2008年12月

2008年12月12日

業務連絡:健康管理を徹底することー!

世の中はインフルエンザやらパンデミックやらに大騒ぎですが、編集部は年末進行に大騒ぎ中です。
この時期は、一人が欠けるだけでも大パニック。
全員に、体調管理だけは徹底してもらっています。

そしてちょっとでも怪しいときにはマスク強要。
万が一自分がくたばっても、他人には絶対迷惑をかけるな、という当然の社会人ルールです。
編集長からミカリンにうつり、ミカからぐっさんにうつり…「月刊はかた編集部、全滅です」という事態だけは避けねばいけないのが、この時期です。

当然、全員にも、「栄養あるものを食べ、夜更かしせず、用がなければ早寝!」という小学生のような自己管理マニュアルを徹底させています。

その状況の中で、本日、編集長が食べていたランチ。



メガ!…「ハイカロリーロー栄養」の見本ともいえそうな、この、アメリカンミール。

これは、「年末進行」という短期的健康管理にも不適切だし、「成人病」という中長期的健康管理にも非常に不適切かと思われます。

早く、悔い改められることを望みます。
せめて肉(パテ)は一枚に。
長生きしてください。



PermalinkComments(0)TrackBack(0) 編集部の日常 

2008年12月10日

コラーゲンは体内から!

コラーーゲン!昨日は「逸品対決!」でお世話になったお店の直営店へ、ご無沙汰を兼ねて行ってきました。
「逸品対決!」では、サムゲタンのお取り寄せをご紹介したのですが、昨日いただいたのは「モツ鍋、コラーゲン入り」。
←コラーゲン入り

手前の煮コゴリみたいなのが、コラーゲンの塊です。
なぜか私が殆どをいただきました。
「コラーゲン入りもつ鍋」というより「もつ入りコラーゲン」と言った方が適切ではないかと思えるほど、いただきました。
皆様から暗黙の「潤え!」というメッセージを受け取った気がします。



ちなみに今朝、洗顔時にハリを感じました。
まあ!これがコラーゲン効果?


一人ウキウキして出勤したのですが、他人さまには誰一人、気付かれなかったです…
そんなもんです。
化粧品とかコラーゲンって、自己満足ですから。


でも、懲りずに次回はスッポンを画策中。
お肌より先に、お腹がパリンパリンになりそうです。。。


PermalinkComments(0)TrackBack(0) 九州の逸品2 

2008年12月09日

今日のおやつ。

カステラ←…業者かっ
というトシの突っ込みが聞こえてきそうです。

まさかのコンテナトレー満杯カステラは、編集長が取材先でいただいてきました。
本日焼きたての、カステラの、端切れだそうです。
本日中に食べたほうが、いいそうです。

と〜ってもおいしかったのですが、両手で暴れ食いをしても食べ切れそうもないので、それぞれ持って帰ることにしました。
リキュールやフルーツを使って、トライフルなんかにしたら良さそうですよね
…なーんていう良妻コメントをしてみましたが、おそらく私はこのままガシガシ食べるでしょう。。。


それにしても。

何よりこのコンテナトレーを、抱えて帰ってきた編集長に脱帽です。
「さすがに地下鉄乗る勇気はなかったから、タクシーで帰ってきたよ」と。


カステラの切れ端をタクシーで運ぶ男…。


セレブなんだか非セレブなんだか、よくわかりません。
…ま、どう考えてもセレブでないことは明白か。

PermalinkComments(0)TrackBack(0) 編集部の日常 

2008年12月08日

今年もあと3週間…。

12月ももう2週目に突入です。
先週末に九州王国の入稿があったと思ったら、もう今日は別の入稿日。


本日沖縄単行本の入稿、

明日福岡単行本の入稿、

今週末月刊はかたの入稿、

来週末九州王国次号の入稿。


ええぇえ〜〜〜〜っ!!


目ん玉飛び出るかと思う、スケジュールです。
入稿日がたった月一回でテンパっていたあの日が懐かしい…。
月4回大型入稿があるって、たぶん人生初です。

これだけの本を、この人数で作っているということに、皆さん驚かれます。
50人くらいいる編集部だと思ってる方もチラホラ。

うちの編集部は精鋭ぞろいですからね〜〜。

名イラストレーターも
名デザイナーも
名コピーライターも
名おやじギャグクリエイターも
名小説家も
名クリスチャンも
名主婦も
名柔道家も
名ゲーマーも

います。そろってます。

たった十数人で、毎年30冊以上の雑誌&単行本を作っています。
大人数だからっていいものが作れるわけでもないですしね。
大会社だからっていい雑誌ができるわけじゃないもんね。

これからも、この少数精鋭方針で、ガシガシ後世に残る名雑誌を創り続けていきたいと思います!
ちなみに私の精鋭っぷりは、「名ビッグマウス」ということで

PermalinkComments(0)TrackBack(0) 編集部の日常 

2008年12月05日

PCトラブル

なぜか必ず、必ず締め切り日に、ダウンする編集部の画像保存専用MACちゃん。

なんなんでしょう。
寂しがりや?
かまってもらいたがりや?

…本日に限って、本気でかまってる暇はないんですけど。


前回(4年くらい前)は結局復旧せず、締め切り日に再撮影に走り回りました。
今回もそんな地獄絵図が、一瞬脳裏をよぎりました。


しかし、PC通シオパパのおかげで、冷静にトラブルシューティングを行った結果、無事復活。
事なきを得ました。
いつもどおり小心者の私は、平気な顔をしながら内心バックンバックンしておりました。




ちなみにそんな、トラブルシューター・シオパパの現在のデスクトップはこんなかんじ。

いっぱい〜

…次にダウンするのはここではないかと疑われます




自分のPC、ひどいじゃないですかーっ!
ファイリングしなきゃもう、デスクトップいっぱいいっぱいですよーっ!!


と、ミカが申しておりました。



私は本日の感謝でいっぱいですので、そんなこと言えません〜〜。

PermalinkComments(0)TrackBack(0) 編集部の日常 

2008年12月04日

寄せ技術?

弊社のビルに併設している立体駐車場は、出庫するのにえらく時間がかかります。

ですので、急ぎで車をそのまま引き継ぐときは、入庫せずに駐車フロアに置いておくこともしばしば。

もちろん、ビルの共同スペースなので長時間置いていたり、迷惑になることは避けるというのが暗黙のルールです。

私なんて、小心者なので、いつもめぇっっちゃ寄せて止めておくため、ここで「寄せ駐車」の技術を習得したようなものです。
寄せすぎて運転席から出られなかったこともしばしば。(助手席から脱出)



昨日は、ミカリンが車を使った後、私が引き継ぎました。


駐車フロアに行って、びっくり。


BlogPaint

で〜〜〜〜ん!!


…寄せよう、という努力した痕跡すら見えません。
ま、十分に横(右側)を車が通れるスペースはあるのでいいんですけどね。
それにしても、思い切った駐車だなぁ…。


今日も彼女は車で遠出しています。
肝っ玉の太さをどこかで発揮してないよう、祈っています…

PermalinkComments(0)TrackBack(0) 編集部の日常 

2008年12月03日

九州王国テンパリ中。

なんでしょう〜?師走になった途端に始まる、編集部パニック。
とりあえず、デザイナーチームの修羅場を早くも迎えてしまいました。

←こちら、来月号(今作っている号)の撮影素材。

既に編集長は遊び始めています。現実逃避と思われます。



ちなみに特集に絡めて、編集部内で、健康のためにも部活を始めようー!と本気で盛り上がっていたのですが、活動時間がなさそうです。

というか、全員希望部が違うので一人部活動になりそうです。


私は、ゴルフ部。
シオパパは、マラソン部。
ハマーは、柔道部。
サオリンは、キャンプ部。

編集長は、・・・Wii部。(←どうぞお一人で…)

ぐっさんやミカリン、ミヨッシー、サリーらの希望を聞かないとわかりませんが、たぶんうちの編集部が一つの部でまとまることはなさそうです。



まとまるとしたら…無礼講飲み部、くらい??

PermalinkComments(0)TrackBack(0) 九州王国 

2008年12月02日

チーム・バチスタの挫折。

緊急オペ中です…編集長




緊急オペ
何のオペかって、

サブウェイのサンドからピーマンを抜き取るためのオペ。



…小学生やないか〜〜い

つか、サブウェイなんだから「ピーマン抜きで」って言えばいいじゃん。
そこにはプライドがあるのでしょうか?

微妙なお年頃です。
祝、流行語大賞「アラフォー」になりましたよね、確か先月。

PermalinkComments(0)TrackBack(0) 編集部の日常 

2008年12月01日

小松さん&コロッケショー。

先週の土曜日、宣言どおり小松さんとコロッケ(←なぜか呼び捨て。“コロッケさん”っておかしくないですか?)の「爆笑街道ショー」に行ってきました。

全体的に非常に幅広い年代層で、小森のおばちゃまがわかる私世代から、トシちゃんがわからない小学生世代まで、み〜〜んなが大爆笑してました。
すごいなぁ〜お二人。
芸達者…と素人の私に言われたくないでしょうけど、それ以外の言葉が見つかりません。

たった二人で、あれだけの人数を笑わせることができるって、泣かせるよりずっとずっと難しいと思います。
改めて、「笑い」という芸をしっかりと見せてもらいました。

大福←で、楽屋にはやっぱり「塩豆大福」を持ってご挨拶。
楽屋入りを待つ間、隣にもう一組待ってる人がいるな〜と思ったら、コロッケのお母様とお姉さまでした。
ちなみにお姉さまは「ケロッケ」としてご活躍中だそうです(笑)
楽しい子育てをされたんでしょうね〜お母様。

来春は待ちに待った、小松さんとイッセーさんの二人芝居が福岡であります!
うちの編集部でも超微力ながら、何らかのお手伝いができれば嬉しいなぁ、と考えております

PermalinkComments(0)TrackBack(0) 月刊はかた