2011年01月

2011年01月31日

ヒュ〜ルリ〜ヒュ〜ルリ〜ララ♪

110130_1052~01

こちら、私お得意の紋別かと思われるかもしれませんが、列記とした九州です。
今朝の我が家の近くの公園です。
福岡の人にさえも驚かれそうですが、天神からわずか数キロ先にはこんな景色が広がっていたのですよ。
越冬つばめならぬ、越冬編集者。
2月3月はいかにこの極寒を乗り切るか、というのが至上命題になりそうです。




110131_1307~01

で、そんな寒い冬にぴったりの月刊はかた2月号が発売されました

こたつでゆっくり読むには最適の大きさです。(手のひらサイズ

今月は、何度も(しつこく)予告したとおり、「大人の遠足、蔵開きに出かけよう!」という特集になっています。

そして、通常のプレゼントページとは別に、なんと日本酒のプレゼントが、どどーんと46名様に!!

これは大盤振る舞いです〜〜ぜひ皆様、ふるってご応募くださいませ



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月28日

コンラン編集部

コンランショップみたいなタイトルつけてしまいましたが、新年明けてから今日までが1ヶ月というのが信じられないくらい、いろんなことがありました。

新しい仕事もたくさん。

今年2011年は、うちのスーパーデザイナー・サリーが忙死しそうなくらい新規の仕事がたくさんです。
本人にはまだうすらぼんやりとしか伝えていませんが。
「厄年なのでしょうがない…」と諦めていただけると幸い。(←鬼)


で、限りあるマンパワーで限りない仕事をしようとしている編集部は相変わらずの busy as a bee(蜂のようにとにかく忙しい=受験生の皆様へ、ワンフレーズ英語表現です)でして。

今日も「今、作ってるのって、3月15日発行だっけ?」「2月です」「はかた2月号ってまだ書店残ってる?」「来週発売です…」てな具合の、混乱っぷり。



今年は特に、スケジュール管理の徹底を一年の目標にしようと思います
蜂のように一生懸命働こう〜〜〜そしていい蜂蜜(=作品)を作ろう〜〜〜

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月27日

珍しくダイエット話。

今年のお正月は、全国平均1.7キロ、皆さん太ったそうです。

このニュース見て驚愕しました。

なんでって、まさに私が1.7キロ太ったからです。
どんだけ平均的なんだ、私の身体。
そして会社ブログで個人情報バラしすぎでしょう、私。



たった10日かそこらでなぜそんなに太ったかというと、福岡は記録的に寒いお正月だったからでして。
雪も多かったので、お正月中ほとんど外にでませんでした。

090922_1311~0001と、いうのは表向きの理由で、実際はこんな食生活をしていたからです。
←一家が揃うと必ず食べに行く、某店の「ベイビーバックリブクォーターラウンド」。
日本語に訳すと、「子牛の背中 四分の一まるごと食べちゃうよ」。

ということで、こんな思春期世代が全くいない一家とは思えないものを食べたりしていたのです。
納得の1.7キロ増。


いくらなんでも危機感を覚えまして、このお正月明けの3週間はにわかダイエットをしておりました。
朝食で生姜紅茶とか、ランチで300キロカロリー以下とかを続けた結果、無事二週間で元に戻りました


これで心置きなく、新酒シーズンを迎えられます
何が言いたいって、これを高らかに皆さんに宣言したかったわけです。
「お酒はお米だよ」とか有難くない忠告をしてくれる友人たちに、「もうダイエットを気にせず飲んでいいの!」と宣言したかったわけです。

新酒で太ったらまた生姜紅茶に戻ろう〜〜皆さんも2月はワインと焼酎をちょっと横に置いて、日本酒をどうぞご堪能ください

PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年01月26日

またまた新刊が出ます!

110126_1347~01


本日、2月発刊予定の新刊本の見本が届きました。

「北九州 すてきな雑貨屋さん」

あの、大ベストセラー 「ハリーポッ・・」 「福岡 すてきな雑貨屋さん」に続く、第二弾です。

今回もいい仕上がりです

書店に並ぶのはあと二週間ほどかかりますが、北九州の方&雑貨好きの方、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ



ちなみに、この「出来立ての本の香り」が大好きです。

ページをめくった瞬間にのぼる、ホヤホヤフレッシュな本の香り。

これはやっぱり電子書籍では味わえない喜び、かな?


出張などの時は複数重い本を持っていかずに済むのでとっても便利な電子書籍ですが、まだまだ一本化は遠いと個人的には思います。

少なくとも私たちは、紙媒体の持つ本来の価値を、見失わずに(でも取り残されないように)、進んでいける出版社でありたいです。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)新刊出版情報 

2011年01月25日

誌面大感謝祭、開催予定です!

080305_2216~0001さあ、この時期がやってきますよ!


←といって、この画像みてピンと来る人は「嗜みのある大人(=粗相の経験がある大人??)」だと思いますが、月刊はかた2月号はばっちりこの特集です。

今月号、すっごいことになってしまいました。

なぜか2月というノーイベントマンスなのに、大感謝祭みたいになってます

私たちから皆様への大プレゼント企画!

もちろん差し上げるのはチョコレートなんていう少女からのプレゼントではなく、大人ですからアレです


発売まであと1週間、楽しみにお待ちください。

毎年すごいですが、今年は特に度肝を抜くレベルですよ〜〜

なんなら、遠方の方は今から月刊はかた2月号だけでも注文しちゃっても損はさせませんよ!
(定期購読してくれてももちろん損はさせませんけど



PermalinkComments(0)TrackBack(0)月刊はかた 

2011年01月24日

いなり菓子??

110120_1921~01


博多の老舗・音羽鮨さんの新製品「黒糖 いなり菓子」。

なんとも衝撃的な名前です。

「黒糖で・・・いなりで・・・菓子??」

と思ったのですが、本当にそのまんま、黒糖でいなりで菓子でした。

というか、「菓子」ではないかも。
後口に黒糖の風味が残る、甘くてジューシーなお稲荷さんでした。
さすが音羽鮨さん、衝撃的にも関わらず、とってもおいしいです


ちなみに社長が二箱買ってきてくれたのですが、「じゃあ僕も一個もらおうか」と言ったときには既に時遅し。

スタッフ、完食しておりました・・・あわ、あわわわ。すみません。

で、翌日もう一箱お買い上げ。
すみません、食い意地が異常に発達した社員で。

たとえ社長が買ってきたものでも、目を離した隙に完食されるという、相当ハングリーな職場です。

そういえば、あれほどあった「スカイツリーラングドシャ」も2日を経た今、影も形もありません。

早いな〜〜みんな

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2011年01月20日

東京土産

110120_1319~01まさにスカイツリーのように、どこまでもどこまでも続きそうなくらい大迫力の、ラングドシャ!


弊社社長が2箱買ってきてくれました。

一人あたり何枚か換算すると・・・ラングドシャ食べ放題祭ができそうです

この御菓子大好きなので嬉しいです〜〜〜ありがとうございました

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月19日

ジャニーズのアイドルといえば…

月刊はかた締め切りウィークです。

次号は、毎年恒例の日本酒特集!
「大人の遠足、蔵開きに出かけよう」という蔵開き徹底解剖特集を現在鋭意制作中です。


その中の一つに、昨年のNHK紅白歌合戦で嵐の大野くんが訪問した酒蔵が登場。
(どこの蔵か知りたい人は、月刊はかた2月号をご覧ください

嵐のファンというと、まだ未成年の人も多いでしょうに、ものすごーく問合せがきているそうです。
さすがですね~~。


ちなみにジャニーズに熱狂するとなると、おおよそ小中学校時代が多いので(もちろんその限りではないですけどね!老若男女に人気ですので)、だいたい当時人気だったグループを聞くと年齢がわかりますよね。

30代の私は小5で光GENJIが大フィーバーしてました。
私よりちょい上のサオリンとミヨッシーはシブガキ隊だそうです。
私よりちょい下のミカはキンキキッズ。
(こうやって並べてみるとジャニーさんの命名センスってすごいですね・・・)



そして私より4歳上の男子・ヤナッチは・・・


「当然、TOKIOだよ!長瀬だよーっ!!」


と、熱弁してました。
熱過ぎて、ヒキました。

たまに、好きなアイドルから年齢を判定できない人もいるんですね


とにもかくにも、月刊はかた2月号、もうすぐ校了!
特集はジャニーズ・・・ではなくて、お酒 ですのでお楽しみに!

PermalinkComments(0)TrackBack(0)月刊はかた | 編集部の日常

2011年01月18日

ご来客!

編集部には毎日いろんな方が来られます。

昨日は遠く岡山から、老若男女おなじみのこの方々が。




DSCF0020


お腰につけたきびだんごを持ってきてくださいました。
お供の犬・雉・猿がなんだか萌え系なのはご時世でしょうか。


全国行脚をしていらっしゃるそうです。

2月3日あたり、大活躍してくれそうですね〜〜

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月14日

風邪のときの新製品!

毎年編集部で1番に風邪をひく人は決まっています。

毎年、ま〜〜いとし、ヤナッチ。

そしてそこから一人、また一人…と連鎖の輪がつながっていくのです。

今年も最初のヤナッチがついに感染しました。

あな恐ろしや・・・編集部撃沈を免れるために、加湿器をつけたり必死で防御中です。

もちろん感染者はマスク着用徹底で


で、普通サイズのマスクでは小さすぎるということでLサイズのマスクを付けていたのですが、それでも小さくて耳の裏が痛くなる、と訴える病人。


ここで病人は新たなヒット商品を思いつきました。


110114_1751~01通称:マスクの耳カバー。

これがあると小さめマスクをしていても耳の裏が痛くならないそうで。


特許を狙うそうです。
その前に私が世界発信してしまいましたが。



とりあえず発明考える前に早く治してね〜〜〜

PermalinkComments(0)TrackBack(0)