってますよ〜〜

この時期に福岡を訪れる方に、上記二か所はおすすめです。
東京や神戸のような混雑もなく、のんびり楽しめますよ

2011年12月06日

おやじギャグ?

「寒くなってきましたが、今冬は最高気温が10度を切るまで暖房をつけないように頑張ってみます〜」

というメッセージが、東京・江戸楽チームのデザイナー・ハギーから、サオリンへのメールに含まれていました。


サオリン 「すごいですね〜10度切るって相当寒いですよね」

ミカ    「九州じゃ、考えられないですねぇ」

私     「やっぱり節電意識も違うんじゃないの?」

ヤナッチ 「いわゆる、ジュード・ロウですね」



・・・・・・5秒ののち、大爆笑した私を見て、ミカもサオリンも「ウエダさん、ハードル低すぎ…」とニヒルな失笑をしていました。


この人の、スペクターレベルのダジャレ、本当に天才的だと思うんですけど。

一応、わからなかった方のためにボケ殺しの説明をしておくと、「10度 low(=10度以下)」とイギリス人俳優「ジュード・ロウ」とをかけたレベルの高い(私にとっては)ダジャレです。


2011年12月05日

再読・大地の子

DSC00227


たしか学生時代に、NHKでドラマとなり、家族でそろって観た記憶があります。
その時に面白いなぁ〜〜と思い、ドラマのあとに一気に原作を読んだのですが、それから10数年を経て、今一度再読してみました。

ふむ・・・やっぱり、面白い。

山崎豊子さんについては賛否ありますが、純粋に娯楽として読むには本当に面白い作家さんだと思います。
「沈まぬ太陽」は個人的に「うーん…」と思う映像化でしたが、「白い巨塔」やこの「大地の子」などは、映像化もうまくされていますよね。
ドラマになりやすい展開なのかもしれません。

とにかく主人公の陸一心が、財前先生よりも恩地さんよりも、ずっとずっと惹かれる人物像として描かれているのが救いどころのような気がします。
陸一心と妻の月梅の心の清らかさが、辛い現実を和らげてくれます。


何度読んでもずっしりと心に残る作品を読むこと、それが「読書」だと思います。
古典とか純文学とか、何も難しい本を読まなくてもいい。
心に何か残す作品を読みましょうよ。簡単に読めるものばかりじゃなくてねー。

・・・と、毎日のようにかかってくる大学生の就職希望者の皆様に、老婆心ながら申し上げたいです
(最近大学4年生の問い合わせが急増中です)


弊社を希望してくださる学生さんたちにお伝えできるのは、SPI対策とか(全く!)いらないから、一冊でも多くの良書を読んでおいてくださいね!ということ。
てっとり早く大人になるには、良書を読むのが一番です。

ちなみに編集部では現在、漱石とカズオイシグロブームです。
みんなの机をぐるぐる回ってます〜


2011年12月02日

恒例・博多の女の集い&びっくりゲスト!

BlogPaint


昨日は恒例の「博多の女の集い」でした。
恒例すぎるので説明は割愛。
どんな会かご興味ある方は、過去エントリーをどうぞ。(←乱暴??)


軽〜く、会の様子をご紹介しておくと、3年ぶりくらいにお会いした女性社長の第一声。

「あら、ウエダさん久しぶり〜〜〜太ったわねっ!」

・・・というくらい、歯に衣着せぬ会です

ついでに、この3年の間の私の体重は「2キロ増→3キロ減→4キロ増→2キロ減…」といったような、オリンパス株並みの乱高下を繰り返しておりますので、この方と前回会ったときより太ってるのか痩せてるのか、もやは自分でも把握しきれておりません。
しかし時候の挨拶より先に言われたくらいなので、めちゃくちゃ太ったんでしょう…ね…


いつも通り、女性ばかりの会なのですが、昨日はサプライズゲストが来られました。

DSC00256


ジャーン、この方!



・・・・・・って、ん???

と、思ったのは30代以下の方でしょう。
会場にいた私を含めた3人の30代は、全員ぽかーんとしていました。

対して、先輩方はみなさん「キャーーー」という大拍手!!

この方、昭和の大スター・菅原洋一さんです。

なんと、御年78歳で、今も現役で歌われていらっしゃるそうです。
すごい〜〜〜
今回もゲイツでのコンサートのため、来福されていた模様。

少しアカペラで歌ってくださったお声は美しく、艶やかでした。

「博多の女」の皆様も然り、最近ますます思うのは、自分より年下世代よりも、確実に年上の皆さんのほうが元気でパワフルですよね。
見習わなければ!


2011年12月01日

月刊はかた12月号発売です!

111130_1024~01


あっという間に今年も最後の号となりました。

月刊はかた12月号の特集は「元気の種、見つけた」。
毎月人気連載しているシリーズの、特集号です。

西洋予防医学、東洋医学、眼科、歯科といったそれぞれ各分野のプロに、「元気の種」を教えていただきました。
身体を酷使するこの時期こそ、自己メンテに励みたいですよね。

ということで、編集部の自戒を込めた「身体と心に余裕をもって、元気に年末年始を迎えましょう」という特集号です。

師走に入った途端、急激に寒くなりましたが、みなさん、月刊はかたと生姜ともつ鍋とラーメンと熱燗で身体を温めて、元気に寒さを乗り越えましょうね〜〜