2009年10月

2009年10月28日

女性パワー

今日、東京から来られていたIT企業の担当者さん(女性)と話していたら、「昨日のTVでしじみが美容にいいって言ってたんで、慌てて今朝携帯でしじみ取り寄せました〜」といわれていました。

携帯でしじみを買う時代なんですね。
しかもしじみ、売り切れて入荷待ちだそうです。

しじみが入荷待ち…。
なんだかいろんなことが私とは別世界で起こっているようです
「シジミがないならアサリをお食べ」というマリーアントワネット的発想は、許されないのでしょうか?

美を追求する女性のパワー、留まるところを知りません。。。



ちなみに今日はこれから、恒例の「博多の女の集い」に行ってきます。
プロのアナウンサーさんとかがいるなかで司会をする、という生き恥をさらしてきます。(←言いすぎ?ビビリすぎ??)

大迫力&大活躍の女性社長の皆さんの、パワーをいただいてきま〜す。










PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2009年10月27日

超取材裏話。

今日は完全なる北海道取材裏話を。(長文です)




今回は同行していただいた旅のコーディネーターである某社部長が、外せない用事があるということで1日早い便で帰られました。(中標津〜羽田は14時出発の1日1便のみ)

見渡す限り森、というところに泊まっていたので、当然車がないと全く何もできないのですが、そこは部長がしっかりと手配をしてくれており、現地で取材するイベントの主催者の方に私の移動を頼んで行ってくださいました。

部長が飛び立つのを見送って、私は主催者のおじさまの車でイベント会場へ。
夕方までなんやかんやとお手伝いをして、21時に無事イベント取材を終わらせて、さあ森に帰ろう…


と思ったら、主催者さまご一行が既に飲んでました…ええぇ!車!!
(災難その 

森のペンションに連泊していたのですが、その日は門限22時と朝聞いていたので、急いでタクシーを手配してもらい、30分近くかけて門限に滑り込みセーフ。

「昨日も就寝遅かったし、今日は早く寝ようかな」とすぐお風呂に入ろうと思ったら、ペンションに一つだけある共同風呂に鍵がかかってました。
「あ、誰か入ってるのね〜」と待つことに。


待つこと、1時間。
全く出てくる気配がありません。

さすがに不審に感じて、オーナーを呼び出して「お風呂…」といいかけたら、


お風呂は、22時までです」と衝撃的な一言が。(災難その◆

えーーーーっ!昨日、23時でも24時でも入れたじゃん!!と思ったら、「昨日は某部長がいらっしゃったので特別にです」と、想いも寄らぬ権力発言。


ここから、部長の権威のすごさと、私の権威のなさっぷりをまざまざと見せつけれるのです。


部長は「ウエダさんいつも忙しいから、1日くらい朝寝坊して、朝はペンションでゆっくり本を読んだりして、14時のフライトまで過ごしてくださいね〜」ととても素敵なことを言ってくださっていました。

ので、久しぶりに…と持ってきていた小説を夜半まで読み、朝寝坊しようと思ってたら8時にペンションオーナーに起こされました。(災難その)

朝ごはん、食べてください」。

猛スピードで起きて、顔だけ洗って、駆け込みで朝食を。
なに?なんでこんなに早いわけ??と思ったら、

「昨日9時に朝食をお出ししたのは、部長がいらっしゃったから特別です

と予想通りの権力発言。そうですか…それならそうと前日教えていただければ…。
そして食べ終わったころにさらに追撃。

では身支度が済んだら、空港までお送りするので教えてください」。


え?ええ??えええ!?
身支度を終えても9時、フライトは14時。
…5時間も、ロビーすらない空港で過ごすのですか、私

歯磨きをしているそばから、私の使用タオルなどを回収するオーナー夫妻…あの〜まだ9時にもなってないんですけど〜〜あまりにも“邪魔者扱い”が激しくないですか〜〜。(災難そのぁ



結局、前日イベントで知り合ったおじさま方が(なぜか)そのあとすぐ迎えにきてくれて、(なぜか)観光にも連れて行ってくれ、「空港で5時間待ち」という最後の災難は逃れることができました。
人間万事塞翁が馬です。…いや、災いばっか?


それにしても、部長がいるときといないときでこんなに待遇って違うもんなんですね。

頑張って出世しよう!!!と思いました(笑。嘘です)


PermalinkComments(2)TrackBack(0)取材裏話 | 取材旅行レポート

2009年10月26日

恒例!道東リポート2009

毎年恒例の、紋別〜中標津の取材旅行に行ってきました。
たぶん私、最もオホーツク紋別空港を利用している福岡県民ではないかと思われます。
「君は月刊もんべつ編集者かっ!」と突っ込まれるくらい訪れている気がします。
そろそろ第3の故郷になりそうです。
何度通っても、全く寒さには慣れませんが。



ここ数年、紋別に行くといつも死にそうな目に遭っているわけですが、今年も例外ではありませんでした。(3年前一昨年昨年の様子はこちらから)


DSCF3434実は今回の取材は、逸品ハンターらしく紋別&中標津のこだわりの農家さんにスポットをあて、そこで作られている素晴らしい農産物を「月刊江戸楽」誌面で通販しちゃいましょう!というのが第一目的でした。

ですので、訪れたのは全て酪農家さんや農家さんばかり。






DSCF3526寒風吹き荒れる畑で土まみれになりながら取材をしたり、牛とたわむれたり。

畑から次の取材場所の牧場まで300キロあったりして、「北海道…でっかいね…」と言葉を失ったりもしました。

でも搾りたての牛乳はめちゃくちゃおいしいし、生でかじったブロッコリーも甘いし、と取材自体はとっても好調
今回は死ぬ目には遭わないんじゃ…と思ったのが甘かったです。




せっかく来たんだからついでに、来夏のモニターツアーの撮影までしちゃいましょう!という話になりまして。

北海道の大自然で来夏予定しているモニターツアーのアクティビティは、


「初心者でも楽しめる!北海道の川と遊ぼう、フライフィッシング!」

です。


昔から一度フライフィッシングというのはしてみたかったので、念願叶ったりなんですけど、願わくば来年の5月くらいに叶えたかったです。

DSCF3414



・・・・さむいっ!!!!!

たぶん水温、氷点下です。

最終的には水の中に腰くらいまで浸かったのですが、防水着は着てるものの温度までは防いでくれませんで。

前の日、喜んで深夜までかかってフライを作ったりしてワクワクしてたのに、水に入るとものの10分でギブアップしました。
「私、撮影に回りますので…」と仕事をしているフリをして避難。


これ、間違いなく、初夏〜夏に向けてだとものすご〜〜く素敵な時間が過ごせると思います。
川に入ってるだけで楽しくなりますよ〜〜景色もキレイだし。

ただ、この時期だと太宰治チックになると思います。
当然、周りには誰一人釣り客はいませんでした。


この模様は来年の「月刊江戸楽」5月号でお届けします。
とりあえず新年の1月号から、絶品牛乳や極上じゃがいもの誌面通販が始まりますので、こちらもお楽しみに。

デパートや大手通販では絶対に手に入らない、めちゃめちゃ稀少な逸品ぞろいですよ


PermalinkComments(0)TrackBack(0)取材旅行レポート 

2009年10月21日

★星に願いを★

秋空見事なまでの秋空が広がっていますが、皆さん、今日見るべき空はこれではありません。

今晩の、南の空です

50個以上の流れ星が確認できるオリオン座流星群が見えるそうですよ〜〜たくさんお願いごとしちゃいましょうね〜〜。



「朝起きたら原稿が仕上がってますように!!!」

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月20日

東西おやついろいろ。

3年ほど前に「九州VS東京 逸品対決!」という本を出しましたが、ちょびっとあやかって今日はここ最近のおやつを地域ごとにご紹介しましょう。

おやつまずは東京代表

←ガトーフェスタハラダのラスクです。

すっごい話題になっていたころに東京出張があったので「絶対買って帰ろう!」と思っていたところ、全く“お土産買い”の時間がなくてあきらめていたこちら。

なんと、福岡三越で発見しました。

素晴らしい。地方にいても、2ヶ月待てば大抵のものは手に入ります。

話題になっただけあって、さすが、今まで食べたどのラスクよりも美味しかったです。
プレーンもいいけど、ホワイトチョコがけ、さらにうまい!(カロリーもたぶん高い!)



おやつ2お次、広島代表

←日本酒ゼリー詰め合わせ。

広島の西条という土地は西日本でも有数の酒蔵どころですが、そちらのいろんな蔵の味をそのままゼリーにしたという商品です。

アルコール分もしっかり1.6%も残ったまま。
大人のデザートですね。

味わいもほのかな甘さでおいしかったです。


そしてさいごは、我らが九州のスイーツ代表選手!!


おやつ3種子島の安納芋ですっ!!

…って、あれ?

反応悪い?

地味すぎる??




いや、これ、ほんっと〜〜においしいんですよ



焼き芋本来のホクホク感はないんですが、クリームのようにトロリとした粘性があるんです。
そのまんまでまるでスイートポテトのよう!

これが九州力ですね〜〜見た目地味でも、実力がすごい

いつかこのお芋、ブームになると思います。

今日は編集部のおやつにこちらをいただきました。
カロリーも低くて、健康的で、二重丸です♪


PermalinkComments(2)TrackBack(0)編集部の日常 

2009年10月19日

原稿格闘中。

ここ最近、ちょっと尋常じゃない量の原稿と闘っています。

なぜなら、年明けに出る単行本の原稿を、まるまる一冊全て一人で受け持っているため。

しかも日程的に考えて、今月中に9割終わらせておかないとやばいことになります。

しかもしかも今月後半は異常に“その他のスケジュール”が詰まっていて、原稿書いてる時間がなさそうな予感。

しかもしかもしかも、フリーのライターさんと違って、当然私には月刊誌の仕事も校正も取材も会議も接客も編集長のつまんないギャグへの突っ込みも課せられているわけで。

原稿を書くのが大好きな私ですが、さすがに今月の量にはめげてしまいそうです…




って、記念すべき1005投稿目のブログで愚痴っても仕方ないので(記念すべき1000回目を鮮やかにスルーしました…)、大人しくフェルビナクと目薬で今月を乗り切るしかないですね。
ちなみに今到達しているのは6合目までです・・・遠い・・・





天気快晴で気持ちのいい陽気に恵まれた今日の福岡ですが、編集長が出かけようとしたその一瞬の時間だけ、局地的な雨が降りました。

←まだ太陽が出ているにも関わらず、なぜか一瞬大雨が。
当然彼はズブ濡れです。。。

水不足で困っている地域の皆様、雨乞い儀式をする際にはうちの編集長レンタルしますよ〜。
相当な確率で降らせる自信アリ

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2009年10月16日

新小倉名物発見!

一匹←こちら、今月号の九州王国の73Pに載っている新小倉名物「サヴァビア〜〜ン」です。
あ、「〜〜」の部分は私の華麗な発音が文字化しただけで、実際の商品名はそのまま「ca va bien」です。

どのへんが小倉名物なのかというと、古くからの小倉の家庭料理「じんだ煮」をパイ包みにするという斬新な作品なのです。

じんだ煮そのものは、青魚を漬物用のヌカで長時間煮た、「九州の逸品100選」でもご紹介した有名な郷土料理。
骨まで柔らかくなるし、栄養価が非常に高いので昔から重宝されていたんですよね。
もちろん味もとってもおいしいし。

これを、小倉を代表する高級ホテル「リーガロイヤルホテル小倉」さんがアレンジしました。
鯖のじんだ煮を紫蘇の葉で巻き、帆立のムースとともにパイで包んでいます。


これがまあ、ほんとに・・・うんまいーっ!!!


じんだ煮にしているおかげで青魚特有の匂いが消えており、パイと非常によく合います。
おかずにも、ティータイムにも最適の、一個210円というお手ごろサイズも嬉しい。





じんだ煮パイ箱に並んでる姿もなんだかかわいいし


個人的には、名称を「鯖びあん」とかではなく潔く「ca va bien」にしたことに敬意を表したいです。
絶対、会議の席上では「鯖美安でいこう!」とかいう部長案が出たはず…(知りません、勝手に部長像を想像です)。


小倉を訪れるご予定のある方、リーガロイヤルホテル2Fで購入できます。
出張のお土産にぜひどうぞ。

ちなみに、今月から小倉駅キヨスクでも九州王国販売始まりました!
こちらも合わせて、出張のお土産にぜひどうぞ〜〜

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 | 九州王国

2009年10月15日

焼酎、大プレゼントします!

焼酎プレゼント!本日発売の九州王国11月号を手にした皆さま、絶対に絶対に見逃してはいけないページがあります!!

←こちら、44ページ。

なんと今月は黒瀬杜氏をフィーチャーした第二特集に絡めて、通常のプレゼントページとは別に、特別に、焼酎のみのプレゼントページがあります

しかも、総プレゼント本数51本という、大太っ腹企画。


しかもしかも、いつものプレゼントページとは違う場所にあるため、(おそらく)懸賞マニアさんたちには見つけられにくく、相当当たる可能性は高いです。

今、九州王国を手にしている方は絶対応募したほうがいいですよー!
50円(ハガキ)または無料(ネット)で、九州を代表する名焼酎が当たるチャンスです。


もちろんプレゼントページ前の黒瀬杜氏の激動の歴史もとっても面白いので、じっくり読んでくださいね





PermalinkComments(2)TrackBack(0)九州王国 

2009年10月14日

九州王国11月号発売です!

九州王国11月号できました!お待たせしました!

九州王国11月号、明日発売です

←大特集は「九州を、竜馬がゆく!」。

タイトルは大先生をオマージュしてみました。
なのでタイトル部分だけ、「龍馬」ではなく「竜馬」。
本文は全て「龍馬」表記です。
(そんな細かいことどうでもいいって?)


語弊を恐れず思い切って言ってしまうと、龍馬33年の人生の中で、彼が最も輝いていたのは九州ではないでしょうか。

太宰府、島原、五島、熊本、そして長崎&鹿児島。

その、九州での彼の活躍だけにスポットをあてた、どっぷり「九州ラブ」な私たちが作った特集です。

高知も京都も江戸も無視。
九州だけ、です(笑)。


全国的にもファンの多い龍馬ですが、ここ九州にもコアなファンはたくさんいらっしゃるので、そういう人たちにもスポットを当てたり。
「龍馬コーヒー」とか「龍馬ぶーつ」とか、あやかりグッズ(?)もご紹介したり。

とにかく「龍馬と九州」が盛りだくさんです。


クランクイン日とうちの締め切り日が一緒だったので、福山さんの画像が間に合わなかったのだけが非常に無念ですが、これを読むときっと来年のNHK大河も楽しみになりますよ〜〜

お求めは、お近くの書店又は編集部まで!
ぜひ11Pの「龍馬MAP」を持って、長崎散策に出かけてみてくださいね

PermalinkComments(0)TrackBack(0)九州王国 | 新刊出版情報

2009年10月13日

イチオシのフレンチ店!

10月の、貴重な貴重なお休みだった先週末。
(ほかの週末、ほぼ仕事で丸潰れです…

大学の友人と一泊旅行に行ったり、アラサー女子会を開いたりと、「同年代女子」とガッツリ楽しんできました。

ほんとにこの時間こそが、栄養です。
これで11月までの怒涛の日々を乗り切れる〜〜


トロンペその中の1イベント、「30代未婚女子会」は私以外オール女子アナというアウェーの中、今回も楽しんできました。

←お店選びを任された私は、迷わず月刊はかた加盟店である平尾の「トロンペ」さんをチョイス。

絶対、喜んでもらえる自信があります!!


料理このお店との出会いはもう5年以上も前になりますが、当時から今日まで本当にいつも訪れるたびに驚かせてくれます。
料理が常に進化し続けているのです。
←これはその5年前に撮った写真。
(今回は喋りすぎていて撮るのを忘れました…


この5年間におそらく300店以上は取材をしていると思うのですが、常に“人に勧めたい店トップ5”に入り続けている名店です。

今回も舌の肥えた女子アナちゃんたちみんな、ものすごーく喜んでくれました。
「あの内容で、5000円!?」とコースの料金設定にもめちゃんこ驚いておりました。


雰囲気のあるお店なので、大人の方におすすめです。
(決して私たちのように騒いだりしないように
福岡を訪れる皆さま、もつ鍋&ラーメンもいいですがたまには福岡が誇るフレンチもいかがでしょうか?

PermalinkComments(0)TrackBack(0)月刊はかた